2019年10月17日

全力を挙げて

 先日の、事件から13年を迎えたも未解決のままのたつの市新宮町の女児刺傷事件に続き、昨日、加古川市別府町で、小学2年生の女児が刺殺され未解決のまま12年を迎え、遺族や警察が情報提供を求めるビラをJR加古川駅前で配ったと神戸新聞朝刊に載っていました。
兵庫県警の捜査本部は延べ4万1950人の捜査員を投入し、現在も20人態勢で捜査を続けているとのことです。
可愛い女児が自分の子供や孫と思えば精神的にも耐えらることはできないでしょう。
女児や女性ばかりが被害に遭ったこの一連の事件を、昨年の9月29日に当会ブログで私なりに時系列を追いながら取り上げさせていただいていますので、ご参考にしていただきたいと思います。
しかし、未解決事件ですので犯人は新たな犯行を伺っているかも知れません。
昨年、犯人が捕まった津山女児殺傷事件に絡んでたつの市新宮町の女児刺傷事件の件もたつの警察署には情報提供をさせていただいていますが・・・
たつの警察署もこのブログをチェックされていると思いますので、犯人検挙に全力を注いでいただきたいと願っています。
「安全・安心まちづくり」の実現のためにも。
IMG_7350.JPG
(関連ネット記事引用)
鬼畜凶悪犯人の父は、兵庫県警のベテラン刑事

 通常は、成人した犯罪者について親の責任を追求するのは、行き過ぎたこういであるといえる。
 しかしこの犯人については、責任を問うべきと思われる。

 勝田州彦は、女児を狙った犯行を数十件繰り返し行ってきた鬼畜凶悪犯だ。今回の事件が発覚するはるか以前に、べつの一連の犯罪で逮捕、有罪になっている。
 それを伝える、今から九年前の週刊新潮の記事を紹介しよう。今回逮捕の岡山県津山市の殺害事件の解決の目星すらなかった頃の記事である。

-------------
週刊新潮09年12月17日号より

「親の背を見て子は育つ」

 だが、その背に生涯消えることのない十字架を背負わせてしまう親不孝者も少なくはない。
 12月6日、朝8時。兵庫県加古川市平岡町の主婦が朝刊を取りに出ると、家の前に1台の車が停まった。車内には、白い手袋を嵌めたスーツ姿の男が4人。彼らが向かいの家のインターホンを押すと、その家の長男が出てきた。勝田州彦、30歳。

「出てくるなり“ごめんなさい”……。手錠をかけられ、連行されました」(主婦)
 4人は網干署の捜査員であった。勝田は9月19日の午後0時30分頃、自宅から約30キロ離れた姫路市網干区興浜の路上で、6歳の女児を殴った傷害の容疑で逮捕されたのだ。

 その手口は非道のひと言に尽きる。捜査関係者の話。

「勝田は1人で遊んでいた女児に目をつけ、手を引っ張った。驚いた少女はその手を振りほどき、50メートルほど走って逃げたのですが、それを追いかけ、腹部を2回立て続けに殴ったのです」
 被害者は肝臓から出血し、全治6カ月の重傷。現在も通院中である。この後近隣ではわずか1カ月間で同様の事件が連続して3件も発生。計4件の手口がいずれも似通っていたため、同一犯を疑う警察が前科者のデータベースを調べると、

「00年に11歳の女児を殴った容疑で、勝田が明石署に逮捕されていたのです。この時も同じ手口。そこで、勝田と今回の被害女児を街中で引き合わせ、顔を確認させると“このおっちゃんや! 間違いない”と」(同)

 勝田は4件の暴行を全て認めている。

「瑞宝単光章」を受勲
 この地で生まれ育った勝田は、近隣住民によれば、

「お姉さんが1人いて、10歳以上も年が離れているんです。遅くに出来た子供やから、両親は“クニちゃん、クニちゃん”言うて、目に入れても痛くないほどの可愛がりようやった」

 地元中学を卒業後、進学したのは県内の私立男子校。

「水泳の強豪校として知られた学校です。彼は水泳が得意で、スポーツ推薦で入学したんよ」(住民の1人)

 高校卒業後は職を転々とする。パチンコ台の組立工、運送会社の運送員、00年の事件当時は地元ショッピングセンターの現金輸送車を運転していた。

 現在は大手飲料会社に期間社員として勤務しており、同僚によれば、「無遅刻無欠勤で、トラブルは一切なかった」という。

 9年間大人しく暮らし続けた勝田を、近隣住民は「更生した」と思っていた。なぜならば、
「前の事件の後、お父さんが“私がきちんと監督しますから”と近所に詫びて回った。あの立派な人の言うことに間違いはないと思うやろ」(近隣住民)

 立派な人――。それもそのはず。父親は元・兵庫県警の警察官なのである。

「ノンキャリで兵庫県警に入り、定年まで立派に勤め上げたんです。捜査一課の刑事やったはずやけど。定年時の階級は警部」(同)

 現役時代は、勝田家の前は夜回りの記者がズラリと並んでいたそうだ。

 昨年末、この父親には更に箔が付いた。「瑞宝単光章」を受勲したのだ。危険業務従事者叙勲で、警察官など危険性の高い業務に従事した者に贈られる。

「天皇陛下から贈られた勲章と、皇居での写真を見せてもらいました」(同)

 父は警察官としての心得の1つ、柔道を息子に幼い頃から教えており、結果、勝田の両腕は一升瓶のように太かったそうだ。.

 この男は親の何を見てきたのだろうか。
-----------------------------------------------------

2000年に初めて逮捕された時、父親が「私がきちんと監督しますから」と明言したという。にもかかわらず、勝田州彦は、犯行を繰り返してきた。有能な刑事であった父親が、同居して監督下におきながら、その様子にきづかなかったといっても、下手な言い訳と思われるだけだ。

犯人の「犯行否認」は悪徳人権派弁護士の入れ知恵によるとこもおおきいのだろうが、秘境極まりのない言動だ。
これにつき、受勲の有能刑事である父親の意見を聞きたいものだ。


---リンク元記事:2018年06月08日 11:42 毎日新聞
岡山小3殺害 容疑者が行為否認
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=5146592

 岡山県津山市で2004年9月、小学3年の筒塩侑子(つつしお・ゆきこ)さん(当時9歳)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された勝田州彦(くにひこ)容疑者(39)の勾留理由開示手続きが8日、岡山簡裁(小林正明裁判官)であった。勝田容疑者は弁護人から殺害したかどうかを問われ、「ありません」と殺害行為を否認した。


 勝田容疑者はこれまでの取り調べに対し、侑子さんの首を絞めたことや刃物で刺したことを認めていた。しかし、この日の意見陳述では、刃物で刺したことについて「接見した弁護人から『死刑の可能性がある』と言われた。認めれば死刑にならないと思い、適当に刺し方を言った」と撤回した。また、取り調べで「刃物を海に捨てた」と供述した点についても、「(取り調べでは)適当に答えた」と話した。【益川量平、戸田紗友莉】
-------------------------------------------
posted by たつの市の未来を考える会 at 19:29| Comment(0) | 特ダネ情報

2018年03月14日

お隣も一緒に

 空席になっていますたつの市副市長に、山本市長は、現在、市総務部長の井上彰悟氏(59)を起用する方針を市会に伝えたそうです。
市長就任以来、副市長人事について様々な憶測が飛んでいましたが、市民からすれば以前ようなポチより、しっかりとした番犬の方が、市職員や市長の為、市の為にも一番良かったのではないかと感じています。
何より、井上氏は市民目線で善し悪しを考える方だと存じ上げていますが、副市長になられてもその精神はしっかりと貫き通していただきたいものです。
聞くところによりますと、前小西副市長が、誰も副市長のなり手がいないとか打診しても断られたとのことを方々で符牒されていたそうですが、ただ単に噂の域だったみたいですね。
それと同時に、服部町長就任以来一年以上も空席になっていますお隣の太子副町長ですが、どうやらこの3月議会でたつの市同様に副町長人事案件が出されます。
良い悪いは別にして、町職員や町内の方からの人事案ではなく縁もゆかりもない東播地域の方だそうですが、服部町長の女房役としてしっかりと町職員と服部町長との調整役として、また町の発展のためにもしっかりと頑張っていただきたいものです。
まぁ、どちらも人事案件が難なく承認されることを願っています。
因みに、兵庫県職員の播磨町在住の名倉氏(53)とのことです。
posted by たつの市の未来を考える会 at 08:37| Comment(2) | 特ダネ情報
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。