2017年11月16日

議員はなぜ問題視をしないのか

 市民の方から、龍野町下川原商店街にある市の助成金を活用して運営されている「龍北工房」のことを問題視する声がありました。
この助成金事業は、「高校生の店「龍北工房」は歴史的・伝統的建造物が残る[2]旧市街地にあり、古い町家を修景し、龍野の魅力を発信する拠点として活動している。

高校生が、会社のように、陶芸・レザー・印刷の3つの部署があり、役割を決めて働いている。会社組織同様、社長や各部の部長、経理といった役割を決めて運営している。」とされています。

この事業には、約3500万円もの税金が充てられていますが、現在では平日火曜日の4時間だけしかお店が空いていない状況だそうです。

ところで、このお店、龍北工房の土地建物は数年前に競売により格安で落札されました。

実は、私もこの物件が競売にかけられた時点で、このような古い建物を落札したとしても改修工事に相当な費用が掛かるのではないかと思っていましたところ、案の定、金額は覚えていませんが相当格安で落札された記憶があります。

そのようこともあり、この物件に少なからず関心を持っていたところ、現在の「龍北工房」が誕生したのであります。

この物件を落札した方といえば、元市議のご子息で一級建築士の方とお聞きしていますし、現在、この下川原地区の多くの古民家などの改修に携わっておられるとのことです。

ところで、何故このような閉店状態に至ったかといいますと、今年行われました県会議員の補欠選挙時に龍北工房の責任者でもあったヒガシマル醤油の元重役浅井氏が、県議に立候補の意を決めた直後からのことでした。

龍北工房が、高校生を利用してお金儲けをしているとのことが行政に入ったことで、責任者であった浅井氏が精神的に病み、県議選の立候補を断念すると同時に、龍北工房から身を引いた事によりこの事業が立ち行かなくなったことが一番の原因であります。

浅井氏が県議に立候補を決意したころから、当会ブログのコメントにも浅井氏を中傷するようなコメントが寄せられていましたので、そのコメントの主は誰の関係者であるかは容易に解りましたし、今後、その主の素顔も明らかになることでしょう。

また「お前が言うな!」と言われると思いますが、そのような輩には負けては欲しくなかったのが正直言って、私の気持ちでした。

私は、ヒガシマル醤油の社風や体質は好きになれませんが、この度の浅井氏には少なからず変革というものを期待をしていました。

話が反れてしまいましたが、この龍北工房には市当局も頭を悩ましているようですが、今のところ何の解決を見出すことが出来ないようです。

二束三文で競売により土地建物を手に入れたうえに、約3500万円もの税金を投入して改修工事を行って貰いながら10年後には所有者がこの物件を自由にできるというのですから・・・

栗原前市長の施策のひとつでもあった、このような市民の税金で賄われた助成金事業の実情を監視すべき市議会議員が知っておきながら放置していること自体、このまちの旧態依然の事なかれの典型的な悪いところではないでしょうか?

龍野町川西地区の「団扇でワッショイ!」の龍野新大橋西詰交差点で選挙前にお辞儀をしているだけで当選した原田研一市議が推し進める町並み保存も良いですが、市民の税金を目当てにするだけの事業や補助や助成は絶対に排除して頂きたいものです。


posted by たつの市の未来を考える会 at 17:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 市民の皆様の声

2017年11月11日

捨てたもんではないこのまちの声

 今日、地元の友人に夕食を付き合っていただきました。
先般の市長選や現市議などのことを語りながらのことでした。
今年、お互いに迷惑や心配を掛けた母親を亡くした者どおし、親を思う共通するものが有るような気がしました。
その様な会話をしている中で、このたつの市に信頼できる総合病院が必要ではないかとのいうことに辿りつきましたが、全くその通りであると同時に、幾ら地元の医師会が反対しようが、患者である市民やご家族が安心して診て貰える病院がこのまちに必要であることが一番大事であるような気がいたしました。
その友人曰く、「赤木和雄市議のパンパースの画像はあかんで!」という助言に言い訳もできませんでしたが、このブログを飽きずにご覧になっていただく為にもお許しを頂ければ幸いです。
20171007_064452000_iOS.png
posted by たつの市の未来を考える会 at 21:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 市民の皆様の声

2017年11月10日

お疲れ様でした

 本日、午前9時過ぎから栗原市長、小西副市長、中本教育長の退任式が、市役所裏側にある分庁舎前で行われました。
多くの市職員に見送られながらの退任でしたが、小西副市長に向けられた市職員の冷たい視線にもかかわらず、嬉しそうにスキップをしていたような気がいたしました。
これで、座敷犬ポチとか襟裳岬のコニタンと茶化されずに済むという安堵感からなのでしょうね。
何はともあれ、御三人様におかれましては本当にお疲れ様でした。
DSC_0038.JPG
DSC_0036.JPG


posted by たつの市の未来を考える会 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 市民の皆様の声

2017年11月03日

来年は試行錯誤しながら

 今日は、年に一度の市民のお祭り「たつのふるさとフェスタ」が絶好の秋空に恵まれた中で開催されました。
参加をするのかどうかと囁かれましたが、開会にあたり栗原市長の挨拶がありました。
3分程度の短い他愛もない挨拶に、最後くらい「4年間、支えていただき有難うございました」と、言うような挨拶が出来ないのかという多くの市民の方からの声も聞かれました。
また、ある方からは、これが本当のあの方の姿です。という厳しいお言葉もお聞きしました。
このような中で、勿論のことパレードには参加されていませんでしたが、多くの市民の方は、栗原氏がまだ市長であることにも驚いておられました。
 会場内を廻っていますと、毎年恒例のイベントが各所で行われていましたが、このところB1グルメ的イベントになりつつあるのが少し気がかりではありますが、イベントも少しづつでも知恵を絞りながら進化させていかなければ来場者に飽きられてしまうのではないかと危惧もいたしました。
そのイベントのひとつとして、市議会議員の先生による「バナナのたたき売り」も毎度のこと行われていました。が、私が午後の早いうちに立ち寄った頃には、先生方も早く叩き売って帰りたいのか分かりませんが、早々とテーブルに並んでいたバナナがひとつも無くなっていました。
これ位に、何事もこのまちのあらゆる問題も早く片付けて頂きたいものですね・・・・
昨日のテレビ番組でラーメンを食べた後には、バナナが塩分を消すと放送されていましたこともあり、折角、バナナの叩き売りを楽しみにしていましたが、市民の方が叩き売りにより恩恵を受けたのであれば”良し”と自分自身に納得をさせました。
議員さんのブースを後に、しばらく歩いていますと前から大きレジ袋を片手に持った内匠市議にお会いし、少し立ち話をしている中でレジ袋の中身を見せていただいたところ、バナナがたくさん入っているではないですか!!
内匠市議曰く、ご家族が大好物だそうですが、叩き売りどころか自分の分は、ちゃっかりと最初から確保しているのですね。
おそらく、内匠市議に限ったことでは無いと思いますが、これが「市民が主役」をモットーに市政運営をしてきた栗原氏と二人三脚でやってきた市議の本当の姿と思ったら少し残念でした。
また、本日一番印象的だったのは赤木和雄市議が毎度のこと学生服姿を着て高下駄を履きパレードに参加されている姿であったことも鑑みて来年の市民まつりでは、子育て支援や高齢者にやさしいまちづくりを目指す意味も込めて「高分子シート」の叩き売りも良いのではないでしょうか?即完売間違いなし!
最後に、市民まつり関係者様、市職員の皆さま、企画・準備から本日に至るまで本当にお疲れ様でした。
【最近アクセス数が減少傾向にありますので、下記の画像をお許し下さい】
yjimageJUA96QNO.jpg


posted by たつの市の未来を考える会 at 19:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 市民の皆様の声

2017年10月26日

お気持ちはわかりますが・・・

“「子育てつどいの広場うんどう会」を開催”

市内の子育てつどいの広場が合同で「子育てつどいの広場うんどう会」を開催しました。乳幼児の親子約100組が参加し、体操や玉入れ、障害物競走等、伸び伸びと体を動かし、親子でのふれ合いを楽しみました。参加していた子どもはもちろん、保護者の人たちもたくさんの笑顔が溢れていました☆

と、今日のたつの市役所のFacebookに投稿されていましたので、先日の市長選挙で市民の方から『子育て支援に熱く住民対話を大切にされて感銘を受けています」と応援メッセージを受けておられました栗原氏も顔を出されていると思っていましたが、市に問い合わせたところ、欠席をされていたそうです。

選挙までは、余程のことが無ければ栗原氏本人が参加されていたそうですが、落選をされてからは市民とふれ合うようなイベントや会合には一切参加されないようですが、市民のみなさまはどの様に思われますでしょうか?

『応援は力!私たちも応援しています!』『自信を持って推薦します』と兵庫県知事をはじめ代議士や市民のみなさま、地元優良企業・多くの市議会議員などから支援や応援を受けておきながら、落選すれば栗原市政を全うせずに、市民から逃げてばかりでは、栗原氏に支援や投票をして下さった多くの方に対しての侮辱ではないかと考えてしまいます。

私も、傷口に塩を塗るようなことは言いたくないですが、栗原氏の後援会長が「未来を託するにふさわしい人」と選挙選で市民に訴えておられたのは一体、何だったのでしょうか。

今月29日、栗原氏が肝いりで進めておられた重要施策でもあるJR竜野駅周辺整備事業の場で行われる「竜野駅ふれあいフェスタ」や11月3日(祝)に開催されます栗原氏自身が市民まつりから新たに名付けた「たつのふるさとフェスタ」にも参加しないということは、市長としての責務を放棄したとして捉えられても仕方がないでしょう。

これらのイベントには小西副市長が代行で参加をされるようですが、ふるさとフェスタではまるで小西副市長の退任を祝うかのようなオープンカーでのパレードになるのかと思うと本当に情けなくなります。
いっそのこと、オープンカーの後部座席に立って襟裳岬を歌いながら市民に手を振っていただきたいものですし、2期目の副市長は栗原氏に選任して貰っているのであれば、女房役として「市長!私も教育長も一緒にパレードに参加しますので逃げずに最後まで頑張りましょう!」と言うべきではないでしょうか。
余談ではありますが、私自身も、龍野実業高校土木科を留年しながらも卒業を何とかしましたが、当時は、恥ずかしいやら情けないやらの相当な思いをしてきましたが、逃げずに何とか卒業をしたことで今があると思っています。
また、今でも当時の留年した時の夢を見ることも度々であります。
 私は、この様な栗原氏の性格を知り尽くしていましたので、これまでのような言行動に至っていましたが、これで終わるかと思えば本当に市民のみなさまの為にもなったんだなと本心は一安心をしています。
このような栗原氏を、たつの市議会議員の中で、赤木和雄市議を先頭に、「柏原 要・野本利明・北川憲一・原田研一・永富 靖・柳生陽一・桑野元澄・今川 明・龍田 惇・横田 勉・木南裕樹」 以上の市議が「自信を持って推薦をします」としていました。
ならば、最後の最後になって市長としての責務を放棄をするかのように、市民との触れ合いを重視していた栗原氏に対して一言でも小西副市長同様に、助言をしてあげるべきではないでしょうか。
それでこそ、何があっても今まで栗原氏を庇って来たある意味同志ではなかったのではないでしょうか。。
確かに、人生挫折を味わったことの無かった栗原氏が、この度の市長選で落選をし屈辱的な思いをしておられることは察しますが、「8万にの命を預かる立場」と言ってきた以上、11月12日までの任期を全うして頂けなければ、これまでの4年間は栗原氏が常日頃から言い続けていた「市民が主役」が、絵に描いた餅と化してますので、お隣の前北川太子町長のように最後まで住民に寄り添って頂きたいものです。
最後に、この4年間、栗原氏と敵対してきましたが、今となれば失ったものの方が多いいですが、得たものもたくさんあります。
栗原氏のお蔭で嫌われることも慣れてしまってはいけないですが、慣れてしまったのも事実です。
また、高校を留年したとき程ではないですが、少々の恥ずかしいことも苦にならないようにもなりました。
ある意味人間的に強くなったのか馬鹿になったのか分かりませんが、ここまで来たら何とかこのまちの為に人生を注げたら本望かもと今現在は思っています。
コニタン11月3日は、3人でパレードに参加して頂けることを願っています。


posted by たつの市の未来を考える会 at 18:02| Comment(5) | 市民の皆様の声

2017年10月23日

たつの市の未来のために

二の舞を演じないように。気持ちを引き締め、このまちの為にしっかりと仕事をしてください。
私たちが引き続き監視していることを、絶対に忘れないように!!

IMG_6009.JPGnk.jpg

posted by たつの市の未来を考える会 at 13:09| Comment(6) | 市民の皆様の声

ひとりひとりの市民や若者の力が がこのまちの未来を変えた

 昨日、投開票されましたたつの市長選挙で、新人の山本実氏が初当選を果たしました。
現職候補者は、やはり県議時代の政務活動費疑惑が尾を引き、再選となりませんでしたと朝刊に載っていました。
この度の、市長選は旧態依然のこのまちに変革をもたらせなければならないという、若者を中心に問題意識もった方々のお力であるに違いありません。
不正をしていても現職に投票された方には申し訳ありませんが、日本国中からたつの市が笑われない結果になり先ずは、一安心をいたしました。
山本市長が誕生してもしっかりと監視し、栗原市長の良い施策を引き継ぎ、未来を担う若者たちのためにも粉骨砕身で頑張って貰います。
この超保守的なまちで、若者の力が、このまちに革命をもたらした気がいたします。
まずは、初当選おめでとうございます。
posted by たつの市の未来を考える会 at 06:55| Comment(3) | 市民の皆様の声

2017年10月22日

まだ時間があります

まだ投票に行っておられない方が沢山いらっしゃられるそうです。
私たちのまち「たつの」が笑われないためにも、ご家族の方やお知り合いの方々に投票に行くように促して下さい。
また、この天候の中におきまして、投票所に行く交通手段が無い方とご一緒に行っていただければ幸いです。
posted by たつの市の未来を考える会 at 11:09| Comment(2) | 市民の皆様の声
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。