2019年11月30日

つい先ほどの会話の中で

不思議というか偶然というか夕方の会話の話題が
人の膵臓をブタで作製へ、明治大 年度内にも研究開始
11/30(土) 18:48配信

 明治大の長嶋比呂志専任教授(発生工学)のチームは30日までに、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使ってブタの体内で膵臓をつくる研究計画を文部科学省に申請した。了承されれば年度内にも研究を開始する。

 動物の受精卵に人のiPS細胞を入れた「動物性集合胚」をつくる手法は、臓器を丸ごとつくり出せる可能性がある。これまで東京大の中内啓光特任教授のチームがマウスやラットを使った実験を始めている。臓器の大きさが人に近いブタで研究が進めば、将来移植医療に役立つと期待される。

 文科省は、動物性集合胚を子宮に戻して動物を誕生させるのを禁じてきたが、3月に研究が解禁された。
posted by たつの市の未来を考える会 at 20:33| Comment(0) | 未来を考える会の想い

市議会で十分審議を

 先日、お知らせをさせていただきました再公募となった「赤とんぼ荘」「志んぐ荘」の指定管理者の記事ですが、当会ブログで外資系ではなかったようですので、この場をお借りして訂正をさせていただきます。
新たな指定管理者の候補は宿泊施設経営会社は、「JPT・Tours・Japan」という愛媛県の会社でありました。
当初、2施設一体での指定管理料を4,500万円から施設ごとの募集に切り替え3年の指定管理期間を「志んぐ荘」のみ指定管理期間を5年に延長し、指定管理料を2荘で年間7,000万円にした結果、両施設にそれぞれ同じ業者であるJPT社に決定されました。
事前審査は、行財政改革委員会が検討したとのことですが、前回の国民宿舎指定管理者の選定には公募者がおらず、委員の中からは「現在の指定管理者の指定管理料増額の条件闘争があるのではないか」との意見がありましたが、この度は、現在の指定管理者は応募しなかったとのことです。
しかしながら、2荘一体とせず「志んぐ荘」の指定指定管理期間を2年間延長したとしても、結局、同じ事業者が2荘の指定管理者として選定されたということで、とりあえず3年間は2億1,000万円の指定管理料が発生します。
現在において、年間2荘で2,000万円の赤字が発生していることを考え、現在の指定管理料の4,500万円を念頭に置き試算すれば、現在の施設利用者数がこのまま推移すると過程したとした場合、この度選定された事業者自体は500万円が利益になりますが、国民宿舎の企業会計は赤字が累積するのは確実でしょう。
まずは、この度選定をされた事業者が本気でこのまちの国民宿舎の再建に取り組んでいただき、指定管理料を減額できるくらいにして頂けることを願うと同時に、このような要素や今後の国民宿舎の在り方を十分に検討・精査をし12月5日開会される市議会で十分にご審議していただけることを期待しています。
IMG_7419.JPG
posted by たつの市の未来を考える会 at 20:07| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2019年11月23日

無事で良かった

 大阪市住吉区の小学6年生の女児が行方不明になっていましたが、今日、栃木県内で発見されたニュースを見て一安心しました。
ニュースによりますと、別の女の子も監禁されて可能性もあったそうです。
ひきつづき「安全・安心まちづくり」を実現できるように頑張っていこうとつくづく感じました。
posted by たつの市の未来を考える会 at 19:31| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2019年11月22日

応募があったのでしょうか?

 一回目の公募で参加者がいなかった「たつの市国民宿舎赤とんぼ荘」、「たつの市国民宿舎志んぐ荘」の指定管理者ですが、再度の募集が先日20日締め切りとなりました。
現在、「たつの市国民宿舎赤とんぼ荘」、「たつの市国民宿舎志んぐ荘」の指定管理者となっています、一部上場企業でありホテル業に精通しているドーミーインホテルを全国展開している親会社である共立メンテナンスも再度の指定管理に手を挙げなかったことを考えれば、どこの企業が応募したかがとても気になります。
先の行財政改革委員会では、現在の指定管理者である共立メンテナンスが再度の募集で手を挙げれば条件闘争であるとの委員の意見もありました。
今月末には、応募者のヒヤリングが行われますが、このまちの国民宿舎の存続を担っていただける業者の応募があったことを心より願うばかりです。。。
posted by たつの市の未来を考える会 at 18:13| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2019年11月18日

何かあったのかな?

当会などをはじめ社会問題を常に取り上げられておられる方が、後先になっても必ず毎日ブログを更新されておられますのに今月15日からブログが更新をされていません。
何故か気になる今日この頃です。
posted by たつの市の未来を考える会 at 19:21| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2019年11月01日

公募を期待しています

先日のブログ記事にさせたもらっていました「国民宿舎、赤とんぼ荘・志ンぐ荘」の指定管理者に関して結局、公募が無く要件を緩和したうえで再公募をした件について思いを綴らさせていただきます。
この件は、先日、開催されました行政改革委員会でも報告や意見聴収を傍聴したので真実を記事にさせていただきます。
行政改革委員会の委員の方からは、そもそも、国民宿舎が一部上場会社に指定管理者に選定された経緯には、していたのはやはり、私が以前から耳にしていたとおり一部上場会社が指定管理をしても黒字化できないということで、廃荘に持ち込もうとの思惑があったのではないかという疑義がありました。
しかし、先日、この企業はホテル業界では日本国内でナンバーワンの業績を誇ったとの新聞記事が掲載されていました。
現たつの山本市政が前栗原市政と比較し、良し悪しということを私は現在のところ判断できないところもありますが、私が生理的に受け付けなかった前栗原市政を顧みると既得権益ありきの市政ではなかったかと思います。
私も、前栗原市長を徹底して叩いたことが幸いか不幸かは分かりませんが、現在も無事にこのまちで暮らせています。
強いて言わせてもらえるのであれば、もう少し市議の先生方も市民の幸福のために働いていただきたいものです。
おそらく、市議の支援者や関係者、本人すらも何のために議員をしているのだろうかという日々を過ごしているのではないでしょうか。。。
当選最下位クラスの先生でも次期県議選で当選もあるかも・・・
posted by たつの市の未来を考える会 at 20:52| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2019年10月18日

私だけじゃない

 (お隣の相生駅での記事です)
兵庫県警の女性巡査長(27)が風俗店でアルバイトをしていたなどとして、県警が18日付で停職1カ月の懲戒処分としたことがわかった。巡査長は9月、駅のトイレに拳銃を忘れて一時紛失する不祥事も起こしており、これらを合わせて処分を決めたという。
 県警関係者によると、巡査長は鉄道警察隊の所属で、今年5〜9月ごろ、大阪市内の風俗店などで働いていたという。計約30万円の収入を得ており、「遊ぶ金がほしかった」と話しているという。巡査長は警戒勤務中の9月29日夕、JR相生駅のトイレに拳銃を置き忘れ、約1時間半後に利用客が発見した。巡査長は18日付で依願退職したという。
確かにあってはならない不祥事ですが、依願退職した女性巡査長は「何でばれたの?兵庫県警の警察官をみんな調査してください!」と思っているのかがとても気がかりです。
今回の件でビクビクしている警察官もたくさんいるのいではないでしょうか・・・・?
posted by たつの市の未来を考える会 at 23:29| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2019年10月10日

勿忘草

今日の午前、飼っているZERO君の餌をにホームセンターに買いに行きました。
秋野菜植えのシーズンではありましたが、買い物客はとても少なくなっていました。
このまちも高齢化に伴い、農作物を栽培される方が減少しているかなとつくづく感じました。
農植物の種を観ていると以前から探してしました「勿忘草」の種がありました。購入しようかと思いましたが、もう少し種の気持ちになってから購入しようとドックフードだけを購入しました。
埴物に限らず、種から育てるということは大変な苦労や葛藤があるのは避けられない現実なのですね。。
今年は例年にくらべて雑草の成長に悩まされた農家をはじめたくさんの方がおられたと思いますが、私たちが人間が生存できているのも二酸化炭素を生命の糧として吸収しながら酸素を私たちの生命の源となる酸素を供給している植物のお陰なのですね。
雑草が地球環境保全のために役に立っているのは分かりながら、厄介もの扱いをされる雑草を刈っている自分が人間という生き物だと感じてしまいます。
この世に、生まれてきたからには皆、笑顔で日々を送れるようにできればと思います。
私も幼少期には、いじめ、いじめられ側にたってたと思いますが、この歳になるまで色々な経験を踏まえ顧みる反省を含め、他人の役に立てればと思っています。
「勿忘草」とは関係ありませんが、このまちに埋もれないように前進できればとだけです。
posted by たつの市の未来を考える会 at 21:00| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2019年10月09日

同じ県の住民として

 今朝の新聞で、2015年11月の三木市幹部慰労会に市の工事を受注する建設業者が同席した問題で、当時の藪本吉秀市長に対する倫理審査会開催を求めた署名と審査請求書を返却されたとして、市民が損害賠償を求めていた訴訟の判決が8日、神戸地裁であり「適正な手続きへの合理的期待を裏切るもので違法」として、市に慰謝料など計40万円の支払いを命じた。との記事がありました。
この件に関しては、私とフェイスブックで繋がっている原告の方が取り組んでおられ、ある方の自身のブログで大きく報じられることでしょう。そのような期待されているのは元川崎重工におられた方も自身の雑感日記でも再三取り上げられていました方をはじめ、三木市の多くの市民の方々でしょう。
私も、一時はこの三木市の問題を大きくブログ記事で取り上げておられるのは神戸新聞社の記者と勘違いしていましたが、正義の味方の正体も明らかになりましたし、後は時間が解決してくれることでしょう。
このまちの方々も、三木市民に習い、本気で市政に関心や問題意識をもって市行政や市議会をしっかりと監視してゆきましょう。

posted by たつの市の未来を考える会 at 20:05| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2019年10月03日

ご活動の成果の賜物です

 本日、私のところに「たつの・赤トンボを増やそう会」の冊子が届けられました。
このまちは、三木露風が詠んだ「赤とんぼ」の里として全国的にも有名です。
赤トンボを増やそう会の地道な活動の成果により、今年は、486匹が人工羽化に成功されたそうです。
これまでに、1,840匹の人工羽化をされたそうですし、最近では赤とんぼをよく見かけるのもそのせいかもしれません。
絶滅危惧種に登録され、減少が著しいなかで「赤トンボ」の里のために取り組まれておられることに感謝ではと今後のご活躍にご期待を申し上げます。
posted by たつの市の未来を考える会 at 23:01| Comment(0) | 未来を考える会の想い
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。