2018年08月16日

小さなサインも見逃さずに

子どもの自殺、ピークは夏休み後半 直近10年「9月1日」から変化

8/16(木) 9:35配信

西日本新聞

 

 子どもの自殺のピークは夏休み後半−。9月1日が自殺の多発日という内閣府のデータを基にして「夏休み明け自殺」への対策が各地で広がる中、自殺総合対策推進センター(東京)は「直近10年間の自殺者のピークは8月下旬にある」との調査結果を発表した。休み明けに特化せず、夏休み中からの対策強化を呼び掛けている。

⇒【画像】小中高生の自殺者数の推移

 同センターは、1972年度〜2015年度の小中高校生の自殺のデータを分析。06〜15年度の自殺者が最も集中した時期は8月下旬で、9月上旬にピークがあった1986〜05年度から変化が見られたという。同センターは「夏休みの短縮化も影響している可能性がある」と分析しつつ「新学期の開始に限らず、より幅広い期間での対策が必要だ」としている。

 「夏休み明け自殺」の認識が広がったのは、内閣府が自殺対策白書を発表した15年。72〜13年の18歳以下の自殺者数について、多くの地域で9月1日前後が最多だったとし、「休み明け直後は大きなプレッシャーや精神的動揺が生じやすい」と指摘した。

 これを受け、昨夏は全国各地でNPO法人などが9月1日の前後に無料電話相談を開設。長崎市では9月1日に支援団体などが登校したくない子どもの相談に応じる「駆け込み寺」を開設するなど、夏休み明けに合わせた子ども支援の取り組みが広がっている。

 同センターは「民間の活動の広がりは心強いが、児童生徒が適切にSOSを出せるようにしていく土台をつくっていく必要がある」としており、夏休み中の早い時期からの対策を促している。



posted by たつの市の未来を考える会 at 11:51| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2018年08月06日

冤罪はつくられる

 最近、特に思うことですが、電車内の痴漢をはじめ、多くの犯罪が被害者や司法により作られているのではないかと感じています。
私も、現在そのような不自然極まりない冤罪のような事案に遭遇していますし、情報漏洩ままならないことが多々見受けられます。
たつの署のある刑事は、そのような捜査情報が漏洩さているのであれば、警察官を辞すると私と私の代理人に部下の前で明言をしていますので、そのようなことが絶対にないことを願っていますし、万が一、そのようなことがあれば絶対に潔く辞職をされることでしょう。
警察官が手柄や出世のために犯罪ありきで描いたストーリーで捜査が進められ、冤罪で苦しんでおられるかたが、ごまんとおられるような気がしますが、公正で公平な捜査をするようにお願いしたいものです。
性善説に基づき運営されています司法ですが、いつまでたっても無くならない警察官の不祥事を撲滅していただきたいものです。
「安全・安心」のかなめである警察が市民に信頼されるために一番に考えなければならないことは、自分たちの組織を守ることより、市民のことでしょう。

posted by たつの市の未来を考える会 at 19:37| Comment(2) | 未来を考える会の想い

2018年07月29日

何処に行かれてしまったのでしょうか

過去に、当会ブログにコメントを寄せられていました当時、東大阪で行動をされているとするお隣太子町鵤の出身の自称右翼の井上さんからのコメントが、昨年10月の市長選以降全く届いていません。
おそらく、前栗原市長と元県議の誹謗中傷を止めろという忠告だったのかと思いますが、たまにはコメントをしていただきたいものですね。
井上さんは、国政レベルの議論を展開される方のようですので、私のような井の中の蛙ではおられませんので相手にしていただけないのかもしれません。
私は、現在、暴力団関係者などに隠れながら攻撃を受けていますが、このまちの「安全・安心」を上辺だけのものにしないためにもしっかりと頑張ってゆこうと思っています。
守らなければならないものがたくさんありますが、どうせ、一度きりの人生ならばいっそのこと、後世のためになるような生き方をしたいと思います。
このまちの未来を担う若者たちのためにも、自分自身のためにも。
前市長や公人、一部民間人に対してそれ相応のことをしてきまし、また、自分自身も相当に報復もされてきましたが、自分とご支援をいただいている方を信じ、まい進してゆく次第です。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

posted by たつの市の未来を考える会 at 15:20| Comment(1) | 未来を考える会の想い

台風一過

 台風12号が、異例の経路を進みながら、このまちを通過しました。
今日の未明には、激しく雨風をもたらしていましたが、今は、嘘のように夏空がひろがっています。
午前中はどこにも出かけることもせず、午後からは映画鑑賞をしています。といっても、dtv配信のネット鑑賞です。
今日は、綾野剛主演の「日本で一番悪い奴ら」という邦画ですが、ストーリーは
諸星要一(綾野剛)は、大学時代に鍛えた柔道の腕前を買われて北海道警の刑事となった。諸星は強い正義感を持ち合わせているが、なかなかうだつが上がらない。そんな中、先輩刑事の村井(ピエール瀧)から、「刑事は点数、点数稼ぐには裏社会に飛び込み『S』(スパイ)を作れ」と教えられ、暴力団と密接な関係を持ちながら、上司からの難題を次々と解決していく。やがて、裏社会のスパイとともに悪事に手を染めていく。 
というものでした。
ひと昔の警察社会を実録として映画化されたものだそうです。
今現在も、このような警察官がいないことを願うばかりです。
posted by たつの市の未来を考える会 at 13:49| Comment(3) | 未来を考える会の想い

2018年07月28日

美味しくいただきます

 今朝、いつもの方が当会に、立派な西瓜と南瓜をもってきてくださいました。
奥様が精魂込めて育てられた、私にへとの温かいお心遣いのことでした。
このような私に対し、有難く感謝いたします。
あらためて、「安全・安心」なまつづくりに貢献できるように取り組んでゆこうと決意を新たにしました。
IMG_6821.JPG

posted by たつの市の未来を考える会 at 11:07| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2018年07月25日

付き合えば付き合うほどに

 私は、人と付き合えば付き合うほどその人物の本質が見えてきてしまい、その方と距離をとりがちになる人間だと思います。
相手も私と同じような思いかもしれませんが・・・・
でも、本気で付き合えば絆に近いものができるような気がする今日この頃です。
posted by たつの市の未来を考える会 at 20:44| Comment(1) | 未来を考える会の想い

2018年07月24日

価値観

 最近、特に思うことですが、今の世の中で生きながら幸せや自己満足を得るということは、結局は、自分自身の価値観でしかないのではないような気がします。
他人が人一倍目立つような高級外車を乗っていようがブランド物を持っていようが何の興味もなくなってきている自分が、少し寂しいようにも思ってしまいます。
昔の自分と相反するような現状に、少し寂しいような考え深い気持ちになってしまいますが、また、それも自分です。
今朝も、コンビニでベンツに乗ったセレブと言わんばかりの同年代の女性を見かけましたが・・・
別にひがみ根性で言っているのではないですが、人間が済んでしまったのかどうか分かりませんが、欲というものが薄れてきてしまっているのかもしれません。
性欲もこのところ全くといって薄れてきていますので、マッタケ町議を見習いたいと思います。が、性犯罪は起こしませんのでご心配なく。
このところ、明さんと毎日のように親交を深めていますが、77歳まで明さんのように人生を送れたらある意味、本当に幸せだと思っています。
明さんも、ご子息を若くして、亡くなされたそうですし、その、お辛い気持ちは、そのようなことを経験したものしか本当の気持ちが分かりませんが、お話をさせていただく中で、少しながらお気持ちを察しいたします。
今後も価値観を大事にして生きてゆこうと思っています。

posted by たつの市の未来を考える会 at 19:27| Comment(3) | 未来を考える会の想い

2018年07月20日

ほんの氷山の一角です

接待で捜査情報漏えい=収賄容疑で警察官2人逮捕―大阪府警

7/20(金) 19:42配信

時事通信

 捜査情報を漏らす見返りに飲食接待を受けたとして、大阪府警は20日、加重収賄と地方公務員法違反の疑いで、曽根崎署生活安全課の巡査長篠原渉(35)=大阪市北区=、府警本部生活安全特捜隊の巡査長小野勇気(34)=同府東大阪市=両容疑者を逮捕した。

 
 また、贈賄などの疑いで行政書士雨堤孝一(40)=神戸市=、元警察官の行政書士事務所職員阿田裕俊(33)=同府和泉市=両容疑者も逮捕した。全員容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、篠原容疑者ら2人が昨年9〜12月に4回、大阪・キタのキャバクラなどでそれぞれ計20万円前後の飲食接待を受け、見返りに今年1月までに3回ずつ、捜査情報を雨堤容疑者側に漏らした疑い。

 府警によると、雨堤容疑者が顧客の風俗店側から摘発情報の入手を頼まれ、事務所で雇っていた阿田容疑者に資金を渡して接待などを指示。阿田容疑者は、元同僚で退職後も付き合いを続けていた篠原容疑者らに情報提供を持ち掛けていた。


最終更新:7/20(金) 19:46
時事通信

posted by たつの市の未来を考える会 at 20:26| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2018年07月14日

記事を書くものとして

 7月12日に豪雨被害のため新宮町大屋地内の国道179号の線の通行止めの全面開放のついてですが、神戸新聞龍野支局が災害により通行止めがされているとの記事が掲載されていましたが、通行止めが解除されたにもかかわらず解除の記事はありませんでし解除された翌日の龍野支局の記事といいますのは市内の園児たちが、もぎたての「とうもろこし」の収穫をするというものでした。
また、の本日は「子ども食堂」の記事が掲載されていました。
それはそれで構いませんが、一日1万台の交通量がある道路の通行止めが解除されたのですから、まだ通行止めが続いていると思い遠回りをされている方がおられるかもしれませんので、せめてお知らせの記事くらい載せていただきたかったものです。


posted by たつの市の未来を考える会 at 20:12| Comment(3) | 未来を考える会の想い

2018年07月06日

断念なされたのでしょうか

 今日も、時折激しい雨をともないながら断続的に雨が降り続いています。
市内のあちらこちらでは、川や水路が増水していますので近寄らないように、ご注意されてくだい。
昨夜、雨の中、車で市内龍野町富永のホームセンターの南東を通ったとき、以前から設置されていました、栗原前市長の後援会看板が撤去されており、その看板の跡に松井重樹県議の看板が設置されていましたことで、少し気になり今朝、そのホームセンターに北西の角地に設置されていました看板を確認したところ、先日まで設置されていました、栗原前市長の後援会看板が松井茂樹県議の看板に変わっていました。
聞くところによりますと、栗原氏は再選に向けて活動を試みたものの支援者たちの協力や、市民からは過去の人として扱われるよになりモチベーションが上がらない日々を過ごされているとのことでした。
交通量も市内1ともいわれる好立地に設置していた看板の撤去は、いったいどの様なことを意図するものかは解りませんが、通常で考えるとすれば、地主と何らかのトラブルが起きたかそれとも政治家として再起することを断念したのではとするのが一般的ではと思います。
しかしながら、私が以前から狙っていた場所に間髪入れず自身の看板を掲げた松井県議は中々の強者ですね。
松井県議におかれましては、たつの警察署と目と鼻の先の場所に「たいまつ」を灯したのですから、しっかりとこのまちのためにも、「安全・安心」のパトライトを灯してくださいね。
特に、飲酒にともなう事故や反社会的勢力の排除には県議としての役割を果たしていただきたいものです。


posted by たつの市の未来を考える会 at 10:20| Comment(5) | 未来を考える会の想い
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。