2019年06月09日

また、利用されたのかも

 先日の「これが本当ならば」の当会ブログ記事の情報主ですが、昨日、詳細についてお話をさせていただいたところ、件の相手方にお詫びを要求していたそうです。
真剣にこのまちの「安心・安全」を思っている私のところに記事にしてほしいと連絡をいただきましたが、とても残念で仕方がありません。
自身の固定資産税の問題をいくら行政に訴えておられても見返りを要求していたら、誰もこの問題について批判的にしか思われないでしょうし、ただ単に、クレーマーとしか扱われないでしょう。。。
この男性は、78歳のご高齢者ですが、これまでご相談を受けていた私はこの方の言い分も解ります。が、この度の人の命を奪うかもしれない狩猟中の誤発砲事件に見返りを求めていたことにとても心が痛んでいます。
 明日から私や関係機関に、この男性から嵐のよう着電にあると思いますが、しっかりと対応していただけることを願っています。
男性曰く、元栗原たつの市長と頻繁にやり取りをされているとのことでが、当会を利用しようた手段にとても心が痛んでしまいます。
揖保川町新在家ではなく「正條」の真っ黒な「しらさぎ」よりまだましかも・・・・・・
件の男性も、明日からは、たつの警察署刑事課暴力団対策課とやり取りをお願いいたします。
それが国家権力で、このまちの子供から高齢者までの「安心・安全」を実現できる第一歩であるのかなと思います。
私の感じていること、思っていることが間違っているかもしれませんが、今現在の時点で、思ったり感じていることです。



posted by たつの市の未来を考える会 at 19:48| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2019年06月05日

これが本当に真実なら

 昨日、龍野町島田に在住の男性から私に電話が架かってきました。
この男性は、以前にも当会ブログで取り上げさせていただいたこもある方です。
お話の内容をお聞きして、この件が真実ならば大きな問題であり事件にもなるととても驚きました。
その内容というのは、先月26日夜、その男性の奥様がお風呂に入ろうとしたところ、足に何かが刺さってケガをしたことで、よくよく見ればご自宅の浴室のガラスを破損していたとのことでした。
当日、鳥害獣駆除のため自宅裏山で狩猟が行われ、午後2時半ごろ大きな銃声が聞こえてとのことで、男性が、狩猟者が関係しているのかと思い連絡をとったところ「石を投げ込まれたんやろ」との回答だったそうです。
電話の途中、男性の奥様が変わられお聞きしたことは、同月の6日に、血だらけの撃たれた鹿が自宅の車庫に逃げ込んできて車を傷つけたそうですが、狩猟者の保険で被害回復をされたことで被害届はされなかったそうです。
また、鹿を最後に射止めたのは田んぼの中であったとのことでした。
同じ銃を所持する者として、信じがたい話ですが、今回の件は、たつの署に被害届も出されているそうですし、刑事課も鉛玉を確認しているそうであり、現在、鉛玉の鑑定を行っているとのことです。
男性曰く、この狩猟をしていた人物は元兵庫県警警察官でありますが、一歩間違えれば人の命をも奪っていたこの件をしっかりと捜査していただくことを切に願います。
私が、過去に反社と認定されていた人物が実質的に支配する告発人と知りながら告発を受理した警察官も同じたつの署の生活安全課の係長でしたが、情報漏洩の疑いが発覚した翌月、通常では考えられない捜査途中での異動となりました。
権力側や一般市民からみれば、件の男性を私と同様に快くおもわないと思いますが、この件は、このまちの安全・安心を実現するためのきっかけになればと思います。
普通なら新聞やメディアで取り上げられべき事件だと思いますし、元警察官ということもあるのかどうか分かりませんが、「癒着」などによる揉み消しをされないことを願っています。
現在、私は名誉棄損や業務妨害である人物を、刑事・民事で訴え進行中ですが、私に対する告発の背景が徐々に明らかになってきていますので、指定暴力団山口組などの本拠地が点在しており、暴力団を本気で排除する兵庫県警であれば、私の時のように、元班長が吐いた「大きな事件なんで」と本腰を入れていただきたいと思います。
最後に、今の時代、そのような輩を武器や暴力で排除することはできないので、法的に「安心・安全」は警察や政治家に委ねざる得ません。階級社会の警察ではあることは重々承知していますが「是々、非々」でしっかりと職責を全うしていただけることを願います。
まだまだ記事にさせていただきたいことが沢山ありますが、「捜査中に付き」ということで今は控えておきます。


posted by たつの市の未来を考える会 at 21:01| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2019年06月03日

独自に見直すらしいのですが

 今朝の神戸朝刊の一面に、「瀬戸内水質改善歯止め」と大きく載っていました。
環境が良すぎてイカナゴ不漁や海苔の色落ちが問題となって、県の環境基準の濃度の下限を緩和する新たな基準を設けるとのことです。
兵庫県職員の大変でね。
今はそれ以上記事にしません。
勿論のこと環境保全は大事ですが、私が経験したことを考えれば公務員にまで反〇敵人間が侵入しているとは思いませんが、今後、全てを明らかにしてゆきたいと思います。
「一」はすべて揖保川町新在家から・・・


posted by たつの市の未来を考える会 at 19:43| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2019年05月30日

組合員たる資格

このところ、当会も参加しています「フリーライター人気ブログランキング」に参加しているブログのランキングのこの3月に異動となった、兵庫県警の人事異動が常に上位にあります。
どういう理由かは分かりませんが、同じ穴の狢でも、もうそろそろ逮捕してもおかしくはないでしょう。
ということで、当会のブログから「フリーライター人気ランキング」をクリックしていただければ、真実がお分かりになると思います。
今頃、関与した兵庫県県警警察官関係者もビクビクしているかもしれませんが、「それはそれ、これはこれ」でやっていただけることでしょう。
私を告発した人物は、私の関係する事業所に不法投棄を再三繰り返した人物が代表と務める「しらさぎ環境保全協同組合」の代表者です。
組合員の顔ぶれをみれば、告発の意図がお解りになると思います。
「役員等が暴力団又は暴力団員と密接な関係を持たない組織であること」
そのうち、元県議でありこの度のお隣の町議選に当選した議員の後援会看板が掲げてある「しらさぎ環境保全協同組合」から撤去されるのでしょうか。。。
栗原元市長のお膝元、揖保川町新在家から・・・

posted by たつの市の未来を考える会 at 19:37| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2019年05月29日

今一度この国、社会を見直すべきでは

 昨日の悲惨な無差別殺傷事件や何の罪のない人の命を奪ったり、生命の危機を脅かすような現在の社会を今一度、この国もマスコミも真剣に考えるとべきではないかと思います。
罪のある人間は法的に処罰されるのは当然でしょうが、死刑制度があるこの国ならばもっと、犯罪撲滅や事故撲滅に取り組んでいただきたいものです。。。
posted by たつの市の未来を考える会 at 20:16| Comment(1) | 未来を考える会の想い

2019年05月28日

やりきれません

今朝、神奈川県川崎市でまた多くの児童や大人が無差別に殺傷されるという悲惨な事件がありました。
心からご冥福おお祈りし、お見舞いを申し上げます。
おそらく、過去に大阪府池田市の小学校で発生した無差別殺傷事件を思い出された方もおられると思います。
犯行を起こし、自ら命を絶った人物は私と同い年であるみたいですが、事件の真相や動機が解明されることは困難になるでしょう。
犠牲に遭われた方の関係者と自分とを置き換えて考えれば言葉にできません。
「安全・安心」を実現させるために少しでもお役に立てればと思います。
posted by たつの市の未来を考える会 at 17:42| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2019年05月25日

相生ペーロン前夜祭に思う

 今日は、お隣相生市の歴史ある、「ペーロン祭り」の前夜祭です。
相生湾で打ち上げらる大輪の花火を観たいと思いますが、、私は家飲みです。
私だけかもしれませんが、相生ペーロン祭りを耳にして思うことは、過去、前夜祭当日に飲酒運転で逮捕されて議員辞職をした元県議(現町議)を思い出します。
この度、私を告発した揖保川町新在家のタクシー会社に隣接する「しらさぎ環境保全協同組合」の事務所には、この元県議の後援会看板が未だ立っていますし、元県議曰く、栗原元市長の支援者の「〇平様」であるとのことです。
現在、私は、定期発行ではない機関誌やブログ記事で多大な業務妨害等をした人物を刑事告訴と民事での損害賠償訴訟を起こしていますが、ちかじか、私に対する嫌がらせの告発(不起訴)の真相が明らかになることと信じています。
私に対しての告発人も栗原元市長が住む揖保川町新在家に所在する「しらさぎ環境保全協同組合」の元右翼団体で、私に対して一日中たつの市役所周辺を街宣活動していたのこがこの理事長であり、また市内の公共工事を受注する会社役員とのことが被告の書面で明らかになっています。
以前、当会ブログ記事にさせていただきましたが、私の思い込みではなく、この私の関係する事業所の資材置き場等に不法投棄を再三繰り返していた人物が、この度の私に対する「告発人」が姫路市の菊井豊弁護士を担当代理人とする、現在、進行している刑事告訴、民事訴訟の被告からの書面で明らかになりました。
また、「しらさぎ環境保全協同組合」については、情報開示請求ではたつの市や兵庫県と防災協定を締結していますし、この組合の前身は「はりま建設業協同組合」であります。詳細は係争中につき控えておきます。
その組合には過去に私がお世話になった事業所を含む多くの関係者の方々がおられると存じますので、それ以上の詳細事項は今のところ記事にするのは控えておきますが、兵庫県警が私の時のように必死に捜査を尽くしてくれれば、こんな理不尽な捜査や税金の無駄遣いは無くなると思います。
 私が告発をされた後日、当方代理人とたつの警察署生活安全課に出向き担当班長に対して「意見書」を提出した後日、告発人代理人から「告発状補充書」が提出されていたことがたつの警察署生活安全課と反〇勢力との癒着構造があったのかと勘ぐってしまいますし、今後、兵庫県警の情報漏洩などが裁判を通して解明されることを願っています。
以前、あるテレビ局の女性記者から「ウスイ」とうい名前を聞いて告発人がだれかとは確信していましたが、「ウスイさん」も実質支配者と偽血の親子盃を交わした以上、服従しなければならない関係とは理解しますが、過去のよう器物損壊、不法投棄などの嫌がらせは今後の人生のためにも止めていただきたいものです。
大渋滞をしていた国道2号線で「相生ペーロン祭」の前夜祭向かう車列に思ったことです。



posted by たつの市の未来を考える会 at 20:14| Comment(1) | 未来を考える会の想い

2019年05月12日

自分らしく生きる

 昨朝、市内のホームセンターで、過去の当会ブログにちょこちょこ登場していただいた「ご意見番」の男性とバッタリお会いしました。
私が買い物をしていたら、後ろ姿から「ご意見番さん」に間違いないと思い「〇〇さん、おはようございます」と私の方からお声を掛けさせていただきました。
すると、その方は「まだ悪口書きよんか?あのやり方は大分評判落としたな」と。。。
おそらく当会ブログなどの批評を仰ったのだと思います。
普通なら自分や関係する方々の評判や体裁などを考えれば、このよなブログなどを続けることなどできないでしょうし、また、多くの方にこのまちの市政や公人の隠れた真実や実情を知ってもらえることなど出来なかったことでしょう。
また、前回の市長選や市議選の立候補者に投票する判断材料も少なかったかもしれません。
このご意見番さんについては、補助金を貰って子供たちなどを支援する活動をされているなかで、事実に基づいて私なりに批評をさせていただいたことも事実であります。
 当会ブログ記事が事実でなければ、前栗原市長をはじめ多くの市議やご意見番さんなどに名誉棄損で訴えられたり刑事告訴をされた時には逮捕されるみたいです!!!!
私も実際、これまで事実と相違する記事が幾度かありましたが、事実誤認が判明した時点でブログを通じて訂正や謝罪の文面を書かせていただいています。
何故なら、それは記事を書く者として責任を持つという基本的且つ当然のことと私は考えているからです。
 ご意見番さんが仰られたことに「少しだけ反論」しますが、ご意見番さんが行くところ行くところで、このまちの「〇〇観光協会・コミセン〇〇・スポーツクラブ21〇〇」等々団体について「あいつらは程度が悪い、クソ!ボケ!カス!」などと「悪口」を放送しまくり、おまけに自分の店で商品を購入しない親の「悪口」まで言う貴方にだけは昨朝のようなことを言われる筋合いなどないと思いましたし、その商品を購入しようとする親も大変だなとつくづく感じたとともに今年の市役所職員が着るポロシャツは是非ともご意見番さんのお店に発注していただいたら市役所も少しは平穏になるかも・・・でも、入札ですからね。ということは、ご意見番さんのお店もきっと応札してるやん。
 たつの市観光協会の事業の中の一つに、市内外の多くの方が毎年夏楽しみにしておられる龍野納涼花火大会を、お互い協力をしながら盛り上げたいという気持ちで私は取り組んでいますが、今だに亡くなった方や、団体から一線を引かれた方を引き合いに「クソ!ボケ!カス!」と言いながら協力していただけない姿勢は如何なものかと理解しがたいものがあります。
確かに、このまちの子供たちをはじめ住民を支援する事業の代表などをされていることには頭が下がりますが、できれば、まったくのボランティアでされるほうがその方の「評判や評価」も上がることでしょうが、以前、お話をする中では「金が出んかったらやらん」とのことでしたのであまり期待はできないかもしれませんが、今後は大いに期待したいと思います。
 昨朝の、この方の言葉からすれば、今はもう当会ブログを見ておられないように思いますが、以前は、昨年4月の市議選で初当選をされた方の記事を書かしていただいた途端、その現市議にブログ記事を補助金団体の事務所のパソコンで記事を見てそれをプリントアウトをし、FAXを送信されたことで、現市議から私に電話が架かってきてお互いの思いをお話させていただいたことを思い出しました。
その現市議も、毎年、龍野納涼花火大会の会場で屋台を出店され、来場者を楽しませながら思い出づくりに一躍かっていただいています「清流祭実行委員会」の元代表であり、今現在は、たつの市議として市民のためにしっかりと働いておられるみたいです。
 ご意見番さんとは、数年前までお互いが住む近くのお好み焼き屋さんで生ビールを飲み交わしながら、このまちについて議論したり、時には言い合いをしながらでも生ビールを飲んでいただき場を収める関係ではありましたが、その店が閉店したことをきっかけに疎遠になってしまいました。
以前、市役所近くの飲食店でご意見番さんとバッタリお会いした時に「川崎君と俺が〇〇亭を廃業させた言うことになってるみたいやで」と言われましたが、実際のところは、自分で言うのもなんですが、そのお店の売り上げにはとても貢献させていただいていたなかなと思います。が、ご意見番さんは、店主曰く、お店に来る人来る人に前記の「悪口」をしつこく言うのでお客さんが来なくなってしまい困っているととのことでした。
確かに、人間である以上、不満や愚痴、時には「悪口」を言いたくなる気持ちは分かりますが、お店に来る大事なお客様に対して、場をわきまえず言ってしまうのは考えものではと思ってしました。
そこで、どうしてなのかと考えてみれば、そのお店で西田正則市長は呼び捨てにも関わらず、元たつの市長の栗原氏だけは「さん」付けで言っておられましたので、余程、私や当会のことがとても気に食わなかったのは理解できます。が、同じ市民であり、また、ご近所同士でもありますので、相互理解のうえで少しでもこのまちのために協力出来ればと思うばかりです。
 現在、私は「たつの市の未来を考える会」の活動で、失った物事や敵は数知れないかもれませんが、それ以上に得たことのほうが有り、後悔などしていませんし、逆に親から貰ったこの人生に感謝しているくらいです。
人間、誰しも完璧では無いと思いますし、このところ、私は少しでも「自反尽己」を心掛けながら前向きに生きているつもりですが残念ながら反省をしてばかりの毎日であります。
昨朝のご意見番さんのようにの私のことを思っておられる方も沢山おられることとは存じますが、いつも勇気を与え、元気づけ支えていただいている方々に心から心から感謝をしています。
今朝も自治会の美化活動でお会いした年配の女性から「応援しているから頑張りよ」とのお言葉に本当に心が救われました。
昨朝、ご意見番さんとバッタリお会いし言われたことで、自分を取り戻し、自分らしくなってきていることに少し安堵しました。



続きを読む
posted by たつの市の未来を考える会 at 23:21| Comment(2) | 未来を考える会の想い

2019年05月10日

市民の気持ちが

 久しぶりに、ネットサーフィンをしていましたら前栗原市長のオフィシャルサイトにたどりつきました。
未だに市長気取りのサイトに違和感を覚えますが、私は生理的な部分や先人の死に対して許されないこともあります。
業界で陳情したことを、故山口県議の責任にしたりしたことが発端でした。
現在、全栗原はじめ市長は次期市長選に向けて票集め活動をされているようですが、本当にこのまちの住民が、少しでも幸福感をもって、生活ができるような市政を担う首長や県・市議員が活躍していただけることを願うばかりです。
【次期市長選では栗原氏は71歳です。側近の方は90歳代ですが・・・」

「未来を託するにふさわしい人」

みんなで創ろう元気なふるさとの会 会長 木南 岩男

(株)新宮運送代表取締役会長

 たつの市市政の最大の課題である人口減少の歯止めに果敢に挑戦し、「ふるさと たつの」の創生に、渾身の力を傾注する「栗原一氏」の市政運営を心から応援しております。

 なかでも、「学園都市たつの」の理念をモットーとする、確実な学力、健やかな心身を備えた人材育成。さらに「市民が主役」のまちづくりの実現。定住を促進するための賑わいづくりなど、課題が山積しております。

 これらの様々な課題の解決に一心不乱に取り組む、栗原一氏の政治活動の姿勢に、心からのエールを送るとともに、市民の皆様と協働し、快適さが実現できる「ふるさと たつの」の実現の為に、頑張っていきましょう!!



posted by たつの市の未来を考える会 at 20:14| Comment(2) | 未来を考える会の想い

2019年05月07日

あ〜長かった

 これまでには無いくらいの超大型連休でしたが皆さまどのように過ごされましたでしょうか?
私はこれといって、この連休をどうこうと過ごしたわけではありませんでしたが、なんだかある意味充実した日々であったような気がいたします。
過去の自分、今の自分、これからの自分を客観的に思い見ながら、少しでも人間的に前進できればと。。。
先日、何かの言葉で感じたことですが、「うまく行ってお陰様」「うまく行かなかったら身から出た錆」をつくづく感じ、これからも人生を前向きに歩みながら、さまざまなな事に立ち向かいながら自他ともに戦い分かち合い生きてゆこうと思う次第です。
が、私も人間ですから許せることと許せないこともありますから・・・
でも、若さというものは何事にも代えがたい貴重なものですね。

posted by たつの市の未来を考える会 at 19:49| Comment(0) | 未来を考える会の想い
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。