2018年04月26日

これが損得勘定というものです

 TOKIOの山口達也が強制わいせつで書類送検をされワイドショーで賑やかに取り上げられています。
当然、未成年にお酒を飲ませキスを強要しようとしたことは大人として許されることではないとは思います。
報道によりますと、テレビ番組やCMなどのスポンサーに対しての損害賠償などによる金銭的損害も大きくなるとのことですが、所詮、スポンサーもお金儲けのためにCMやテレビ番組に起用したのであり、ある意味そのようなリスクも負いながらローリスクハイリターンということもあったのでしょう。
このまちを代表するヒガシマル醤油は以前、ギターリストの「クロードチアリ」をCMに起用した当時、氏が問題を起こしたことがトラウマになり現在では、子役かアニメキャラクターのみのCM構成になっています。こういえば、多くの方はなるほどと納得していただけるかと思います。
CMなどの企業イメージを重視するにはやはり、なんの問題を起こさないと思われる人物を起用したいのは当然ではありますが、人間誰しも完璧な人間はまず皆無であると思われますし、現在の安倍総理などどこの企業も起用したくないのではないでしょうか?
ワイドショーのコメンテーターも好き放題正論と言わんばかりにコメントをしていますが、10年前の貴方はどうしていましたかと問うてみたいものですね。
キスはダメ、不倫はダメ、セクハラはダメ、パワハラはダメと今では尤もらしいことを言っていますが・・・
バッシングを浴びるかもしれませんが、「実は私も以前はそうゆうことも無きにしも非ずでした」とコメントをしてくれた方が余程、説得力が増すのではないかと思ってしまいます。
まぁ、いまのご時世に許されることでは無いかもしれませんが、いつの時代もホテル街だけは人間の煩悩を正直に表せす楽園にたいなものですね。
posted by たつの市の未来を考える会 at 22:24| Comment(1) | 未来を考える会の想い

2018年04月22日

過去ログでいっぷくでも

また一人、今夕、この国の未来を背負う方が辞職されました。
先日来から、セクハラ発言で問題になっていました福田財務事務次官です。
福田財務事務次官のセクハラ発言というのはこのようなものでした。
「“彼氏はいるの?”と聞かれたので1年ほど付き合っている人がいると答えると、“どのくらいセックスしてるのか?”と聞かれ、相手が電通マンだと知ると、“それはお前、遊んで捨てられるぞ”と暴言を吐かれました」(大手紙記者)

「“キスしていい?”は当たり前。“ホテル行こう”って言われた女の記者だっている」(別の大手紙記者)

 記者にとってみれば、財務事務次官は貴重な情報源。福田次官の振る舞いは、自身の立場を利用した、セクシャル・ハラスメントに他ならない。

 さらに、以下のような会話も。

福田 胸触っていい? 
記者 ダメですよ。
福田 手しばっていい? 
記者 そういうことホントやめてください。

 あるいは、森友問題にまつわる“真面目な”やりとりの最中でも……。

記者 昭恵さんの名前あったからじゃないですか? 
福田 デリケートな話なんだよ。それは直接関係ないと思うけど……。
記者 はい。
福田 おっぱい触っていい? 

今も、夜のネオン街では当たり前のような会話ですが、一昔前まで何でもないような会話は、現在の一般社会では許されない時代になってしまったのですね。

 お隣の太子町議会議員は、自分の選挙選でウグイス嬢をしてくれた女性に卑猥なメールや写メールを送りつけていましたが、町議会もマスコミもあまりにも小者すぎて相手にしなかったのは太子町や町議にとっては不幸中の幸いだったのではないでしょうか。

この町議が安倍首相であったなら、世界中から大笑いされ信用失墜で株価暴落は免れなかったことでしょう。絶対!!!!!

今回は、そのメールの画像をあえてアップしませんが、もし、ご覧になられたいかたが居られれば過去ログを検索していただければと思います。

本当にこの国とお隣の太子町の行方を危惧するばかりです。

posted by たつの市の未来を考える会 at 23:31| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2018年04月18日

ゴメンナサイ。書かずにいられません

 また一人、今夕、この国の未来を背負う方が辞職されました。
先日来から、セクハラ発言で問題になっていました福田財務事務次官です。
福田財務事務次官のセクハラ発言というのはこのようなものでした。
「“彼氏はいるの?”と聞かれたので1年ほど付き合っている人がいると答えると、“どのくらいセックスしてるのか?”と聞かれ、相手が電通マンだと知ると、“それはお前、遊んで捨てられるぞ”と暴言を吐かれました」(大手紙記者)

「“キスしていい?”は当たり前。“ホテル行こう”って言われた女の記者だっている」(別の大手紙記者)

 記者にとってみれば、財務事務次官は貴重な情報源。福田次官の振る舞いは、自身の立場を利用した、セクシャル・ハラスメントに他ならない。

 さらに、以下のような会話も。

福田 胸触っていい? 
記者 ダメですよ。
福田 手しばっていい? 
記者 そういうことホントやめてください。

 あるいは、森友問題にまつわる“真面目な”やりとりの最中でも……。

記者 昭恵さんの名前あったからじゃないですか? 
福田 デリケートな話なんだよ。それは直接関係ないと思うけど……。
記者 はい。
福田 おっぱい触っていい? 

今も、夜のネオン街では当たり前のような会話ですが、一昔前まで何でもないような会話は、現在の一般社会では許されない時代になってしまったのですね。

 お隣の太子町議会議員は、自分の選挙選でウグイス嬢をしてくれた女性に卑猥なメールや写メールを送りつけていましたが、町議会もマスコミもあまりにも小者すぎて相手にしなかったのは太子町や町議にとっては不幸中の幸いだったのではないでしょうか。

この町議が安倍首相であったなら、世界中から大笑いされ信用失墜で株価暴落は免れなかったことでしょう。絶対!!!!!

今回は、そのメールの画像をあえてアップしませんが、もし、ご覧になられたいかたが居られれば過去ログを検索していただければと思います。

本当にこの国とお隣の太子町の行方を危惧するばかりです。

posted by たつの市の未来を考える会 at 20:13| Comment(2) | 未来を考える会の想い

とても残念です

 今夕、米山新潟知事が辞職しました。
明日、発売になる週刊文春に掲載されます援助交際についての記事によるものだとのことです。
米山知事は、私より一つ年下でありますが、私とは月とスッポンくらい学歴も経歴や能力差があります。
ただ差がないのは男としての性だけでしょうか・・・
語弊があるとは存じますが、私からすれば同じ年代の働き盛りの男性としてこの様なことは当然のような気がいたしますし、怒られるかわかりませんが、世の中の男性は多々この様なことをしてきたりしているのではないでしょうか?
米山知事を擁護するようですが、そもそも、米山氏は独身であり不貞行為をしているわけでもなく、女性と出会うきっかけが出会い系サイトであったかもしれませんが、きっと、恋愛感情は少なからずあったはずです。でなければ何度も会うことなどしなかったでしょう。そうでしょお互いに?世の中の女性のかたがた。。
その中で、周囲を気にせずに2人きりで食事もすることもできず、本当はもっともっとお金を使ってでもその恋愛感情を抱いた女性とコンサートや映画鑑賞や綺麗な景色や楽しいことを絶対に共有したかったはずです。
しかし、知事という県民の長という立場がこのようなことを招いてしまいとても残念で仕方がありません。
潔いといえばそれまでですが。私は米山氏の気持ちがとても理解できます。
もし、この女性が米山氏の彼女であったらなんの問題も無かったと思いますが、所詮、週刊誌にお金で買われた安物の仔だったのでしょう。本当に気の毒で仕方がありません。冗談ですが、私に言って下されば口の堅い思いやりのある女性を紹介させていただいたのにと・・・
この国の多くの政治家も「英雄色を好む」で大なり小なり上手にやっているに違いないと思いますし、現に、このたつの市新宮町出身の英雄「行列、丸山弁護士兼参議院議員」も以前、週刊新潮に丸山和也参議院議員が好意を持つ女性に別宅のマンションで、すき焼でも食べようと誘い「肉たのむ。野菜と調味料は用意する」「歳なのか最後まで至らなかった」と赤裸々に記事にされていました。
世の中には、ごまんと妻帯者がありながら援助交際といわんばかりに自分の彼女と勘違いしてお金を吸いあげられている男どもがいる中で、このような事態で知事を辞任するのは本当に残念で仕方がありませんし、だったら、米山氏はどこで性欲を発散させれば良かったのでしょうか?ソープ?デリヘル?いずれも買春行為が許されている風俗ではありません。しかし、ソープは当然のことながらデリヘルも女性と交渉次第では買春行為も可能なのですが、50歳ともなればいくらイケメンだろうが、余程のことがなければやっぱりお金でしょ!ねー世の中の女性諸君・・・
 週刊文春も新潮も社内には、わんさか不倫や援助交際・風俗通いの人間がいると思いますが、利益至上主義だけで他人の人生を潰してしまうのもほどほどにしていただきたいものですし、外国の要人や産油国の大富豪を接待をする「叶姉妹」の中身のこともしっかりと記事にしていただきたいものです。
この度の米山新潟知事の報道で、なによりも一番驚いたことは、以前、政務活動費で2日酔いドリンク「ペパリーゼ」をセコク支出していた赤穂市選出の兵庫県会議員「長岡壮寿議員」がテレビに映っているのかということでした。。。
追伸、この度の市議選立候補者の方々におかれましても、女性関係にはくれぐれもお気お付けになられて下さい。
米山氏ならきっと、本当に愛し愛される方に出逢うことができると信じています。

posted by たつの市の未来を考える会 at 19:11| Comment(2) | 未来を考える会の想い

ごもっともですね(第1弾)

 以前、当会にFAXで寄せられました匿名の投書のことを思いだしました。
前回の市議選の一年後くらいのものでしたが、文末の赤線部分を強く訴えておられていましたが、この度の市議選ではどの候補者もこのようなことを指摘されないようにクリーンな選挙をしていただきたいものです。
w22.jpg

posted by たつの市の未来を考える会 at 09:02| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2018年04月16日

是非お役に立ててください

 昨日、告示されましたたつの市議会議員選挙ですが、多くの候補者の名前を連呼しながらまちを回っていますが、効果のほどはいかがでしょう。
当会のブログアクセス数は、告示された昨日は、お蔭様で4000アクセス以上をいただきました。
やはり、選挙選とはお祭りごととはよく言ったものですね。この度は多くの新人候補者が立候補をされましたので、みなさんの関心が深いことと思います。
どちらに候補者も予断をゆるさない状況にあるとのことですが、一票一票の積み重ねが当落のカギを握ることは当然のことながら、やはり選挙ですので、あの手この手を尽くし当選を目指していただきたいものです。
そのようなことで、当会ホームページ上のやブログにから候補者の応援などをおこなっていただこうと「たつの市議会議員選挙井戸端会議」というサイトを公職選挙法に基づいて立ち上げさせていただいていますのでどうぞ、有効にご活用をしていただければと思います。
ちなみに、本日も午後2時の時点て2700アクセスをいただいていますので、それなりの効果を期待していただけるかと存じます。
最後に当会は、たつの市の未来のために議員としてしっかりと働いていただけるかたのための場を提供させていただいてますので、どうぞご理解のほどを宜しくお願い申し上げます。

posted by たつの市の未来を考える会 at 15:00| Comment(3) | 未来を考える会の想い

2018年04月15日

断念しました

 本日午後5時をもちましてたつの市議会議員選挙の立候補の受付が締め切られました。
私も立候補の意思を示していたこともあり、またそのような言動をとっていたこともあり多くの皆さまに期待をしていただいていましたが、本日の午後5時をもちまして立候補をしないことが確実になりましたことをご報告させていただきます。
昨年の11月末に私が「たつの市の未来を考える会」で行っている活動について事実無根の記事や関係する事業所からの顧客獲得や風評被害・業務妨害を企んでの謂われなき問題を記事にした機関紙を金融機関をはじめ多くの取引先に送り付けられたことで、業務妨害などの被害が発生しつつあるなかで私がこの度行われます たつの市議会議員選挙に立候補をして当選を果たした場合に住民の為に仕事をしなければならない議員という立場にありながら、そのような実名も名乗らず陰に隠れてこそこそと嫌がらせをする卑怯な輩たちを排除することが出来ないと考えたことも理由のひとつです。
また、平成5年に個人として事業を起こしてから25年で一線を引こうと考えたことで、この「たつの」で生まれ育ち、現在の事業を今日まで頑張らせていただいたことに感謝いたしまして、市議会議員という形で恩返しをさせていただけるのであれば、たつの市の未来のために粉骨砕身で頑張ろうという気持ちをもっていたのも正直本当の気持ちです。
でも、この度、さまざまな私や関係事業所にたいしての嫌がらせを受けている状況下で、幾ら社長を交代したからといっても、この度の問題は最後まで私が責任をもって解決し事実無根を証明することが使命であると考えたことの結論が一番の理由であります。
 嫌がらせの機関誌を発行された方からは一番に私が「市議選に打って出ようとしている」ということをブログで記事にされていましたが、風の噂によりますと私がこの度の市議選に立候補をされたら困る元議員や当会に匿名で揖西町南山「前池不法投棄告発」の投書が送られてきたことで当会がブログで問題とした「前池不法投棄」の関係者・私の元社員とその周辺の者たちが仕組んでいるとのことですが、それは今後、私が市議の立候補を断念せざるを得ないくらいの決意をもって、しっかりと調査したうえで真実を明らかにして対処させていただこうと考えています。
このところ、多くの方々からの温かいお言葉を掛けていただいたり、陰ながら応援をしてくださっていただいている方々に対して本当に心が痛みますが、あと4年後でも55歳ですから・・・お許しくださいませ。。
それまでには、人間的にも能力的にも成長してゆかなければなりませんが、人間生まれ持った性格だけは変えられないかもしれませんが私の場合は特にですが・・・。
この度の市議選で私が一番懸念していることといえば、本当にこのまちのことを考えておられる方が当選を果たしてくれることでありますし、みなさんも同じ思いであると信じています。
私が立候補を断念したことで、市議会で質疑や主張などをすることが現実に出来なくなりましたが、私自身としましては新人候補者はさて置き、現職の中で本当に住民の代表としての仕事をされている市議は、ごく僅かのような気がいたします。
政策や構想の良し悪しは別にして、見てくれは強面ではありますが行動力やフットワークの良さや勿論のことではありますが住民の意見に耳を傾けられるという点や、他の市議に比べて市役所登庁回数の多さを考慮しても支持できる方もおられますし、前栗原市長がたつの市長に就任してから主と同じ自民党員でありながら反栗原市政を貫き通した議員も支持させていただきたいものです。
しかし、悲しいかな私には一票しかありません。
ですので、とにかく「この候補者は何をするために議員になるのか」ということをしっかりとお考えになられまして貴重な一票にこのまちの未来を託して頂きたいと思います。

posted by たつの市の未来を考える会 at 17:19| Comment(1) | 未来を考える会の想い

2018年04月08日

新人が続々と

 今日の朝刊に、今月22日に投開票が行われます たつの市議会議員選挙の候補者と思われる方の後援会が発行されている折込チラシが入っていました。
つい最近まで兵庫県警暴力団対策課や知能犯罪の取り締まりなどを歴任されており、現在は神主などをされておられ異例の経歴をもっておられるとのことです。
 私たちたつの市の未来を考える会は、反社会的集団などによる不当要求断固阻止をはじめ「安全・安心まちづくり」に取り組んでいますが、このような経歴をもった方が、当選された暁には市民の生活を脅かす犯罪に対して率先して取り組んでいただけるのでしょうか。
生まれも育ちも揖保川町の方ですので、このまちの反社会的な事柄や事案には把握されていることでしょうし、元刑事と強調されていることを考えればそのような事柄についてはしっかり取り組んでゆく姿勢をアピールされていることと考えます。
昨日は、自宅のポストにも新人の方の後援会入会のハガキが投函されていましたし、候補者の皆さまは必死で頑張っておられることでしょう。
私は相変わらずブログで能書きや講釈を綴っているだけでありますが、毎日のブログアクセス数の1/3でも投票していただければ必ずトップ当選は間違いないのですが・・・・
現在、何処の誰が企んだかが徐々に判明をしてきましたが、現在、私や関係する会社に対しての謂われ無き嫌がらせにより被害を受けていますが、万が一このような嫌がらせに関わっているような候補者がいるとするならとても残念で仕方がありません。
また、先日、司法に委ねたと耳にしました「前池事件」の所在地である揖西町南山地区からは現職・新人の若手が立候補をされるとのことですが、この問題に蓋をすることなくしっかりと地元の方にしっかりと安全・安心を確保してあげて頂きたいものです。
いよいよ来週からですね。。。


posted by たつの市の未来を考える会 at 17:49| Comment(1) | 未来を考える会の想い

2018年04月04日

初心忘るべからず

 4月にはいり、真新しいスーツを着た新入社員と思われる方々の姿を、まちのあちらこちらでお見掛けいたします。
新たに社会人になられ、嫌なことや辛いことが山ほど待っているかも知れませんが、「負けないこと、逃げ出さないこと、投げ出さないこと、信じ抜くこと」で、この世知が無い資本主義社会の荒波に立ち向かって行って下さい。その先には一人の人間としての信用や信頼をはじめ価値や力がきっと備わっていることでしょう。
仕事も大事ですが、先輩の良し悪しをしっかりと見極めながら頑張って下さいね。
社会にでれば、学生の時には味わい経験しなかった人間の性というものを目の当たりにすることばかりですが、会社や上司を裏切ることなく社会人として成長をしながら人生を歩んでいただきたいものです。
まだ、51年しか人生を歩んでいない私が言うのも生意気ではありますが、これが今の私が思い考えてアドバイスをできることのような気がいたします。
よく言われることですが、「努力は裏切らない」とは不本意な結果にしろ努力したことは事実であり、自分の人生のどこかで必ず成果が出るということのような気がいたします。
先日、加山雄三さんの愛艇「光進丸」が火災を起こし沈没するという惨事が起こりましたが、加山さんにすれば80歳を過ぎてこれほどに辛いことはなかったと察しますが、高価な船ということより、自分の相棒を失くしたということの記者会見で前向きに生きてゆくという言葉を聞いて、これでこそ本当の「人生」だと感じてしまいました。
私が20代前半から大好きな歌のひとつです。






posted by たつの市の未来を考える会 at 13:08| Comment(6) | 未来を考える会の想い

2018年04月03日

笑われるな「たつの」Vor2

 いよいよ来週の日曜日に告示が迫って参りました たつの市議会議員選挙ですが、一体、どのような顔ぶれの面々が立候補をされるかが注目されます。
噂によりますと新宮地区や旧龍野地区では立候補をされます・・・・が優位にたっておられるみたいです。
当会としましては、誰が当選しようが有権者のみなさまが選ばれるのですからどうのこうの言うつもりはありませんが、毎度のように言っていますように本当にこのまちのためになる方を選んでいただきたいと思います。
そのようなことを思うがあまりに、現職や元職の市議をみていますと自分の収入のためや市職員に今流行りの忖度をさせるために存立候補をするようにしか思われません。
この度の市長選では当会が「笑われるな!たつの」と打ち出したことでこのまちが笑われずに済みましたが、今回の市議選でも同様に笑われないためにもしっかりと候補者を見極めていただきたいものです。
当会の過去ログの一部は削除していますので、この度立候補をされます元市議や元職・新人の方々の人物像はお知られすることはできませんが、立候補者のお顔を見ていただければきっと思いだしていただけると思いますので・・・
もってのほかではありますが、反社会的勢力と関係を持っておられるような候補者は先ずおられないとは思いますが「安全・安心」をモットーに真剣に取り組んでいただける候補者に、このまちの将来を託してみたいものです。
付け加えて申し上げれば、議員報酬以外で口利きなどにより小遣いを懐入れるような人間が議員に立候補をするとは考えられませんが、間違ってもそのような人物が立候補をして当選でもしようものなら、もうこのまちはもう末期状態でしかありません。
「笑われるな!たつの」Vor2 でした。。。


posted by たつの市の未来を考える会 at 21:42| Comment(4) | 未来を考える会の想い
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。