2020年06月30日

怒りがモチベーションになりうることも

 自白ドミノが止まらない河合夫妻の公選挙法違反事件ですが、一般市民からすれば未だにこのようなことがあるのかと驚いてしまいます。
当選祝いや陣中見舞いなどの合法的な金集めも知りませんでしたが、河合夫妻がこれだけ大っぴらにやっていることを考えれば、日本国中の議員はビクビクしているのではないでしょうか。
思いだせば、過去に付き合いがあった元国会議員が、ある県会議員の応援を大学の先輩後輩のよしみでお願いされたそうですが、県議立候補者がお金が無い為に応援を断ったそうです。
しかし、今では本日のボーナスを含め年間、政務活動費も含め一千数百万の報酬で私たちの代表として頑張ってくれているようです。
国会議員を含めこの国の議員は私たちの「意思」で選ばれる人たちです。
来月5日には東京都知事選が投開票されますが、投票率も過去最低になるのではないかと思います。
政治家にとって、このコロナ禍の選挙はどう影響するのかは分かりませんが、民主的に選ばれた以上、首長や議員らしいことをして頂きたいものです。
前市長の後援会看板が「NHKから国民を守る党カラー」ですが、少数意見にも耳を傾けながら頑張ってください。
噂では私のことを酷く恨んでおられるみたいですが、これも有権者の「意思」であり、ある意味共通した人生の通過点がある者同士であり、このまちを愛する根底は変わらないと思います。もう県議には二度と戻らないとのことで、県議時代の書類はすべて破棄したと市議会で明言されていたのが足かせになっていると思いますが、お隣でタイマツをともされていることにとても気分を悪くされているような気がしてなりません。
posted by たつの市の未来を考える会 at 20:16| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2020年06月26日

こどものほうが

 今日、自宅に届いていた広報たつの「お知らせ版6月」を読んでいましたら、市内の小学生がゴミに関しての標語が目に留まりました。
この春先に、私の関係する場所にゴミのポイ捨てがあまりにも酷いので、その地区の交番に相談に行きました。
お巡りさんいわく「見張っていることもできませんので・・・。」「私の前でもタバコのポイ捨てをするんですよ」と住民の安全・安心を見守る国家権力のあるお巡りさんの言葉に耳を疑いました。
お巡りさんとビールや酎ハイの空き缶が散乱している現場を一緒に確認した後に「このゴミどうしたらいいのですか?」と聞いたら「自分の所有地なので自分で処理をお願いします」とのことでしたので、「やられ損」という理不尽極まりないことに怒りを抑えながらゴミ拾いをしたことを思いだしました。
どこの高速道路の降り口にたくさんのポイ捨てが見受けられますが、それこそ、あおり運転が社会問題化しているように、このようなポイ捨て問題も逮捕権を握っている警察や、発信力という一番の影響力を持つマスコミなどで取り上げ、一罰百戒でもいいですからしっかりと対策をお願いしたいものです。
今日、子どもたちの標語を見て大人が少しでも見本になれたらなとつくづく感じました。
「広報たつの お知らせ版6月より引用」
無題ghb.png無題ghb.png
IMG_7503 - コピー.JPGIMG_7505.JPG
posted by たつの市の未来を考える会 at 19:15| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2020年06月19日

他地域ごとではありません

 今日、神戸新聞朝刊やあるブログで以下、
「加古川市の農道で 昨年11月30日未明、乗用車が放火され、所有者の男性の遺体が京都府福知山市の山中で見つかった事件で、兵庫県警・加古川署捜査本部は18日、死体遺棄容疑で特定抗争指定暴力団、神戸山口組の中核団体・山健組系組員(62)を新たに逮捕した。」と記事にされていました。これで逮捕者は11人目になりました。
あるブログというのは、現在、私が刑事・民事で法的手段をとっている方のものですが、そもそも私と何の面識のない自称地方新聞記者が、私の関係する会社の取引先のほとんどの金融機関や複数の取引先に機関誌を贈呈として機関誌を送付もしている方のものです。
私に関する刑事告発がなされたのは2017年11月30日、上記の事件も偶然に11月30日未明となっています。
前記ブログ主は、機関誌やブログ記事、裁判などの資料からたつの署が受理した刑事告発も自身が関わっていたということを証明しています。
私がなぜ、このような記事をあげているかと言いますと、上記の死体遺棄事件で京都府福知山市の山中に被害者が遺棄される前に、このたつの市揖西町に埋められていたということに疑問をもったからです。
私に対する告発人が代表理事を務める組合の事務所から、被害者が一度埋められていた場所からたった1kmしか離れていないことです。が、私の思い違いでしょう。きっと・・・
兵庫県警・加古川署捜査本部が新たに神戸山口組の中核団体・山健組系組員を逮捕したことや主犯が同組員であることからも、たつの警察署も加古川署捜査本部と連携をとり、警察のメンツにかけて捜査が尽くされることでしょう。
因みに私が法的手段をとっている相手は加古川の方ですが、被害妄想的には「おまえもこのようになるぞ!」と言わんばかりのブログ記事のように思えてしまいます。
過去に私は、外国人らしき者にスタンガンで襲われたり、事業所や資産を破壊されたり猫の死体を重機に掘り込まれていたりして警察に被害届を出し、捜査が尽くされたかは疑問ですが最終的には犯人不詳で不起訴とされました。
唯一、会社の警報器が鳴ったため慌てて投げ去ったビニール袋の中の液体が警察の科学鑑定で尿らしきものの判定がなされました。
おそらく、現在の科学技術ではいとも簡単にその液体が何であり、もし人体から発生したものであればDNA鑑定で容易に犯人は特定できることでしょう。
話は元に戻りますが、私が民事訴訟をおこしている事件は来月中には、私に対して一切の取材もせず、また当初、私が記事を書いたと疑ってしまった神戸新聞の記者を通じて取材の申し込みにも応じず上記の者たちが悪意をもってし「正義の味方は名をなのらない方がいい」という自称ジャーナリストと、実名を名乗っている私のどちらが法的に正しいかが判断されると思います。
人生100年と言われる時代にまだ半分過ぎしか生きていませんが、子孫にみっともない生き方はしたくないと思う日々です。ここ数年、この歳になりやっと気が付くことや思い直すことが多くなっていますが、まだまだ未熟な私の言動に対してご忠告やご進言のほどをよろしくお願いいたします。
最後に、私たちの「安全・安心」を一緒に守ってくれるのは「正義の味方」である警察を信頼するしかありません。「正義の味方は名をなのらないほうがいい」という意見もあると強弁をふるいながら、井戸知事や加田参議院議員の出馬記事と私に関する捏造記事を交え、あたかも信ぴょう性をもたしたかのような機関誌を金融機関をはじめ取引先に送り付けるという昔からある会社ゴロ的手段で業務妨害が許されるのであれば、クズのような者にはとことんやりたいですが、武士は食わねど高楊枝ではありませんが、悪意を持った人間の手先となり、お菓子やオモチャを買うおじいちゃには死んでもなりたくはありません。


posted by たつの市の未来を考える会 at 22:05| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2020年06月18日

権力は持ち続けると腐敗する

 明日から、県をまたぐ移動が解禁されると安倍首相が会見を開いています。
早速、日曜日から一人で県外に出かけてみようか宿泊サイトを検索したところ、ずーと満室状態でした。
緊急事態宣言で営業自粛を余儀なくされた事業者や、自粛に耐え続けてきた人からすれば、少しは心が晴れることでしょう。
安倍首相も以前のように毎晩、高級料理店での食事がとれることを嬉しく思っていることでしょう。
自粛を余儀なくされた国民より、一番この時を待ち望んでいたのは社会的名誉やそれに与る方々ではないでしょうか。
第2波が確実に襲来するとされているこのコロナウイルス感染症ですが、一番わかりやすいのはテレビのワイドショーですね。
コロナから検事長定年延長問題、河合夫妻逮捕でこの安倍政権も終焉を迎えているような気がいたしますが、せめともこのまちだけは真面でいてほしい限りです。
「権力は持ち続けると腐敗する」ことと、コロナ対策は全く無関係ではないような気がしてなりません。
今日は、それだけです。。。


posted by たつの市の未来を考える会 at 18:50| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2020年06月17日

知りませんでした合法的な有権者買収を

【河合案理参議院議員の記事より引用】
「今回これを買収だと私たちが認めてしまったら、日本の選挙のやり方そのものを変えることになるし、公選法の精神をも変えてしまう。陣中見舞いや当選祝いを自分が出る選挙の前に持っていけば全部『買収』となる、というのであれば、他のみんなも(選挙違反で)やられてしまう。だから、たとえ私が身柄を取られても、別に私は裁判で勝てますよ。検察もやったらいいと思う」
とネットの記事でありました。
私は、昔から何故、政治家はお金がいるとされていたことを、この度のこの件で初めて理解できました。
河合杏里参議院議員が、自分が選挙に出る前に陣中見舞いや当選祝いを持っていくのが「買収」ではないとしていることからすれば、ほんと、費用対効果を考えての議員立候補でしかありません。
少なくとも、このまちには先行投資をするような議員はいないと思いますから、ある意味平和な地域かも知れません。
その反面、議員は私たち次元では考えられないほど意味のない権力闘争を頑張っているのでしょうね。。。
多くの住民が、このコロナ禍で県議や市議の有り難味も全くと言っていいほどに感じられなかったのではないでしょうか?
まぁ、この揖龍には一人の県議と、このたつの市には10人ほどの市議で十分機能することは自信をもって言えます。
敢えて、どこのどの議員とは今は言いませんが、恐らく、ほとんどの議員のみなさまはこのブログをチェックされていると思いますので、自分の胸に手を充てながら私のような変わり者がいるのを思いだし、何のために政治家を志したかを今一度振り返り、またそれが、このまちの将来の為になるのであれば、毎月配布される広報で議員の一般質問と理事側の出来レースのような質疑応答をきじにするのではなく、真剣勝負の広報にして頂きたいものです。
コロナ問題をはじめ、安倍首相や黒川検事の賭けマージャンをはじめ政府が国民を馬鹿にしたような問題が後を絶ちません。
河合夫妻の公選挙法違反の立件が迫っているとされる中で、「日本を取り戻す」も大事ですが「真の民主主義を取り戻す」ことを願っています。
「自由で民主」が自民党も「民主」が旧民主党でもないと思います。
政治家のやることなすことが自由で、選挙だけは厳密に民主性の根本である投票により議員が選ばれるという矛盾した構図のありかたをもう多くの有権者が理解していることくらい、一日一倍、人並みならないお金と権力にはたけている議員は本能と習性とが合わさりきっと理解していることでしょう。


posted by たつの市の未来を考える会 at 22:07| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2020年06月14日

あと数か月で

 新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が解除されましたが、他国ではまだまだ深刻な事態がつづいているようです。
また、東京では緊急事態宣言が解除された後に毎日のように新規感染者が増え続けています。
一日もはやいワクチンなどのが開発され、普通のインフルエンザと同様の風邪とされるようになることを願っています。
毎年、流行するインフルエンザもこの度の新型コロナウイルス感染症と同じ対処方法で感染者も少なくなるとは思いますが、改めてこの度人類が経験した、また、これからも経験するであろうこの脅威に備えなければならないことにストレスや憂鬱を感じてしまいます。
ポジティブに考えてと言われても、これだけ毎日のようにメディアで何か月も不安をあおるような報道やワイドショー続けばネガティブになっても仕方がないのかも知れません。
梅雨が明けてウキウキする夏を迎えても、今年はレジャーやイベントなどが自粛ムードがつづき、数か月先の秋口くらいには風邪の症状を訴える方も多くなることを考えれば、新型コロナウイルス感染症なのかそれとも只の風邪なのかパニックになることを想定しておかなければならないでしょう。
また、毎年、各地で発生している自然災害なども新型コロナウイルスを見越しての対策を迫られることは必至です。
感染症の専門家ですら意見が分かれるこの新型コロナウイルス感染症であり人類の歴史に残るとも言っても過言ではないこの事態が多くの犠牲やワクチン開発により、普通の風邪とされる日を新しい生活様式を実践しながら待ち望むしかないのでしょうか。。

posted by たつの市の未来を考える会 at 19:56| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2020年06月12日

堂々と名乗れば

 このところ有名人・著名人が文春砲のターゲートになり、人生を狂わせることとなっています。
確かに自業自得ではあり「他人のふり見てわがふり直せ」ではありますが、私も、ある地方新聞の記者である方に捏造記事においても「自業自得」と書かれ「嘘も3回書けば本当になる!」とも記事にされました。
私は、その方のブログランキングの上位を占めるような有名人でもありませんが・・・・
先日、SNSの書き込みで自ら命を絶ったとされる女性プロレスラーが話題にあがり、政府もこのようなSNSの書き込みを問題視して法整備を進めているとのことです。
私は刑事・民事で捏造記事などを紙面やインターネット上であげられ現在法的手段をとっていますが、法の番人である司法が、どのように世論を反映し公平・公正な結果が出されるのを一日も早く知りたいです。
風の噂では、御方は私と同じような年の可愛いお孫さんがおられるそうですが、どちらのおじいちゃんが、どの部分が間違っていてどこが正しいいのかがきっと分かる日がくることを願っています。
捏造記事に悪意をもって「いいね!」をされている方にはそれなりの報いは捧げれれることでしょう。きっと。。。
私は、このインターネットは公共の電波と同じくらいの責任が伴うと思っています。
ですから私はすべてコメントを含め実名での投稿とさせていただいています。
「正義の味方は名をなのらない方がいい」というような人間が名を名乗らず発行部数1000部の地方紙の記者と言えるでしょうか?
私は、守るべき者・ご支援いただいている方のためにこの件に関しては徹底して戦います。
令和2年6月12日
川崎洋文


posted by たつの市の未来を考える会 at 20:54| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2020年06月07日

使命とは

コロナ禍において世界各国でストレスや生活困窮が原因で犯罪がまん延しています。他国に限ったことではなく、この国の全国各地でも同様の犯罪が発生しています。
窃盗をはじめ、当初から予想されていました、国や自治体の給付金などの支援策を裏手にとった卑劣な詐欺事件などもあとを絶ちません。
私は先月、平成29年7月に発生した西日本豪雨により、緊急時応急対策業務に従事した団体の責任者としてなのか、たつの市が独自で立ち上げた「安全・安心まちづくり協議会」の委員として委嘱されました。
協議会のメンバーは地元たつの警察署や連合自治会、婦人会、PTA連合会などで構成されています。
委嘱期間は2年間とのことですが、この度の協議会はよくある建前上の会ではなく、協議会のメンバーが地域のあらゆる「安全・安心」の情報を共有し、協議会設立の趣旨に沿った「安全・安心まちづくり」を実現するとしたものです。
本来なら、オブザーバー的に市議会議員も参加すればと思いますが、「危険・不安」ということには関わりたくないのでしょう。
つい最近、たつの市揖西町のある場所に、殺害された男性の遺体が埋められ、その後、その遺体は掘り起こされ京都府の山中に再度埋められていたとういう事件がありましたが、このような重大な事件もたつの署や埋められていた地域の市議会議員も把握していませんでした。
このような、事件もさながら、あらゆる事件も捜査の妨げにならないようなことであれば、情報を共有することで一刻も早い事件の解決に役立つのではないでしょうか。今は、防犯カメラやドライブレコーダーなどの設置も増えてきていることからも、様々な情報提供をもとに、犯罪を未然に防いだり解決することはそれほど困難なことではないのかと考えてしまいます。
要は、取り締まる側と地域住民との意識向上をいかに共有し、実行するかではないかと考えています。
いまだ未解決である新宮町女児刺傷事件や昨年末に発生した揖保川正條で起きた強盗事件、特殊サギ事件など、この小さなまちでさえ日々、様々な事件が発生しています。
犯罪の「安全・安心」に限らず災害や、あらゆる面での「安全・安心」に少しでも役に立てればと考えています。
兵庫県警もコロナ感染拡大防止のため一時、捜査を控えていたような気がいたしますが、危険を覚悟のうえでコロナウイルスと戦っておられる医療関係者と同じ使命感をもって従事さえていることを願っています。

posted by たつの市の未来を考える会 at 12:55| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2020年06月01日

花火師にも感謝!

 今夜8時に、全国一斉の企画である新型コロナウイルス終息を願った花火が、たつの市神岡町の龍野クラッシッククラブゴルフ場で打ち上げられました。
hb.png
花火師に皆ささまに感謝!
ついでに「2019年龍野納涼花火大会フィナーレ」もご覧ください。
続きを読む
posted by たつの市の未来を考える会 at 20:42| Comment(0) | 未来を考える会の想い

右から左は大丈夫

当会事務所のポストにも政府から支給された「布製マスク2枚」が投函されていました。
また、本日、不織布マスクを取得価格を超える価格で転売をしたとして、ハウスクリーニング会社の役員の男性が全国で初の逮捕をされていました。
1枚44円で仕入れ49.5円、50.6円で転売したそうですが、なんとも気の毒でしかありません。
一罰百戒の極みではと思いますが、仮に営業活動の一環として無償で配布したとすれば問題無かったのかもしれませんね。。。
「歴史的緊急事態」とされるこのコロナウイルス感染症ですが、今後も様々な問題や考えさせられることが続くことでしょう。
政府からマスクが当会にまで届けられるのですから、全国のすべての住居地に「布製マスク2枚」が投函されていることでしょう。
面白おかしくは言いたいのはやまやまですが、今は我慢しておきます。
posted by たつの市の未来を考える会 at 18:40| Comment(0) | 未来を考える会の想い
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。