2018年12月27日

結局は何を遺すかではと

未来に何を遺こそう事業!!

たつの市子育てつどいの広場事業

子育てつどいの広場は、乳幼児やその保護者が気軽に集い、語り合い、交流を図る場です。
また、子育てについての相談、情報の提供、助言なども行っています。子育て中のみなさん、お気軽にご参加ください。

対象者

市内に住所のある乳幼児(0〜5歳)とその保護者

事業内容

種類内容
講演会・親子講座の開催わくわく親子講座など
子育て交流・体験活動梅ちぎり、夏のおたのしみ会、うんどう会、クリスマス会など
グループ活動子どもの年齢や保護者の興味関心などによって分かれたグループ活動の支援
ひろば絵本のよみきかせ、手遊び、工作など
子育て相談子育ての悩みや不安などの相談に応じます。面接、電話どちらでも可
身長・体重の計測随時計測することができます
子育て情報の提供

子育てつどいの広場通信、県等が発行する情報誌など、子育て中の保護者に役立つ情報の提供

(子育てつどいの広場通信は、一番下のリンクから見ることができます。)

自由遊び保護者同伴で自由に遊ぶことができます

実施場所

名称場所電話番号
龍野子育てつどいの広場はつらつセンター2階0791-62-9255
新宮子育てつどいの広場新宮こども園内0791-75-4646
揖保川子育てつどいの広場揖保川公民館2階0791-72-6577
御津子育てつどいの広場御津総合支所2階079-322-2208

開設日時

  • 火曜日〜金曜日(龍野子育てつどいの広場は月曜日〜金曜日)
  • 9時〜12時、13時〜16時
  • 土曜日・日曜日、祝日、年末年始は休み
  • 警報が発令された場合は休み

参加方法

自由遊びは、上記開設時間内であれば、申し込みの必要はなく、いつでも参加することができます。また、たつの市在住の方であれば、住所にかかわらず、どの広場にでも参加することができます。
なお、イベントや講座などによっては、事前に参加申し込みが必要な場合があります。詳しくは各つどいの広場へお問い合わせください。

参加費

無料(イベントへの参加など、内容によっては、実費を負担していただく場合があります。)

子育てつどいの広場通信

たつの市子育てつどいの広場では、それぞれの行事の予定や事業内容などを紹介する「子育てつどいの広場通信」を発行しています。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部児童福祉課 

住所:兵庫県たつの市龍野町富永1005-1

電話番号:0791-64-3153

FAX番号:0791-63-0863

posted by たつの市の未来を考える会 at 19:23| Comment(0) | マロンの隠れ家

2018年10月05日

中年のおっさんですが

50過ぎのおっさんですが・・・

心すれちがう悲しい生き様に
ため息もらしていた
だけどこの目に映る この街で僕はずっと
生きてゆかなければ
人を傷つける事に目を伏せるけど
優しさを口にすれば人は皆傷ついてゆく

僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない
正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで
僕は街にのまれて 少し心許しながら
この冷たい街の風に歌い続けてる

別れ際にもう一度 君に確かめておきたいよ
こんなに愛していた
誰がいけないとゆう訳でもないけど
人は皆わがままだ
慣れあいの様に暮しても 君を傷つけてばかりさ
こんなに君を好きだけど
明日さえ教えてやれないから

君が君であるために勝ち続けなきゃならない
正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで
君は街にのまれて 少し心許しながら
この冷たい街の風に歌い続けてる

僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない
正しいものは何なのか それがこの胸に解るまで
僕は街にのまれて 少し心許しながら
この冷たい街の風に歌い続けてる


続きを読む
posted by たつの市の未来を考える会 at 21:47| Comment(0) | マロンの隠れ家

2018年06月21日

今日はこんな気持ちです

posted by たつの市の未来を考える会 at 21:52| Comment(2) | マロンの隠れ家

2017年11月28日

振り返れば

 このたつの市では、西田市政から栗原市政に移り、現在は山本市政となりました。
過去を振り返ってみますと様々なことが脳裏や心に蘇ってきますが、逃げ得のように去って行った小西副市長のことが一番に思い浮かんでしまいます。
故西田市長の子飼いとして前田口副市長が病気を理由に退任したことにより、「何故か」棚ぼたで副市長の座を手に入れたまま約6年間もの間、地位と金銭の面では本当に恵まれました。
私からすれば、「退職金の一部でも市に寄付をしろ!」と言いたいものですが、カンマキ谷で暖炉で元県議の政務活動費の領収書を燃やす以上に、お金に執着を燃やすコニタンの顔が浮かんできますし、私がここ数年見てきた中で一番ズルかったにはコニタンではなかったのかと感じています。
入札を所管する財政部長から副市長の座を得たことで、何故だか入札方式も職員の為と言い一般競争入札をくじ引きにするように、職員を信じることをしなかった小西副市長が一番恩恵を受けたここ数年ではありましたが、今後はそのような事の無いようなしっかりと公平公正な副市長人事案が提出されることを願っています。


posted by たつの市の未来を考える会 at 19:33| Comment(1) | TrackBack(0) | マロンの隠れ家
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。