2022年03月12日

市議会議員に思う

 来月4月24日に投開票が行われる市議会議員選挙ですが、当選された議員はこれまでのような自治会長の親玉のような人材ではなく、自身が掲げる公約や信条をもとに専門的な仕事をしていただきたいと思います。
議会の委員会には「総務生活常任委員会」「福祉文教常任委員会」「経済建設常任委員会」がありますが、委員会の議員は毎年改正で選任されるので所属している委員会の専門的な知識や情報をあまり持ち合わせていないのが実情です。
賛否両論はあると思いますが、当選すれば一期(4年間)自身が取り組みたい施策や問題を推進できるようにしていただきたいものです。
そうすれば少しは良いまちになると確信しています。
posted by たつの市の未来を考える会 at 20:13| Comment(2) | TrackBack(0) | たつの市議会特集
この記事へのコメント
そうですね!
少なくとも公約とすることは1期四年の間に行う努力は遣るべきです。
行政のチェック機構と言われる議員さんも居られますが、市民が議員をチェックするべきですね。
何もしないと言われる議員の多いこと!
Posted by at 2022年03月14日 22:29
公約をしっかり伝えて選挙戦を戦いたいですね!
例えば我が町のシンボルでもあり50年からの歴史を持つ赤とん荘ですがこの施設だけは存続してまいりたいと公約にしたいほどです。
現職の方々は何ら関心が無いのか問題が湧きませんね?
解体等とか言われてますが代替え案をしっかり定義して一緒にブロガー様赤とんぼ再建やりましょうよ!
Posted by at 2022年03月19日 18:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189393528

この記事へのトラックバック
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。