2022年02月07日

また一人

また一人、今期で市議会議員を勇退される方がいると小耳に挟みました。
その議員といいますと、地元の票田は盤石と言われています内匠勇人市議とのことです。
話によりますと、体調が思わしくないのか苦渋の決断で次期市議選は見送られることにされたのでしょう。
以前、内匠市議に「落とせるものなら落としてみろ」と言われたことがありましたが、まだまだお若いのに不出馬とはとても残念なことです。
71歳定年制紳士協定を履行するとされる柳生・横田、両市議と共に当会ブログにも登場していただいたこともあり、また、つい最近まで赤とんぼ荘についてお話をさせていただいてたり、他の地区より人口の多い小宅地区の住民の声を反映させていただける唯一の市議でしたのでとても惜しいく感じるひとりです
そのような諸事情もあって、小宅地区に落下傘として立憲民主党から立候補を予定されている方がおられるのでしょうか。

posted by たつの市の未来を考える会 at 15:00| Comment(4) | TrackBack(0) | たつの市議会特集
この記事へのコメント
桑野元澄議員に聞かせてやりたいわ!
紳士協定を守らないものいれば体調不慮で勇退?
素晴らしい
Posted by at 2022年02月07日 21:12
色んな所に問い合わせてみますと内匠議員は勇退されるそうてすね?
立憲からと、維新から一名づつ出られるそうてすね?中核都市でもないこの小さな町に党公認で出られるとは?
Posted by at 2022年02月08日 16:28
もう桑野議員に絞られましたね?
応援していると少しはずい気もしますね!
Posted by at 2022年02月09日 21:13
誰がコロナ?
Posted by at 2022年02月13日 01:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189321327

この記事へのトラックバック
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。