2022年02月04日

軒下貸して母屋とられる

龍野ライオンズクラブが市に寄付するデジタルサイネージ設置に伴う基礎工事が行われていたように見えました。
2m×3mの大型のようですが、結構大きなものです。
私も以前、龍野ライオンズクラブに所属していましたが、著名人の後援会を提案したところ、当時の会長から即、却下されました。
この度のデジタルサイネージも私が提案していたら却下されていたことでしょう。
奉仕の団体ですが、若造は使いパシリで重鎮の意見や提案が尊重されるような団体にも感じています。
龍野ライオンズクラブがスポンサーになり、主に後継者が会員となっている西播磨ライオンンズクラブは、中堅から若手経営者が多く、スポンサーになるときには賛否両論ありましたが、現在は、西播磨ライオンズクラブのほうが活気があるようです。
スポンサーになるならないという議論があったときに「軒下貸して母屋とられる」との意見もまんざらではないような気がいたします。
posted by たつの市の未来を考える会 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189314751

この記事へのトラックバック
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。