2022年01月28日

このような活動を始めた理由(1)

何故、私がこのような活動をはじめたといいますと、思い返すと20代半ばで事業を始め、龍野商工会議所と相談なりなどの関わりをもったときに、会員の為にある商工会議所が商工会議所の為の会員になっていることにとても違和感や疑問を持ったことから始まりました。
当時の会頭に直談判で会議所についてお話を聞いていただいたり、商工会議所の改選は3年に一度ありますが、これまで投票は一回も行われておらず、議員に立候補をして投票に持ち込もうとすれば「議員の席を空けておくので、投票に持ち込まないでくれ」と懇願される始末で、泣く泣く部会長の顔を立てて議員にはなったものの、部会での発言は何も受け付けていただけませんでした。数年間、商工会議所の議員を高額な会費を払ってまで務めさせていただきましたが、会議所の体質は一向に改善されませんでしたので、その後の立候補はいたしませんでした。
また、「こんにちはこんちゃん」のラジオパーソナリティの近藤光史氏に講演会をしてもらったりしました。
そういえば、思い出せば年末でしたので、私が講演会を主催するとなれば、商工会議所の職員すべて忘年会に行ってしまう始末でした。
それが、30代前半のことでした。
その後、このまちの経済をにない商工業を代表する議員の方々が、事なかれで超旧態依然としていることで、私のようなどこの馬の骨かわからないような者は排除され、このまちの商工業の発展は阻害されれるのではと危惧していました。
当時は、地場産業である「醤油」を代表する企業のトップが会頭を務められており、そちらの方向ばかり見ていれば良いというような風潮になっていました。しかし、近年ではもう一つの地場産業である「素麺」のトップが会頭になられ、少しは会議所の体質も変わるのだろうかと期待していましたが、残念なことですが旧態依然がつづいています。
若気の至りかもしれませんが、これが、私がこのような活動を始めたきっかけのひとつです。
posted by たつの市の未来を考える会 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 未来を考える会の想い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189299699

この記事へのトラックバック
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。