2022年01月22日

たつの市の問題(2)コメントのお願い

市議会議員の方々にアンケートをさせていただいた中で、旧龍野実業高等学校の跡地問題で、お答えいただいたいずれの市議の方々も元市長が先般の市長選で掲げていた大学誘致について「不可能」「現実的でない」とのことでした。
これも、皮革汚水対策費についての回答と同じで、ほとんどの市議が同様の考えだと察します。
何故にもこのように誰が考えてもこのまちの財政的に無理だと解っておきながら市長選の目玉に揚げたのか首を傾げるばかりです。。
不良を描いた映画「クローズ」の撮影にも使われた校舎ですが、現在は落書きが消され年々劣化が進んでいると思われます。
私は、落書きをしには行きませんでしたが、落書きを消しに数日間、親交のある仲間とボランティアで落書きを消しに行ってきました。
私の母校でもあり、何とかして有効利用をしていただきたいものですが、何をするにもハードルが高そうです。
兵庫県の所有ですが、取り壊すにしても利活用するにしても莫大な資金が必要となり、今後、国民宿舎赤とんぼ荘と同じような問題を抱えたままになるのでしょうか。
「以前のコメント」さんも皮革汚水問題をはじめ様々な問題に精通されているように思いますので、この龍野実業高校跡地問題についてどの様なお考えお持ちなのかコメントをしていただければ大変勉強になります。
何卒よろしくお願い申し上げます。
AWEZ7345.JPG

posted by たつの市の未来を考える会 at 18:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 未来を考える会の想い
この記事へのコメント
コメントさせていただきます。
まずはその廃校の建物はあと何年使える代物なのでしょうか?耐用年数は?手を加えることにより長寿命化は図れるのでしょうか?
もし耐震的にも使えないのなら、取り壊すしかないでしょうね。あと20年位は使えるのなら利用価値はあるのではないでしょうか。まず映画に使われた校舎となるとブランディングしやすいと思います。
そもそもこの市の問題は何なのでしょうか?私から見れば、日本の地方都市の多くが抱える人口流出が一番だと思います。人々が出て行く町に、大学誘致のように迎える政策ができるのかという不安から誘致などできっこないという意見が出るのだと思います。私もいきなり大学誘致は難しいと思います。資金が潤沢な学校法人が試験的に来るなら別ですが、現実的にたつの市を選ぶとも思えません。
しかし、廃校の跡地利用で、しかも撮影現場で、あの「クローズ」舞台だとどうでしょうか?クローズの漫画ファンで起業したい若者は全国にいくらでもいるんじゃないでしょうか?
もしあと20年位は使える建物ならば、私が首町なら無償で県から建物及び土地を譲ってもらう交渉をしますね。県としても負担が減るので、交渉次第では乗ってくるかもしれません。高校の跡地ということで、教室はオフィス利用できそうですし、フィットネスとして体育館、プールもあるのでしょうね。教室も5クラス×3学年プラス専門教室としても20はありそうですね。思いっきりクローズの舞台を再現して落書きしまくって、「オフィス鈴蘭」とか命名したらカッコいいですね。コロナ禍で一層ネット社会が進んだので、特にIT系だと場所を選びません。フリーランスから起業したい若者を安いテナント料で呼んでくれば、もしかして将来たつの市を代表するような企業が出来るかもしれませんね。アップルの創業者のジョブズも最初はガレージから始まったのだから可能性はありますよね。
それほどの価値がある事を何も知らない私でも想像できるのですから、利用方法は無限にあるように思います。
Posted by at 2022年01月22日 21:21
貴重なコメントありがとうございます。
その辺りも「以前のコメント」さんにお聞きしたいものです。
Posted by たつの市の未来を考える会 at 2022年01月23日 07:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189288018

この記事へのトラックバック
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。