2021年09月28日

つぎつぎと

今日、たつの市議会予算決算特別委員会、全員協議会を傍聴してきました。
予算決算特別委員会を傍聴していて気になったのは、経済建設分科会委員長の報告で、現在、工事が行われている竜野駅北側の整備工事ですが、工事が遅れているのは、用地買収やJRとの調整などが思うように進捗していないことなどが要因であるとのことでした。
そのことを聞いて思い出したのが、前市長の次期市長選に向けての(リーフレットにある竜野駅橋上化の実現へ)ですが、対話方式で若者から高齢者までとてもわかりやすく作成されており、リーフレットには如何にも私だったらもう完成していると言わんばかりに書かれていますが、本日の委員会終了後、誰が市長であれ完成時期は今後も変わらないとのことを委員長に確認をいたしました。
そうするとこの竜野駅周辺整備事業は見切り発車でのスタートだったのではと疑念を抱かざるを得ません。
これはあくまでも噂の域ですが、栗原氏が前回の選挙で敗れたことで、地権者が用地買収に応じないということを耳にしますが、栗原氏自身も多くの人が早期完成を望まれているのでしたら、自身の支援者である地権者を説得してでも早期完成を目指すのが、市民の命を預かる立場であった、またこれから復活しようとする人間の役割ではなかったのではないでしょうか。
この噂話が本当であったのであれば。。。そうでなければ栗原氏が整備事業を遅らせていると思われてしまうばかりか、仮に復活されても市政に混乱を招くことになりかねません。
また、栗原氏は、整備工事に絡みレストランを作ろうとしていたそうですが、私からすればJR側から建設費用は市に負担を強いられ財政的にもこの話は栗原市長時代から夢物語のような構想だったのではないかと思っています。
現職山本氏の以前のリーフレットにも「市役所前のゲートなんのため?」など栗原氏の失策を思わす表現をしていましたが、両候補予定者や後援会におかれましては、市民に誤解を招くようなことをせず、素晴らしい公約や実績なら市民に正々堂々と訴えて投票の判断材料としていただきたいものです。
最後に、全員協議会で傍聴席に座っていた私の斜め左前におられた横田勉市議のお医者さんが往診されるときに持たれるような頑丈なカバンが目についてしまいました。協議会の合間に横田市議と少し会話をしていただいた中では、紳士協定で次期市議選には出馬されないようなことを仰られていましたが、まだまだお元気そうなので少し残念にも思いました。
ついでに、そのカバンの中のもので市議会も治療してくださいとお願いをしておきました。
無題df.png



posted by たつの市の未来を考える会 at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 市長選特集(2)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189027248

この記事へのトラックバック
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。