2021年05月23日

責任を痛感しています

今朝の新聞折り込みに、くりはら一さんの次期市長選に向けてと思われるチラシが入っていました。
実現できれば素晴らしい政策だと思います。
しかし、旧龍野実業高校の跡地に大学誘致について『栗原さんが選挙で落選して、大学から「栗原さんとの信頼関係だから他の市長とはできません」と断られたんだよ』との話は、専門学校が無理難題を市に要求してきたので、誘致の話は決裂したとお聞きしていたのですが、私にも責任があるのでしょうか・・・
多くの市民に不評であったこの度の新庁舎建設で撤去された無駄で無意味だった駐車場ゲートのようなことにならないように、誰が首長になろうが市民の声が反映される市政を願っています。

posted by たつの市の未来を考える会 at 09:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 未来を考える会の想い
この記事へのコメント
私は人間がひねくれているせいなのか?これまでの栗原氏の行状のせいなのか?このチラシにはにわかに受け入れがたいと思ってます。4年前の現市長の公約のパクりと言われても仕方ない項目もあります。
ブログで特にあげている大学誘致にしても経緯を何人の人が知っているのでしょう?
アンダーテーブルの話がこのように衆目に晒すことは関心を示した大学側も承諾済みでしょうか?
このような事こそ「信頼関係が崩壊する。」と言うのではないでしょうか?
それにたつの市でも既に対応済みの事を公約とおぼしきチラシで市内に発信し、元市長として恥ずかしくないのでしょうか?
職員のアイデアを自分の手柄とする人間性は4年前、マスコミから逃げ回っていた当時と何ら変わってないと感じました。
パクりはあかんで〜
Posted by at 2021年05月25日 05:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188695433

この記事へのトラックバック
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。