2021年01月17日

松井先生!

 今朝の朝刊の折り込みチラシに入っていました。
以前の、「松明」からこのコロナ禍の中で政務活動費の支出するところが減り、立派な用紙に大きな紙面にバージョンアップしたみたいですね。
『あなたにも出来る予防』として
(外に出ては「マスク」と、見初めてごらん「距離感」、そして「しとやかさ」
(家にかえっては「手洗い」と、見上げてごらんの「うがい」、そして「しなやかさ」
毎度の松井氏の言動は、学のない私には理解不明のところが多々ありましたが、この度もとても「距離感」があるキャッチフレーズでしたが何の違和感も感じませんでした。早稲田大学卒の先生も、自粛期間中に考えて考え抜いてのことなのでしょう。
新型コロナウイルス感染症対策については、県内の感染の内訳、入院病床等の直近状況のデーターを示されていましたが、この度、兵庫県に2度目の「緊急事態宣言」が発令され、飲食店などの時短営業が要請されていますが、松井氏がデーターで示す感染経路別患者数には(R.2.11.1〜R.3.1/7)までの飲食店での感染者数は2.0%に過ぎていません。
紙面の中には「文責:松井重樹」とされていますので、このまち選出の県議会議員として、次の県議会でこの部分をしっかりと質問や議論に持ち込んで県民に事実や真実を明らかにしてください。
せっかく、政務活動費を支出してカラー印刷でお金をかけ立派な紙面ですが、虫眼鏡で見なければならないくらい小さな文字で、言わずとしていることがいまいち伝わらず残念でした。あくまでも、私見ですが・・・(できることなら、元県議に小遣いでもあげてやってもらえればと)
年末くらいにもう一人の県議の県政報告のチラシが折り込みされていましたが、2色刷りの自民党県連が作成したひな形を一部変更したような紙面でした。
両議員には。正に、本日26年目を迎えた阪神淡路大震災で多くの人が犠牲になったこの兵庫県の議員として、コロナウイルス感染症だけをとれば、この災害ともいえる有事において、次の選挙のことなど考えずに、県民の代表として、建前ではなく本心と行動で示していただきたく存じます。
IMG_0662.JPG
IMG_0663.JPG
posted by たつの市の未来を考える会 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 未来を考える会の想い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188317218

この記事へのトラックバック
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。