2020年12月20日

こうゆうことだったので

今日、御津町に行く用事がありました。
あぁ、この辺が、自分で言うのもなんですが温厚な私が一瞬にして頭に血がのぼると同時に腹が煮えくり返ったことがあった市議の自宅だなと。。。
それはと言いますと、この度、私が裁判所から、捏造をされた記事を新聞やブログを書かれていたことで損害賠償請求の認定やブログ記事削除の仮処分命令が決定されました事案の中のひとつでもあります平成30年に起きた西日本豪雨災害により姫路市林田町下伊勢の太陽光パネル崩落についての件でした。
忘れもしませんが、昨年の7月、新宮町で花火が上がっている最中、自治会から配布された議会だより「赤とんぼこみち」を自宅で読んでいたところ、肥塚康子議員の一般質問について添付されていた、件の太陽光パネル崩落現場の画像を少し加工した画像が一瞬目に焼き付き脳裏に上記の新聞やブログ記事が甦ってしまい、自分を制御することができず、たつの市議員名簿にある肥塚市議の連絡先に架電するも繋がらなかったので、内匠市議が会派長を務める創志会の市議に架電したところ無視をされた議員もいましたが、このまちで若手で有望とされる新宮町の木南裕樹市議と連絡がとれ、年に一度の新宮町の花火大会が終わり夜分遅くにもかかわらず、肥塚議員と一緒に自宅に来て下さったことがあります。家に上がっていただき、私がなぜこれまでに憤慨しているのかを数々の証拠資料を示しながら詳細を説明をしたところ、両議員も理解をしてくださったと感じたので、わざわざ自宅まで足を運んでくださったことを詫びその夜はひとまずは終わりにしました。
翌日、日曜日に昨夜のことを思い出していたところ、肥塚市議の一般質問の内容に少し疑義を感じましたが、経緯や現状を踏まえながら理解をしようと思い自分なりに納得させたことを思いだいました。
おそらく、両市議とも当ブログを見て下さっていることと存じますが、あの夜、お話させていただいた内容がこの度、裁判で認められことで心底からご理解をしていただいていることと思います、
また、当時、お話させていただいていた相手は、地方新聞の記者さんですが、「安全・安心まちづくり」を目指す当会を「偽善市民団体」とする記事は判決が下された途端に削除をされましたので、捏造記事であったことをご自身も認められたということだと思っています。
裁判所が不法であると認定された判決やブログ削除仮処分命令が決定された西日本豪雨による太陽光パネル崩落などの記事が現在も削除されず損害や被害は長年にわたり続いていますが、肥塚市議におかれましてはどうか、あの時の私の気持ちをご理解をしていただき、誤解をされませんようにお詫びかたがたお願い申し上げます。
また、市民の中にはこのような問題で泣き寝入りをせざる得ないのが現状だと人権推進課からもお聞きしています。女性議員という立場でこのようなネットやSNSなどの被害をせめてこのまちだけも撲滅させるためにも今後の議員活動に取り組んでいただけることを願っています。
最後に、木南市議におかれましては、地元のイベントで忙しい最中において、一市民の問題に耳を傾けていただいたことに感謝いたしていますと同時に、子育て世代の議員として上記の問題について市議会としても取り組んでいたでければ幸いです。
posted by たつの市の未来を考える会 at 20:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 未来を考える会の想い
この記事へのコメント
「偽善市民団体」との記事は確か貴会が傀儡市長を作る為に山本市長を応援したといった内容だったと記憶してますが逆だったのですね。栗原氏が落選した結果、山本市長が誕生したのですね。
Posted by at 2020年12月21日 06:07
それは市職員が一番よくお解りだと思います。
公平・公正を目指すものとして。
Posted by たつの市の未来を考える会 at 2020年12月21日 07:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188236076

この記事へのトラックバック
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。