2020年11月18日

昔の旦那衆なら

 今晩、たつの市立中央公民館で廃止されようとする赤とんぼ荘の在り方についての意見交換会が開かれました。
私は、この交換会に参加させていただこうと思っていましたが、都合がつきませんでので参加した住民のかたにお話を会議の終了後にお聞きしたところ、会場には約100名ほどが参加され、高齢者の体操施設や災害時の避難施設にしてはどうかという意見が出されたそうですが、建設的な意見は出なかったようです。
地場産業である醤油・素麺・皮革業界が一致団結して存続を本気で考えていたのなら廃止とはならなかったのかも知れませんが、皆、自分のところで精一杯で一肌脱ぐ企業もなく結果的に見切られた形になったのでしょう。。。
過去に、国民宿舎抜本改革委員会として国民宿舎にあり方について参加させていただいた私からすれば、商工会議所や商工会の会員企業様から特典付きで、年間20,000円くらいの会員権や出資を募れば何とか存続は維持されるのではと考えます。
まぁ、出すことはせずたとえ一円でも貰うことばかり考える人たちには理解できないと思いますが・・・



posted by たつの市の未来を考える会 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 未来を考える会の想い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188137092

この記事へのトラックバック
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。