2020年08月03日

君子豹変す

 今日、とあるブログ記事を拝見しました。
題名は兵庫県議(実名)が議会後にコロナウイルス感染判明というものでした。
記事には「国民の代弁者として新型コロナウイルスに感染することが不名誉なことであり・・・推測できる。」とあり、議員の妻も感染が判明しているとのことが書かれていました。
現在、世界中の誰しもが感染のリスクを背負いながら生活をしている中で、議員がコロナウイルスに感染してしまうことが不名誉なことなのでしょうか?
だから、国家危機ともいえるこの時期に政府も国会を開かないのも、そのような「不名誉」とされることを恐れてなのでしょうか。万が一そうであるならばすでにこの国は終わっていますし、私はそんな国を信用しません。
コロナ禍において感染のリスクと日々必死で戦っているすべての国民をはじめ医療従事者がコロナウイルスに感染すれば不名誉?
警察官・検察官、裁判官が感染すれば不名誉?そんなバカなことがあるかと、いてもたってもいられず記事を書いています。
私の周りにも高齢の親をはじめ感染すれば重症化するとされる方がいますが極力感染リスクを回避しながら生活を送っていますし、そのブログ主も同じような生活環境にあると思います。
確かに、新聞やマスコミの報道をみていますと、このコロナウイルス感染症はまだまだ未知なことだらけですが、私が恐れているのはコロナウイルスで死亡したとき、されたときに普通のお別れができないことと、感染者やその家族・濃厚接触者などの風評被害や偏見・差別など悲しい二次被害がでることです。
前記のブログ主は、同和問題を題材にした人権映画の製作ににも関わっておられたり兵庫県のPTA協議会の世話役などもされているようですし、ブログでは「日本いのちの電話連盟」「生命尊厳センター」のホームページがリンクされています。
私は、これまで生きてきた中で多くの人にご迷惑やご心配をかけてきたことを詫びても詫びきれませんが、今は自分のことで精一杯かもしれませんが、この先少しでも人の為に生きれればなと思います。
今は様々な経験をさせていただいたことで、遅かれ少しは人の痛みというものも身に染みて分かるような人間にもなったような気もします。
このブログ主も人としての心があるのであれば今日のブログは削除されたほうがよろしいかと存じます。
posted by たつの市の未来を考える会 at 20:23| Comment(2) | 未来を考える会の想い
この記事へのコメント
明日は我が身。
記事を削除しないのであればブログ主も新型コロナに感染したときには自身のブログに自身の実名と感染経路を公開する公平性と覚悟を持っていることでしょう。
Posted by at 2020年08月04日 00:07
記者として不特定多数の人を取材する立場や感染リスクのアルバイトをしておられるならば、感染した人の気持ちは痛感されていると思い記事にさせていただきました。
Posted by たつの市の未来を考える会 at 2020年08月04日 05:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。