2020年06月26日

勇気ある行動に敬意を

【本日の神戸新聞朝刊より】
昨日のたつの市議会定例会最終日で、野本市議の辞職勧告決議案が提案されたとのことです。
勧告案は否決され、同時に議長不信任案も提出されましたが、これも否決されたそうです。
下記の新聞記事ですが、男性がマッサージといっても嫌がる女性がセクハラと感じれば、れっきとしたセクハラであり、男性が「いやもいやも好きのうち」と女性軽視をしたハラスメントではないでしょうか。
議員も視察のあとの懇親会も交流を深めるという部分では良いこととは思いますが、お酒が入り、「僕の好きな髪形だよ」と言っただけでセクハラ行為となるご時世に、カラオケ店でどのように足つぼマッサージをしたのか想像してしまいます。
おそらく、市議会では当時の女性が受けたとされる行為の詳細が報告されていると思いますので、その事実関係を調査したうえで、否決した市議の意見も聞いてみたいと思います。

IMG_E0149.JPG
posted by たつの市の未来を考える会 at 11:02| Comment(1) | たつの市議会
この記事へのコメント
足フェチ野本議員のおかげで朝からたつの市民として大変恥ずかしい思いをしました。
残念極まりなし。
予予、そのような噂は耳にしてましたが「あぁ、やっぱり・・」と違和感なく、微睡んだ気持ちでした。
ただ、開き直りともとれる「司法の場で・・」は頂けません。
Posted by at 2020年06月26日 17:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。