2020年06月14日

あと数か月で

 新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言が解除されましたが、他国ではまだまだ深刻な事態がつづいているようです。
また、東京では緊急事態宣言が解除された後に毎日のように新規感染者が増え続けています。
一日もはやいワクチンなどのが開発され、普通のインフルエンザと同様の風邪とされるようになることを願っています。
毎年、流行するインフルエンザもこの度の新型コロナウイルス感染症と同じ対処方法で感染者も少なくなるとは思いますが、改めてこの度人類が経験した、また、これからも経験するであろうこの脅威に備えなければならないことにストレスや憂鬱を感じてしまいます。
ポジティブに考えてと言われても、これだけ毎日のようにメディアで何か月も不安をあおるような報道やワイドショー続けばネガティブになっても仕方がないのかも知れません。
梅雨が明けてウキウキする夏を迎えても、今年はレジャーやイベントなどが自粛ムードがつづき、数か月先の秋口くらいには風邪の症状を訴える方も多くなることを考えれば、新型コロナウイルス感染症なのかそれとも只の風邪なのかパニックになることを想定しておかなければならないでしょう。
また、毎年、各地で発生している自然災害なども新型コロナウイルスを見越しての対策を迫られることは必至です。
感染症の専門家ですら意見が分かれるこの新型コロナウイルス感染症であり人類の歴史に残るとも言っても過言ではないこの事態が多くの犠牲やワクチン開発により、普通の風邪とされる日を新しい生活様式を実践しながら待ち望むしかないのでしょうか。。

posted by たつの市の未来を考える会 at 19:56| Comment(0) | 未来を考える会の想い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。