2020年02月25日

議会より実効性が

 私も過去に委嘱されていたことがある行財政改革委員会の委員ですが、今年度は公募委員の意見や発言で市議会より機能しているように感じます。
社会福祉協議会運営の補助金に関しては、各事業に対する収支状況、補助金の充当先が不明などとの指摘で、来年度は1,005万円の減額とされています。
また、前市長の肝入りで建設された中央給食センターでは、エコの象徴とされたされました高額なバイオマスボイラーや散水用雨水タンクが設置されましたが、当初から非効率な運用となっている現状を踏まえ、新たに建設が計画されている新給食センター(仮称、北学校給食センター)では、市役所本庁に設置された駐車場ゲートに象徴される無駄のない事業が実施されるとのことです。
年に2度しか開催されない表面的な委員会において、これだけの無駄を削減できることが証明されたと思います。
市議や各団体の長も宛て職として委員になられたいましたが、意見や疑問があっても発言もせずに時給2500円は高いのか安いのでしょうか。
posted by たつの市の未来を考える会 at 18:48| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。