2020年02月21日

すこしでも

令和元年度(幼稚園・保育所・認定こども園等)保育料軽減事業
たつの市と兵庫県では、子育てしやすい環境づくりを推進するため、利用者負担額(保育料)の一部を補助する保育料軽減制度を実施しています。

令和元年10月分から軽減対象者が拡充され、新たに第1子が追加されました。また、10月以降の3歳未満児の補助基準額が増額になりました。

ひょうご保育料軽減制度のご案内(PDF:367KB)
補助対象世帯
市内にお住まいで、次の要件をすべて満たす世帯の子どもの利用者負担額(保育料)が対象です。

1.お子さんが保育所、認定こども園に入所中の世帯。なお、4月〜9月については、第2子以降のお子さんが、保育所、認定こども園又は幼稚園を利用している世帯
2.次の所得要件を満たす世帯
所得要件(4月〜9月)
教育(1号)認定:市町民税所得割額が169,000円未満の世帯
保育(2、3号)認定:市町民税所得割額が155,500円未満の世帯(ひとり親世帯等については169,000円未満)

※4月から8月は平成30年度の市町民税所得割額、9月は令和元年度の市町民税所得割額となります。

国の規定に基づき、複数の子どもがいることによる軽減措置を受けている子どもは対象外です。(例:きょうだいで保育所、認定こども園又は幼稚園を利用し、2人目は利用者負担額(保育料)が半額、3人目以降は無料等)
所得要件(10月〜3月)
第1子の保育(3号)認定:市町民税所得割額が57,700円未満の世帯
第2子以降の保育(3号)認定:市町民税所得割額が155,500円未満の世帯(ひとり親世帯等については169,000円未満)

国の規定に基づき、複数の子どもがいることによる軽減措置を受けている子どもは対象外です。(例:きょうだいで保育所又は認定こども園を利用し、2人目は利用者負担額(保育料)が半額、3人目以降は無料等)
令和元年10月からの幼児教育・保育の無償化に伴い、3歳以上児については、10月以降、補助対象外となります。
補助額
月額5,000円を超える利用者負担額(保育料)に対して、次の額を上限に補助します。

補助限度額(4月〜9月)
第2子:3歳未満児6,000円、3歳以上児4,500円
第3子以降:3歳未満児7,000円、3歳以上児5,500円
補助限度額(10月〜3月)
第1子:3歳未満児10,000円
第2子以降:3歳未満児15,000円
※ただし、10月以降は、利用者負担額(保育料)の1/2と上記の補助額のいずれか低い方が補助限度額となります。

申請方法
事業の詳細や申請については、各保育所、認定こども園又は幼稚園等を通じて別途、対象者にお知らせします。その他、補助の対象要件を満たし、申請をされる方は、以下の書類を作成し、利用中の各施設、たつの市教育委員会事務局教育管理部幼児教育課又は各総合支所地域振興課に提出してください。

ひょうご保育料軽減事業に関する申請書(PDF:138KB)
ひょうご保育料軽減事業に関する申請書(ワード:25KB)
就学等で兄姉が世帯と別に居住している場合は、裏面の申立書に理由等を記入してください。

問い合わせ先
申請に関する問い合わせ
たつの市教育委員会事務局教育管理部幼児教育課(電話0791-64-3222)

制度に関する問い合わせ
兵庫県健康福祉部少子高齢局こども政策課こども企画班(電話078-341-7711、内線2870)

受付時間:平日午前9時〜正午及び午後1時〜午後5時30分

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ
所属課室:教育管理部幼児教育課

住所:たつの市龍野町富永1005-1

電話番号:0791-64-3222

FAX番号:0791-63-2594

お問い合わせフォーム
posted by たつの市の未来を考える会 at 18:36| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。