2019年11月10日

このまちの見どころのひとつです

龍野公園:聚遠亭
聚遠亭もみじライトアップのお知らせ
城下町龍野にある聚遠亭のもみじのライトアップを行います。真っ赤に染まったもみじが心字池に浮かぶ姿など、風情豊かな聚遠亭の幻想的な魅力を満喫することができます。さらに、園内や小路に竹灯籠を設置するなど、例年よりバージョンアップし、より神秘的な雰囲気を楽しんでいただけます。
期間:令和元年11月11日(月曜日)〜11月24日(日曜日)
時間:17時30分〜21時
※紅葉にあわせて前後する場合があります。変更については、市のホームページでお知らせします。
※期間中は、通常休館日の月曜(11月11日、11月18日)についても、開館しています。
イベント
令和元年11月23日(土曜日)16時〜18時には、お茶席(お抹茶とお菓子)を用意しております。
※先着100名に無料配布!

※写真は過去に撮影したものです。
地図

聚遠亭(しゅうえんてい)
聚遠亭は、前庭からの展望絶景をたたえて「聚遠亭」という名が付きました。
「茶室」は、安政年間(1854〜1859)龍野藩主脇坂安宅公が京都所司代の職にあって御所が炎上した際、その復興に功績があったので、孝明天皇から茶室を賜り、心字池上に浮堂として移築したものといい伝えられ、庭園、池、杉垣などと調和し、桃山時代の書院造を模した風雅な数寄屋風の建築物です。
「楽庵」は、昭和58年ヒガシマル醤油株式会社の寄贈により利休居士十五世裏千家鵬雲斎千宗室御家元の御指導と御命名を頂き完成しました。間取りは八畳、六畳の広間と四畳の鞘の間を持つ本格的な広間の茶室です。
「御涼所(おすずみしょ)」は、藩主脇坂家の御涼所で質素勤倹の風のなかにも雅味のある接客、居住部門などの間取りや、意匠と構造に特徴があり、また床下の抜け穴等にも当時の面影を残しています。
茶室前の池のほとりには、龍野が生んだ詩人、三木露風の「ふるさとの」詩碑や、井原西鶴の句碑等が建っています。
茶室(浮堂)
楽庵
御涼所(別館)




入場料:無料
休館日:毎月曜日(月曜祝日の場合は翌日)及び年末年始(12月29日から1月3日まで)
開館時間:午前9時から午後4時30分まで
使用:建物(茶室・楽庵・御涼所)内を利用される場合は、事前に聚遠亭使用許可申請が必要です。申し込みについては、たつの市都市計画課(0791-64-3164)まで。【建物内、飲食・飲酒禁止】
お茶席:一服300円(楽庵ボランティアによる)。毎週土曜・日曜(1月・8月を除く、臨時休あり)。
聚遠亭所在地:たつの市龍野町中霞城6
聚遠亭電話番号:0791-62-2058
聚遠亭内配置図
聚遠亭配置図(PDF:252KB)
使用許可申請書
聚遠亭使用許可申請書
使用料
区分
午前9時から
正午まで
午後1時から
午後4時30分まで
午前9時から
午後4時30分まで
御涼所1号室(30帖)
3,000円
3,300円
6,300円
御涼所2号室(12帖)
1,500円
1,700円
3,200円
茶室
3,000円
3,300円
6,300円
楽庵
2,300円
2,500円
4,800円
冷暖房料金
使用料の5割相当額(楽庵のみ)
聚遠亭使用料
禁止行為
建物、庭園等を損傷し、備品等を汚損すること。
許可なく物品の販売その他これに類する営利行為をすること。
許可なく印刷物、ポスター等を配布し、又は掲示すること。
他人に迷惑を及ぼす行為をすること。
許可なく、池の鯉にエサをあたえること。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
お問い合わせ
所属課室:都市政策部都市計画課 
住所:たつの市龍野町富永1005-1
電話番号:0791-64-3163
FAX番号:0791-63-2594
posted by たつの市の未来を考える会 at 17:38| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。