2019年11月01日

公募を期待しています

先日のブログ記事にさせたもらっていました「国民宿舎、赤とんぼ荘・志ンぐ荘」の指定管理者に関して結局、公募が無く要件を緩和したうえで再公募をした件について思いを綴らさせていただきます。
この件は、先日、開催されました行政改革委員会でも報告や意見聴収を傍聴したので真実を記事にさせていただきます。
行政改革委員会の委員の方からは、そもそも、国民宿舎が一部上場会社に指定管理者に選定された経緯には、していたのはやはり、私が以前から耳にしていたとおり一部上場会社が指定管理をしても黒字化できないということで、廃荘に持ち込もうとの思惑があったのではないかという疑義がありました。
しかし、先日、この企業はホテル業界では日本国内でナンバーワンの業績を誇ったとの新聞記事が掲載されていました。
現たつの山本市政が前栗原市政と比較し、良し悪しということを私は現在のところ判断できないところもありますが、私が生理的に受け付けなかった前栗原市政を顧みると既得権益ありきの市政ではなかったかと思います。
私も、前栗原市長を徹底して叩いたことが幸いか不幸かは分かりませんが、現在も無事にこのまちで暮らせています。
強いて言わせてもらえるのであれば、もう少し市議の先生方も市民の幸福のために働いていただきたいものです。
おそらく、市議の支援者や関係者、本人すらも何のために議員をしているのだろうかという日々を過ごしているのではないでしょうか。。。
当選最下位クラスの先生でも次期県議選で当選もあるかも・・・
posted by たつの市の未来を考える会 at 20:52| Comment(0) | 未来を考える会の想い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。