2019年10月10日

勿忘草

今日の午前、飼っているZERO君の餌をにホームセンターに買いに行きました。
秋野菜植えのシーズンではありましたが、買い物客はとても少なくなっていました。
このまちも高齢化に伴い、農作物を栽培される方が減少しているかなとつくづく感じました。
農植物の種を観ていると以前から探してしました「勿忘草」の種がありました。購入しようかと思いましたが、もう少し種の気持ちになってから購入しようとドックフードだけを購入しました。
埴物に限らず、種から育てるということは大変な苦労や葛藤があるのは避けられない現実なのですね。。
今年は例年にくらべて雑草の成長に悩まされた農家をはじめたくさんの方がおられたと思いますが、私たちが人間が生存できているのも二酸化炭素を生命の糧として吸収しながら酸素を私たちの生命の源となる酸素を供給している植物のお陰なのですね。
雑草が地球環境保全のために役に立っているのは分かりながら、厄介もの扱いをされる雑草を刈っている自分が人間という生き物だと感じてしまいます。
この世に、生まれてきたからには皆、笑顔で日々を送れるようにできればと思います。
私も幼少期には、いじめ、いじめられ側にたってたと思いますが、この歳になるまで色々な経験を踏まえ顧みる反省を含め、他人の役に立てればと思っています。
「勿忘草」とは関係ありませんが、このまちに埋もれないように前進できればとだけです。
posted by たつの市の未来を考える会 at 21:00| Comment(0) | 未来を考える会の想い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。