2019年09月07日

毎日のように

 ここ数年、毎日のようにテレビや新聞で報道されます「オレオレ詐欺」をはじめとする特殊サギが後を絶ちません。
多くの若者が簡略的な考えにより、結果的に犯罪に加担してしまっているケースもまれではなく、言葉巧みにあらゆる手法を用いて犯罪の片棒を担ぐこととなり高齢者などから騙し取ったお金の多くは暴力団にながれているとのことです。
このまちで最近起きた事件では、30歳代の建設会社の男性が事務所にFAX送信された事業資金申し込みにFAXを返信したところ、2回にわたり多額の手数料を騙し取られらと新聞記事に載っていました。
最近では、弁護士を名乗ったり警察官などの世間一般的には信用がある職種の人物を装って、お金を騙し取るという全く、どうしょうもない事件も各地で発生しています。
恐らく、警察官の殆どは与えられた職責を全うするために日々正義感に燃えて業務にあたっておられるとは思いますが、私が経験し、見てきた警察官は懲戒されてもおかしくない人物も、少なからずいました。
私の関係する会社や応援をして下さっている方々や私の関係する方々の名誉のためにも書かせていただきますが、このたびの、私に対する告発事件は仕組まれていた可能性が非常に高く、県民の信頼を踏みにじるかのような背景が浮かび上がっています。
現在、私が逆に刑事・民事で法的措置をとっているにも関わらず業務妨害や名誉棄損が未だに損害を与え続けている被告人・被告訴人に対して、兵庫県警たつの署がどれだけ私の時と同様に、公正・公平に捜査していただけることを見守ってゆきたいと思います。
被害を被っている者がいるのは被害を与えている者がいるのであり、逮捕されてもおかしくない事件でもあります。また、意図的にSNSで拡散を煽った者も捜査対象になることでしょうし、本件が、企業恐喝的な手法による被害を世間に知らしめるためにも兵庫県警は本腰を入れてくれると信じています。
この度の経験で知ったことは、警察も興味本位ではないと思いますが、隅々まで着信履歴やメールなど事件に関係する人物のブログやSNS閲覧しているみたいですし、あらゆる視点から個人情報まで監視しているように感じました。
確かに、違法捜査や不当捜査も多々見受けられましたが、それはそれで今後、考えたいと思いますし、「前池問題」についても捜査をするとのことも当時の捜査班長も約束をしていただいています。
当局も、当会のブログ記事も見て下さっている思いますので、過去に泣き寝入りをしていた多くのの被害者の方々、今後被害に遭うかもしれない人々のためにも、警察官という階級制社会によるパワハラ、モラハラ、時にはセクハラも受けながらも住民の一番の安心・安全を確保しなければならない警察官としての使命を果たしていただくことをとても期待しています。
この度は、特殊詐欺事件が後を絶たない昨今の思いを記事にさせていただきました。
ついでではありますが、龍野町島田の銃弾の件もしっかりと捜査をしてあげてください。
まあ、件の当人は窓ガラスを直してもらえれば良いとのことですが、私とすれば銃弾も男性も的外れでしかありませんが・・・。また、先日のその男性からのお電話では未だに被害届を出されておられないようですし、発砲があったら日から来月で6か月になるみたいです。助言をしてあげたいことも多々ありますが、今は、たつの署には現在、私が刑事告訴をしていることに専念していただくためにも助言は控えておきます。
そのうち、全ての真相や真実が明らかにできる日がくると思いますので・・・
posted by たつの市の未来を考える会 at 19:13| Comment(0) | 未来を考える会の想い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。