2019年08月07日

さすが政治家

 今日のマスメディアでは、小泉進次郎衆議院議員の官邸での入籍報告の話題で持ちきりでした。
結婚も妊娠も、おめでたいことですし、本当に幸せになっていただきたいと思います。
しかし、どうしても腑に落ちないのは何故、お相手の滝川クリステルさんの妊娠5か月のタイミングなのかと感じてしまいます。小泉議員は、会見で、「この政治バカの私が、クリステルさんといると政治という戦場から離れることができて、自分自身がもたれかかって、寄りかかっていいような、そういう無防備な自分に。政治家・小泉進次郎から人間・小泉進次郎にさせてくれる。そんな存在だったところも私にとっては大きなところです」小泉氏は「昨年からお付き合いしていた。自然な形で結婚の報告と妊娠の発表ができてうれしく思っている」と語った。結婚の決め手を聞かれ「よろいを着たままという環境が続いてきたが、不思議と彼女といるとよろいを脱いでいいんだなと思えた」と話しましたが、お付き合いが始まったころは警戒心を持ちながら・・・ということを仰られているのでしょう。テレビのワイドショーも吉本興行問題で、スポンサー企業などの今後の影響も危惧していたところのこのところのグットタイミングな話題になったと思います。小泉議員は、「いつ結婚するんだ」「はやく嫁もらえ」「いい歳なんだから…」などと地元でも、国会でも、全国でも言われてきた私ですが、この度、結婚することをご報告致します。と、少子化問題の一番の要因である、多くの同世代が思い悩んでいることを思っているかは分かりませんが、自身のブログでそのように綴っています。
私個人的に思うことですが、小泉議員もお相手の滝川氏に対して「鎧を脱いでいいんだな」と思った時点で、交際を公表すべきではなかったのかと思います。それが、今後、この国の代表に有力視をされている人間が、今日突然、公表されたことにとても違和感和を感じています。
勝手な憶測ではありますが、今年の10月には消費税が現在の8%とから10%に増税されます。また安倍首相が念願の憲法改正もあります。
私は、正直、どちらにも特にいって興味がありませんが、出来ることならば、後世が先人により負担や理不尽な争いごとに巻き込まれないことを願いだけです。
それは政治に託すことしかありません。
この度の参議院議員選挙では井戸兵庫県知事を筆頭に地元に駆けつけ応援した地元出身の丸山和也元参議院議員も比例区で落選をしましたが、それも有権者の判断でしょう。
今日の会見で小泉進次郎議員が言っていたように「政治家としての父親(小泉純一郎)」にはなりたくはない「父親としての小泉純一郎のようになりたい」ということが、全てをものが
posted by たつの市の未来を考える会 at 21:26| Comment(0) | 未来を考える会の想い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。