2019年07月23日

「赤とんぼ」名乗るのは

ここ最近、マスメディアでは、吉本芸能の話題で盛沢山です。
この時ばかりに、Twitterなどで日頃の恨みつらみを綴る所属芸人や他の芸人が後を絶ちません。
確かに、言っていることは間違いではないと思いますが、上場企業の社長を承認しているは所属芸人ではなく株主の総意なのではないかと思います。現在、所属芸人が闇営業で反社から金銭を授受したことで世間を騒がし、株主総会で承認された代表者が窮地に立たされています。
芸人も、今になって我も我もとギャラが安いとか言って批判するのであれば、他社の芸能プロダクションに所属して活動をすればと思いますが、「お笑い吉本ブランド」の世界では一筋縄にゆかないのでしょう。きっと・・・
本日、夕方の報道番組で、吉本新喜劇の池のめだか氏に対するインタビューで、「吉本に言いたいことは背を伸ばすことを考えてほしい」?とのようなことをみて大笑いしましたが、勝手な解釈かもしれませんが、その言葉の奥にはもっと深い意味があるのかもしれません。
闇営業などその業界では当然のことのように行われていたのかも知れませんが、そのうち、マスメディアもきっと触れなくなるでしょう。。「男!山根」や「元県議野々村竜太郎」のように。
その部分を明白に報道しないマスメディアもいかがなもんだと思いますが、個々、様々な思惑があってのこととは重々理解をしますし、先日の参議院議員選挙で惜しくも落選した元参議院議員も人気が絶頂期にあるときに吉本から出した歌もお金にはならなかったみたいです。
人の噂も七十五日ということわざがあるように、そのうち忘れ去られるということもありますが、このネット社会ではいつまでも捏造された情報がアップされ拡散され、名誉棄損・業務妨害をしてしまうという弊害が生じてしまうのもこのネット社会の実情なのでしょう。 
 今朝、龍野町島田の男性から電話があり、その男性の奥様が、あるブログみて興味を抱きブログ開設者に連絡をしたい旨をお聞きしました。
私は「今は関知できません」とのご返事をさせていただきましたが、そのブログで早速、過去の「狩猟事故」の記事が今日のブログランクにランクインされていました。
今晩も、一歩間違えれば命が奪われた大きな事件なのでその男性にお電話をさせいていただいたところ、電話中、共産党の元市議や弁護士と協議しているとのことでした。
私としても、住民の安全・安心のためにこのような事件が本当であるならしっかりと、捜査していただきたいと思いますし、たつの警察も捜査を尽くしていただけると信じています。
私の勝手な思い込みかもしれませんが、森友・加計問題のようにうやむやにされるのが関の山であり、その男性が以前、相談した市議会議長経験者でもある元市議の言うとうり、マスコミに告発するのが一番かもしれれません。
このまちには「赤とんぼ」と名乗のり名誉棄損・業務妨害をしたてる人物がいるらしく、「赤とんぼ」が捜査対象になるのは必至でしょう。
赤とんぼを筆頭に「童謡の里」の名を汚さない目にも来月9月に、毎年恒例バイク好きが集結する「赤とんぼバイクミーティング」で「虚誕赤とんぼ」を捕獲していただきたいものです。
posted by たつの市の未来を考える会 at 21:00| Comment(0) | 未来を考える会の想い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。