2018年09月27日

災害の少ないまちですが万全に


台風24号 土曜に沖縄、日曜以降に日本列島縦断も


top

【2018/09/27 06:05 ウェザーニュース】から転載

大型の台風24号は、27日(木)3時現在、沖縄の南の海上にあって、北にゆっくりと進んでいます。
中心気圧は950hPa、中心付近の最大風速は45m/sで非常に強い勢力です。

同じところに停滞し、周辺の海面水温がやや下がったことで、やや勢力を弱めています。

 


▼台風24号 9月27日(木) 3時現在
 存在地域   沖縄の南
 大きさ階級  大型
 強さ階級   非常に強い
 移動     北 ゆっくり
 中心気圧   950 hPa
 最大風速   45 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 60 m/s
>>最新の台風情報

沖縄は影響が長く続くおそれ

box1 海面水温(25日(火)時点)
台風24号は、28日(金)頃から北西へ再び移動を始めます。
海面水温の高いエリアに移動することで再び勢力を強め、中心付近の最大風速が50m/sに達する見込みです。

29日(土)には、非常に強い勢力で南西諸島を通過する予想です。
この段階でも台風の動きが時速15km〜20kmほどと遅く、コースによっては長時間、暴風雨に見舞われることがありうるため、食料の備蓄などを早めに済ませてください。

日曜以降は日本列島を縦断か

box3
東シナ海に抜けた後は東寄りに進路を変えながら速度を上げ、30日(日)から10月1日(月)にかけて日本列島を縦断するおそれがあります。

東シナ海も海面水温が高いため、接近時もあまり勢力は衰えず、影響範囲は九州から北海道のほぼ全域に及ぶことが懸念されます。
大型で強風域が広く、通過時のスピードが速いため、進路から離れたエリアでも雨や風が強まるおそれがあるので、油断は禁物です。

まだ、台風のコースや接近タイミングの予想に幅があるため、最新の情報を確認しつつ、早め早めの対策をお願いします。
>>3つの気象機関による詳しい進路予想と影響予測

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。
台風24号のチャーミー(Trami)は、ベトナムが提案した名称で、バラ科の花の名前です。

 

気象予報士による動画解説

※24時間生放送の天気予報専門番組「ウェザーニュースLiVE」より
posted by たつの市の未来を考える会 at 08:55| Comment(0) | お知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。