2018年03月19日

夢に向かって


2018/3/19 11:06神戸新聞NEXTより
合格、不合格にとらわれず今後の人生に向かっても一生懸命頑張って下さいね。

       

           
            
掲示板に自分の番号を見つけ喜ぶ受験生=19日午前、神戸市灘区城の下通1、神戸高校(撮影・後藤亮平)

 兵庫県内の公立高校で19日、2018年度一般入試の合格発表があった。各校では、合格通知を手にした受験生が友人らと喜びを分かち合い、春からの高校生活に向け、期待に胸を膨らませた。

 一般入試は今月12日(総合学科の実技検査は13日)にあり、全日制は2万5972人(平均倍率1・10倍)、定時制は897人(同0・58倍)がそれぞれ受験した。

 320人の定員に対し354人が受験した神戸市灘区の県立神戸高校では午前10時、校舎内の食堂に合格者の受験番号が掲示された。受験生は自分の番号を見つけ、合格通知書を受け取ると、歓声を上げたり、友人と抱き合ったりして、喜びをかみしめていた。

 同校に合格した神戸市立本山南中学校3年の男子生徒(15)は、合格通知を受け取った後、無料通信アプリLINE(ライン)で親に報告。「努力が実ってうれしい。部活も勉強も頑張りたい。まずは兵庫高校との定期戦が楽しみです」と目を輝かせた。(井上 駿)

posted by たつの市の未来を考える会 at 12:34| Comment(1) | 未来を考える会の想い
この記事へのコメント
全く同感です。
若さは無限大の可能性を秘めています。足元をしっかり見つめ、若鮎の如く夢に向かって激流を遡上して下さい。若さは羨ましい限りです。
Posted by at 2018年03月20日 06:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。