2018年03月14日

お隣も一緒に

 空席になっていますたつの市副市長に、山本市長は、現在、市総務部長の井上彰悟氏(59)を起用する方針を市会に伝えたそうです。
市長就任以来、副市長人事について様々な憶測が飛んでいましたが、市民からすれば以前ようなポチより、しっかりとした番犬の方が、市職員や市長の為、市の為にも一番良かったのではないかと感じています。
何より、井上氏は市民目線で善し悪しを考える方だと存じ上げていますが、副市長になられてもその精神はしっかりと貫き通していただきたいものです。
聞くところによりますと、前小西副市長が、誰も副市長のなり手がいないとか打診しても断られたとのことを方々で符牒されていたそうですが、ただ単に噂の域だったみたいですね。
それと同時に、服部町長就任以来一年以上も空席になっていますお隣の太子副町長ですが、どうやらこの3月議会でたつの市同様に副町長人事案件が出されます。
良い悪いは別にして、町職員や町内の方からの人事案ではなく縁もゆかりもない東播地域の方だそうですが、服部町長の女房役としてしっかりと町職員と服部町長との調整役として、また町の発展のためにもしっかりと頑張っていただきたいものです。
まぁ、どちらも人事案件が難なく承認されることを願っています。
因みに、兵庫県職員の播磨町在住の名倉氏(53)とのことです。
posted by たつの市の未来を考える会 at 08:37| Comment(2) | 特ダネ情報
この記事へのコメント
太子町内ではなり手がいなくてとうとう、県に泣きついて人を送って貰う訳ですね。
これで太子町の独自性は放棄して県の僕に成り下がる事でしょう!
服部町長の任期も余すところ2年程になり、再選も約束されてない中で名倉氏は勇気あるものですね。議会の同意を頂いたら「服部町長の性質」「職員の顔と名前」「太子町の地域性」を一日も早く把握するよう努めて下さい。
果たして縁も所縁もない方に議会は同意するのか。見物です。
Posted by at 2018年03月14日 09:12
たつの市は山本市長、良い人物を提案されたと思います。井上氏は職員の人望も厚く、市政にも精通している方だと聞いています。
一方、太子町はこの副町長人事案件を議会が同意しなければ服部町長の進退問題に発展する事になるのではないかと危惧します。
Posted by at 2018年03月14日 09:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。