2018年02月14日

もうそろそろお隣も


 たつの市では、来月開催されます市議会3月定例会で、副市長、教育長の人事案件が提出されるかどうかは分かりませんが、お隣の太子町では、服部町長就任以来2度にわたり副町長人事案件が否決されましたが、今月末に開催される町議会では3度目の正直で、副町長人事案件が提出され可決されるのでしょうか?
2度目の副町長人事案件では、新しく建設されました太子町役場の、住民の皆さまにとりましては今後未来にわたり大きな負担を負わせながらも、建築関連の賞で全国一になったある意味、功労者でもあります八幡まちづくり部長の人事提案が否決されるという事態になりました。
聞くところによりますと、太子町では服部町長の女房役には誰しもが拒絶しているとのことですが、町民の皆さまの為にも、もうそろそろ誰でもいいですから副町長を据え置かなければ、以前の上郡町の二の舞になるのではないかと、お隣のまちの事ながらご心配をいたします。
【産経 WESTより】
そして町長も議員もいなくなった…小さな町に広がる困惑、兵庫・上郡

 「心身の不調」を理由に辞職届を提出していた兵庫県上郡町の工藤崇町長(64)の退任式が2日、同町役場で行われた。工藤氏は職員約100人を前に「皆様に多大な迷惑をかけ、深くおわび申し上げます」と述べ、1年8カ月あまりの町政運営を終えた。町政を混乱させたとして町議会から不信任決議を受けた工藤氏は議会を解散しており、同町では町長選と町議選が21日に投開票されるまでの約20日間、町長と空席のままの副町長に加え、議員も不在という異例の事態となる。

 議会を解散した工藤氏は自身も辞職を表明。次期町長選に立候補しない考えを明らかにしている。

 退任式で工藤氏は、溝の深まった議会について「町民のための議論を行う本来の姿とほど遠く、解散を選択した」と説明。「自分も信を問うのが筋だが、心身の状態を整えるのが困難だった」と立候補しない理由を述べ、「(職員には)弱い立場への心配りを忘れず、笑顔で町民サービスに専念されることを期待します」と締めくくった。

 町によると、新町長が決まるまでは副町長も不在のため、職務代理者の総務課長が町長業務を代行。不在期間に議会や大きな懸案もなく、業務上の大きな混乱は避けられそうな見通しだが、対外的な折衝ができない面などで町政の停滞も懸念される。

imagesji.jpg
posted by たつの市の未来を考える会 at 17:02| Comment(5) | 揖龍の未来を考える会
この記事へのコメント
上郡の元町長工藤氏は「心身の不調」と自らを客観的にみる事が出来るだけ大した方です。
服部町長は「心・精神」と不調なのにそれに気付かない超大物です。この方を支えようとする人物は陰で散々、服部町長の悪口を言って来た八幡氏以外は出て来ないのでは?今頃、服部町長はオムライスの上に日の丸の旗を立てて喜んでいるのではないですか?
Posted by at 2018年02月14日 19:01
議会の2回もの副町長不同意は事実上、服部町長への不信任でしょう!このままでは中途半端…。議会としても何らかのアクションを起こす時期に来ているのではないですか?2月末から始まる定例議会に副町長人事案件が提案され議会の同意がなければほぼ2年間、副町長不在です。異常です!!
Posted by at 2018年02月15日 05:40
服部町長は人とコミュニケーションを取る事が出来ないと長年、お付き合いのある方が言ってました。
Posted by at 2018年02月15日 07:36
太子の、傍聴も、面白いですよ。皆さん是非行ってみて下さいね。漫才ですね〜〜
Posted by プリン at 2018年02月15日 21:06
いやいや漫才じゃなくて口を尖らせて答弁する服部君はまるで子供の喧嘩です。
だからこそお子さまランチと揶揄されていると理解してますが…。
Posted by at 2018年02月16日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。