2018年01月04日

やけのやんパチ?

西宮市長・今村氏が記者に「殺すぞ」と取材拒否 兵庫

1/4(木) 11:00配信

神戸新聞NEXT

 兵庫県西宮市の今村岳司市長(45)が4日午前、同市役所内での仕事始め式で4月の市長選に立候補しない考えを表明した後、取材のため駆け寄った読売新聞の男性記者に対し「殺すぞ」と言って取材を拒否した。神戸新聞を含め、複数の記者が現場を目撃していた。今村氏は男性記者の取材方法に対して腹を立てていたとみられる。

繰り返す失言、なぜ起きる 「落とし穴」の構造

 今村氏は仕事始め式で「立候補いたしません」と発言。今村氏はこれまでの記者会見などで市長選への態度を明らかにしてこなかったため、3人の記者が会場を出た今村氏に近寄った。男性記者が発言の真意を確認しようとすると、今村氏は「殺すぞ」と発言し、右の手のひらで記者の左ほおに触れた。記者が質問を続けると、今村氏は歩きながら「(式で)あんだけ長くしゃべったやろ」「寄るな」などといい、最後は「(記者の上司に)落とし前をつけさせる」と言い、エレベーターに乗り込んだ。

 読売新聞大阪本社広報宣伝部は「状況を把握した上で、適切に対処します」とコメントした。

 今村氏はこれまでも、記者会見の開催を拒否するなど、物議をかもす言動を繰り返していた。(初鹿野俊、岡西篤志)


後、3か月で勇退出来たのに、この発言で、市長辞職まで追い込まれるような気がいたしますが。。。

「権力は持ち続けると腐敗する」と言われますが、西宮市長のこの髭は幾ら個性と言っても西宮市民のトップですから考えものですね。それより、私が堅物なのでしょうか??

posted by たつの市の未来を考える会 at 14:52| Comment(0) | 未来を考える会の想い
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。