2017年12月23日

被害を受ける前に記事にしておきます

 「全面降伏をしろ」という強要を、きっぱり断ったことで、嫌がらせがエスカレートを増してきた頃に、以前、当会ブログで取り上げさせていただきました太子町鵤の「井上さん」の記事にある、M氏が繋がある右翼団体にお金を支払って当時の龍野市役所周辺を一日中、街宣車のスピーカーから大音量で罵声を出しながら、当時の市議(現在は故人)や私と懇意にしていました市議と私の会社を街宣活動をされたのです。
自ずと、攻撃をされた市議を見れば、誰が依頼をして街宣活動をして貰ったかは簡単に想像は付きますが、私の会社に対してはM氏の嫌がらせとしか考えられませんでした。
このことについても、知り合いから紹介を受けた刑事に相談をしましたが、飲み食いや風俗店の接待をたかられただけであり、前回も書きましたが、結局お金と無駄な時間を費やしただけでした。挙句の果てに・・・・・
私はこの頃から警察という権力にとても不信感を抱くようになり、自分の身は自分で守らなくてはならないと考えるようにもなりました。
といっても、現在、銃を所持しているのはこの様な理由では全くありませんので誤解なされませんようにお願い致します。
話はも戻りますが、20数台の街宣車で一日中街宣活動をされた後、暫くしてから私が借りていました資材置き場に家屋解体した廃材が不法に投棄されていたので、警察に届けて調べているうちにM氏の経営する会社の従業員が揖西町新宮町の菖蒲谷に処分すのに時間が無かったので不法投棄する前に不法投棄をしていたことが判明したので、速やかに撤去をするということで穏便に済ませましたのです。
しかし、暫くして家屋を解体をした廃材が、また同じ場所に投棄されていたのであります。
私は、一度ならず2度も同じ嫌がらせをされたことに我慢できず、当時の龍野警察に被害届を提出しましたところ、廃材の中から解体家屋が特定するものが見つかり、その結果不法投棄をした業者を割り出すことができたました。
その業者というのは一度目と同じ業者であり、私は今度こそは絶対に許すことはせず、M氏の関係者との接触も一切拒否をしていましたところ、M氏とも心安かった私の友人や前記のT社の同級生を通じて被害届の取り下げを願ってきましたが、私は首を縦に振ることはしませんでした。
その日の龍野署との遣り取りの中で、夕方までに取り下げが無ければ逮捕するとのことでありましたが、過去の重機車両の破損や姫路市書写の新築の幼稚園の屋根を重機で壊す凶悪な犯罪や嫌がらせ、特に猫の死体のことを思いだせば逮捕されて当然と期待をしていました。
夕方になり逮捕が目前となった頃に、M氏はその後にゴミ処理場汚職の収賄容疑で逮捕起訴された市議と一緒に私の会社に被害届の取り下げを私に頼みに来ました。
いよいよ逮捕の時間が近づいきたことで、誰からの電話も受けない為にも切っていた電源をONにしたばかりのタイミングでした。丁度、携帯電話の電源を入れたと同時に2人が応接室に来た途端、ある方から私の携帯電話に連絡が入りました。
M氏が、この方に被害届の取り下げを懇願していたようであり、私はこの方に、これまで詫びても詫びきれないくらいのことでご迷惑をお掛けしていたことや、私が事業を始めてから気に掛けて頂いていたことで現在があるという思いもあり、「はい」と取り下げすることを躊躇することなく即答させていただきました。
M氏は早速、に弁護士から預かった取下げ書に署名捺印を私に求めて安堵の表情を浮かべて元市議と一緒に事務所を後にしていったのを今でも鮮明に記憶をしています。
もし、その方の電話一本が無かったら逮捕されていた考えればもっと、まっとうな生き方をしていかれた方が子孫のためだと思うのですが・・・
 今回の私の関係する会社の不法投棄とされる現場写真は内部から流失したものと考えられますが、産業廃棄物に少しは知識があるものならネタにもならないものですので知識の無い人間が嬉し気に、誰かに情報提供をしたまでなんでしょうが、日々刻々と事実関係が判明することを期待しています。
どうせなら、たつの市揖西町南山の「前池」の生コンスラッジ並みの証拠を出していただきたいものですね。
スクリーンショット (78).png無題fbrt.png無題reg.png
話は反れましたが、一旦、収まってい嫌がらせが何者かにより今から5年前位からまた始まりだしたのです。
当時、上郡町の業者に1400万円位の不渡りを貰い、手形での決済をする事業をしていたらこれも付き物と諦めていましたが、債権者集会の案内がいつまでたっても届かないので裁判所に問い合わせたところ、近日中に最終の集会が開催されますとのことでしたので、私は集会に参加をし「これは計画倒産ではないか」と管財人に対して異議申し立てをしたところ、再調査ということで、結審が延期されたのです。
当時、不渡りを出した業者周辺を管財人の弁護士を通じて調査をしていたことが管財人から漏れたとは思いますが、その業者が倒産前に重機やトラックを売却していたのが当時、反社会的勢力と親密な関係があると兵庫県公安員会から認定された人物であったことからなのか定かではありませんが、その後、私の会社の窓ガラスを壊されたり、暴力団の常套手段でもあるパソコンなどの機器を使用不能にするために消火器を撒こうとしたが警報器が作動したために消火器を撒けずにに窓ガラスをめがけて投げ込まれました。
会社に設置していた防犯カメラには事務所の窓ガラスを目がけて何かを投げ込む姿や犯人が使用したとする車両が映し出されていましたが、警察も捜査をしましたが結局のところ犯人の特定にまでは至りませんでした。
また、丁度5年前の12月27日、私が仕事を終え事務所を後にし帰宅して車から降りたところ、前方から目だし帽のようなものを被った者が私に近づいてきました。
私も知り合いかと思い近づいたところ、「オイ・オイ・オイ」と日本人では無いようなイントネーションを発しながら片手に何かバチバチと火花のように光るものを私の胸のあたりに押し当てながら追わえてきたのです。
私は一瞬、撃たれたと思いましたが、直ぐにスタンガンだと思い自宅に駆け込みましたが玄関の中まで追ってきました。
正直、声も出ないくらい恐怖を感じ生きた心地がしませんでしたがオシッコだけはちびりませんでしたよ。。これは本当
これも警察に通報しましたが、結局、この事件も未解決のままであります。
まさか、前記の不法投棄をした人物が約束を破り、二六同じようなことを繰り返していたとすれば、このまちの「安心・安全」など確保などできる筈がありません。
長々と書きましたが、田舎記者の松井邦明氏に言いたいことは、この方とどんなご縁があったかは知りませんが、前記の犯罪や嫌がらせは実行犯が第三者に証言している紛れもない事実であり、もしそのような方の話を鵜呑みにしてブログ記事にされたり共謀していたのでしたら、私たち「たつの市の未来を考える会」は貴方が仰られているような偽善市民団体と言われることかとても心外であり、田舎松井記者の人間性も疑います。
気持ちの中には、私が以前から暴力団排除をはじめこのような活動をしていることで、以前は暴漢に襲われ幸い無傷で済みましたが、今度は命すら奪われかねないかも知れないという恐怖心も正直ありますが、それは覚悟もしておかなければなりません。
確かに、松井氏は文才が有るというよりも商才があるのかもしれませんが、私の文章は、松井氏の足元にも及びませんし、商才もありません。
本来なら、多くの私と関係する方の為には、このようなある意味過激な行動を慎むべきではあるとも考えますが、本当にこのまちの子供たちや将来のこと考えるのであれば、こそそそと嫌がらせや人の弱みに付け込むみ不当要求をしたり、最近では20代の若者をターゲートにした恐喝紛いの悪事を働く暴力団やその関係者を徹底してこのまちから排除するためにも声を上げなければならなりません。
その為にも私たちは日々、体を張って行動をしているつもりですし、次の世代に本当に少しでも良いまちにしてバトンタッチをしたいと本気で考えています。
松井記者がブログでお書きになられているように、前栗原たつの市長に頼みごとをしたが聞き入れて貰わなかったことで、栗原前市長を攻撃していると書かれていますが、頼みごとをしたのは、前小西副市長を通じて、御津町にあった新舞子荘の風呂に入れ墨を入れた方の入浴を禁止してください。これだけなんです。これに関しては、早急に聞き入れて貰い感謝をしましたが、その後はこの様な事案に関して何の取り組みがされなかったことで、小西前副市長に私が再三問題提起をしていたのです。
また、このような暴力団排除に関しての取り組みは栗原氏が市長に就任してからではなく、今から7年くらい前の西田前市長時代に故西田市長に直接陳情したところ、「あいつはヤクザが怖いから言いようんや」と言われたことに遡るのです。
そのような地道な活動の成果が実り、このまちでは公共工事に関してはいわゆる企業舎弟といわれる事業者が一時期排除されたのです。
然しながら、場所を変え内容を変えまだまだそのような事案が存在しているようですが、この小さなまち「たつの市」だけはこのような事業者を排除できると信じていますし、それには住民の皆さまの意識改革も重要になってきます。
 田舎松井記者が、当会を田舎ブログで偽善市民団体と揶揄されていましたが、真剣のに体を張ってこのまちのことを考えている団体であるということを証明させて頂く為には、来年4月の市議選に、私が立候補をされていただくしかないと考えますが、万が一、当選をさせていただいた暁には、議員を本業として真剣にこのまちの現状と将来について考え行動をし、今までに居ないような議員を目指す所存であります。
でも、昨日、市役所本庁舎前で例の「コックローチ」とお会いしたところ、「島田の議員はあかんわ!」と仰ったので「俺が議員になって頑張ろか?」と言ったら「あんたは絶対通らんわ」と言われてしまいました。。確かに・・・
これまでのような、以前、私が長年お付き合いをさせていただいていた元市議のような暴力団関係者が自分の後ろ盾にいるからと何か勘違いしていた議員さんや議員としての立場や権限を最大限に利用して賄賂やお小遣いを得ようとすることが目的で議員になるのではなく、未だに未解決のままの新宮町で起こった通り魔事件や、近年、後を絶たない「ストーカー」「DV」「虐待」「いじめ」などの様々なこのまちで発生している問題を警察と密に連携を取り、こそこそと隠れて交通違反の取り締まりを重点に置くのではなく、本来の警察としての機能を取り戻させて、言葉やスローガンだけでなく真の「安心・安全」をこのまちに確立させる使命についても担いたいとも思っています。
私も一時期は、前期の元市議とお付き合いをさせていただいていた時期には、周囲の方を巻き込んでしまったこともあり、大変ご迷惑をお掛けした事もありましたが、そのような経験を踏まえたうえで、しっかりと人物を見極めてゆきたいと思います。
田舎松井記者様、もう私の言いたいことがご理解していただけたと存じます。感の鋭い松井邦明様なら・・・
「不正にペンを折らず」で業界誌の購読料で生計を立ててこられていた松井記者も現在は何を職業として生計を立てておられるかは存じ上げませんが、この度の当会や私の関係する会社の記事等に対して何処の誰かと金銭の授受がなされ瀧川学園の同窓会費に充てられるようなことが決してないように願うばかりです。

最後通告ですがに貴殿がゴロ新聞の記者ではなく真面なジャーナリスト精神をお持ちの田舎松井記者であるなら、巻き添えをくわないためにも全てをお話しさせていただきますので年内に一報いただきたく思います。
もし、ご連絡がないようでしたら来年早々、訴訟できっちりさせたいと考えていますし、今後、幾ら田舎ブログで反論をされたとしても、読者の皆様は輩記者のゴロブログとの扱いを受けないことを願っています。

合掌。





posted by たつの市の未来を考える会 at 11:18| Comment(6) | 未来を考える会の想い
この記事へのコメント
元市議と言うのはエコロ改修工事に絡めて市民の税金から200万を奪い逮捕されたあの方ですね?
還暦も過ぎているのにいつまでも裏社会の人と繋がりが有ることを誇示したがるあの方…。
また、市議選に出ると聞いてますが市民の審判は如何に……。
Posted by at 2017年12月23日 19:48
長年に渡りM社の嫌がらせ大変でしたね!
心中お察し致します。
M社はたつの市の恥であり、そんな奴と関係を持つ松井記者、たつの市元市議は全く信用出来きません!
実は先日私の身内の若者も幼き頃から少しづつ貯金していた約1000万近いお金を騙し取られるという事案が発生しております。
こんなたつの市でいいんですか?
本当にたつの市を住み良い街にしてください
川崎さんずっと応援させて頂きます
よろしくお願いします。
Posted by at 2017年12月24日 07:23
一連の流れから松井記者からは連絡してきて欲しくないと願ってる私がいます。ゴロツキM社や税金泥棒の元市議とつるんでいるような方は裁判という公の場で全てを明らかにして貰いたいです。
Posted by at 2017年12月25日 07:04
元市議は200万を業者から貰い、有罪になり、選挙に出れない時期も含め約10年は市政に関わっていないでしょう!時代の流れは早く、市長も西田、栗原、山本と変わってます。今更って感じですけど…。
Posted by at 2017年12月25日 19:20
お身内の方も大変な目にお遭いになられたみたいですね。
もし宜しければ、事案の詳細をお話して頂ければと思いますので
お問い合わせからお願い致します。
一緒に戦いましょう。

>さん
>
>長年に渡りM社の嫌がらせ大変でしたね!
>心中お察し致します。
>M社はたつの市の恥であり、そんな奴と関係を持つ松井記者、たつの市元市議は全く信用出来きません!
>実は先日私の身内の若者も幼き頃から少しづつ貯金していた約1000万近いお金を騙し取られるという事案が発生しております。
>こんなたつの市でいいんですか?
>本当にたつの市を住み良い街にしてください
>川崎さんずっと応援させて頂きます
>よろしくお願いします。
Posted by たつの市の未来を考える会 at 2017年12月26日 11:27
大丈夫ですか?
Posted by at 2017年12月26日 18:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。