2021年12月26日

ラストサンデーに思う

 今年も残すところあと僅かです。
また、今日は今年最後の日曜日ですが、外は寒波の前触れのような空模様になっています。
今年、このまちで大きな出来事といえば、何があったでしょう。
大まかには、新型コロナウイルス感染症ワクチン接種、たつの市長選挙といったところでしょうか。
他にも沢山の出来事もありましたが、私たちの未来を左右する出来事と言えばどのようなことがあったでしょう。
現在、小康状態にある新型コロナウイルス感染症も第6波がやってくれば、私たちの生活も逆戻りとなり経済も立ち行かなくなってしまうのではないかと危惧するばかりですが、なんとか知恵と努力で乗り切らなければなりません。
政府の後手後手のコロナ対策や経済対策もありますが、いつまで立っても「3密」ばかりで、いったい指定感染症5類に引き下げや感染していなくてもマスク生活が当たり前でなくなるような普通の風邪になる日はまだまだ遠い未来なのでしょうか。
話は変わりますが、近い未来(来年の4月)にはたつの市議会議員選挙が行われます。
現在のところ、71歳定年制の紳士協定を順守される議員はさほどおられないようですし、新たに立候補をされる方は元職を含め数人とのことです。
私も相当昔ですが、後援会連絡所看板のように坂本龍馬のように「今一度、たつのを洗濯いたしたく候」と書いた看板を立てたことがありましたし、そのころからこのたつの市の見張り番という役割を少なからずさせていただいてきたと自負しています。
これまで、人には言えないようなことを含め様々な経験をさせていただき少しは成長もしたのでしょうか。。。
現在、現職の市議の先生方には今期の市議としての活動やプロフィールなどを題材にアンケートを出させていただいています。
締め切りは、来年1月11日となっていますので、1月中旬にはご公開できると思いますので、少々お待ちください。
どのような回答が返ってくるかは分かりませんが、それぞれの議員のことが分かるような質問となっていますので、少しは次期市議選の投票の判断材料にはなるかと考えています。
このブログをご覧になってくださっている方の中には、栗原元市長を批判するブログのように思っておられる方も多々おられるかもしれませんが、このような活動は故西田市長時代から続いています。
市議会議長になる為に猪肉を配ったりする市議を批判したり、マスコミに「3ない議会」と揶揄されたことを問題視をして市議会の姿勢を質すなどの活動などをしてきたことも思い出しました。
商工会議所や観光協会の体質改善はさておき、本格的に活動を始めてかれこれ10年が経とうとしていますが、大きく市政を変えることができたのは前市長の県議時代の政務活動費問題の刑事告発ではなかったかなと振り返ればそう思います。
この問題は当時の市議会でも取り上げていただこうとしましたが、全ての市議がと言ってもいいほどに問題視をしなかったこともあり、私が刑事告発をしたのです。お金と時間は相当費やしましたが、私にとってはそのようなことは関係ありませんでした。
若気の至りという言葉がありますが、やはり、市民の代弁者としての市議の先生にはいつまでも志を持っていただきたいものです。
71歳定年制とういことですが、初心を忘れ、志が薄れ、保身にまわるような現職議員や新人にこのまちを任せておいて大丈夫なのでしょうか。。。

posted by たつの市の未来を考える会 at 13:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 未来を考える会の想い
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。