2020年12月11日

経験者としてお役にたてばと

 昨日、私や関係するところの投稿記事削除仮処分申立事件に対する削除命令が決定されました。
保全の必要性について「債権者らの名誉を違法に侵害している記事は、現時点においても本債権者らにおいても本件ブログに記載されたままとなっており、閲覧可能な状況であることからすると、債権者らにおいて、著しい損害又は急迫の危険があることができるから、保全の必要性が認められる。」とされました。が、今現在も記事削除は確認したところたくさんある記事の中の一つでした。
来週には間接強制決定の手続きをし、記事が削除されるかはわかりませんが、今後、債務者に対して制裁金というような課金が課せられることになるでしょう。
「無い袖は振れない」ということわざがありますが、ある日突然、裁判所から自宅に強制執行が行われることもあるともお聞きますが、長い間苦しめられた者からすればそれも致し方が無いのかも知れません。
来週中には記事の削除がされると考えますので、当会をご理解していただければ幸いです。
経験者として、コロナの風評被害や同和差別などいわれなきネット被害に遭っておられるかたの少しでもお役に立ちたいと思います。
公人は、公人として公私ともに批評される立場にある人間であるからして致し方がないところもあるとは思いますが、この度の当会に対しての件は、裁判所が公平・公正に判断をしてくださったと考えています。
今後ともよろしくお願いいたします。
posted by たつの市の未来を考える会 at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 未来を考える会の想い
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。