2020年11月18日

昔の旦那衆なら

 今晩、たつの市立中央公民館で廃止されようとする赤とんぼ荘の在り方についての意見交換会が開かれました。
私は、この交換会に参加させていただこうと思っていましたが、都合がつきませんでので参加した住民のかたにお話を会議の終了後にお聞きしたところ、会場には約100名ほどが参加され、高齢者の体操施設や災害時の避難施設にしてはどうかという意見が出されたそうですが、建設的な意見は出なかったようです。
地場産業である醤油・素麺・皮革業界が一致団結して存続を本気で考えていたのなら廃止とはならなかったのかも知れませんが、皆、自分のところで精一杯で一肌脱ぐ企業もなく結果的に見切られた形になったのでしょう。。。
過去に、国民宿舎抜本改革委員会として国民宿舎にあり方について参加させていただいた私からすれば、商工会議所や商工会の会員企業様から特典付きで、年間20,000円くらいの会員権や出資を募れば何とか存続は維持されるのではと考えます。
まぁ、出すことはせずたとえ一円でも貰うことばかり考える人たちには理解できないと思いますが・・・



posted by たつの市の未来を考える会 at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 未来を考える会の想い

なんとも言えない気持ちです

兵庫・赤穂市とアミューズが連携 オンラインマラソン大会開催決定 来年2〜3月

[ 2020年11月17日 18:26 ]


会見で話す牟礼正稔赤穂市長
Photo By スポニチ

 兵庫県赤穂市の牟礼正稔市長(66)が17日、定例記者会見で「第10回赤穂シティマラソンオンライン大会」(スポニチ共催、来年2月20日〜3月7日)の開催と大会概要を発表した。

 コロナ禍により、通常11月開催のマラソン大会は中止となったが、実行委員会での協議の結果、オンラインでの開催を決定した。従来のオンラインマラソンと違い、アミューズが開発に携わったアプリ「DISTRICT(ディストリクト)」を使用した日本初の大会となる。

 現地を実際に訪れ、市内に設定されたマラソンコースを走り、規定時間内での走破距離を競う。牟礼市長は「春に向かうとても良い季節になる。ぜひ風光明媚(び)な赤穂の街に来ていただき、楽しく走って、リフレッシュしてもらいたい」と話した。大会エントリーは12月14日開始。詳しくは大会公式サイトまで。

posted by たつの市の未来を考える会 at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。