2019年11月15日

適正に苦情を

狩猟期間について
11月15日から翌年2月15日までの間は、狩猟が解禁となります。
ただし、ニホンジカ・イノシシは兵庫県全域で3月15日まで期間が延長されます。
※ツキノワグマの狩猟は、11月15日〜12月14日までの間となります。(県の承認が必要です)
入山者(ハイカー)の皆さんへ
山の中に入る際は、目立つ服装を心がけてください。他人から見えにくい服装(迷彩服等)は避け、特に白いタオルはシカと間違えられやすいので、使用を控えてください。
お互いの存在を知らせるよう、複数人で入山するようにしてください。単独で入山する際は、鈴・ラジオ等を携帯してください。
土曜日・日曜日・祝日は、ハンターが集中しますので、特に注意してください。
わなは非常に危険ですので、設置の看板(標識)がある場所へは絶対に近づかないでください。
 令和元年度版狩猟のシーズンが始まります(パンフレット)(PDF:6,262KB)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
お問い合わせ
所属課室:産業部農林水産課林務水産振興係
住所:兵庫県たつの市龍野町富永1005-1
電話番号:0791-64-3157
FAX番号:0791-63-2594
posted by たつの市の未来を考える会 at 18:22| Comment(0) | お知らせ

2019年11月13日

地場産業も革新的になってきました

ひょうご皮革総合フェア2019&第28回たつの市皮革まつり
たつの市の地場産業として歴史と伝統のある天然皮革のすばらしさをPRするイベントを開催します。
開催日
令和元年11月16日(土曜日)10時〜17時、11月17日(日曜日)9時〜16時
場所
たつの市総合文化会館(赤とんぼ文化ホール)(外部サイトへリンク)、たつの市青少年館(外部サイトへリンク)
JR姫新線本竜野駅西口と皮革まつり会場(千鳥ヶ浜駐車場)を結ぶシャトルバスを運行します。会場周辺は大変混雑しますのでJR姫新線でご来場ください。
シャトルバス運行時間
令和元年11月16日(土曜日)9時30分〜17時30分
令和元年11月17日(日曜日)8時30分〜16時30分
主な内容
ベストレザーニスト2019「俳優 速水 もこみちさん」によるトークショー
(写真:赤石仁)
主催:一般社団法人日本皮革産業連合会
日時:令和元年11月16日(土曜日)13時から(開場12時30分)
会場:赤とんぼ文化ホール大ホール
※入場には入場券(全席指定)が必要です。当日午前9時から文化ホール建物東側壁面通路にて、先着順にて配布します。
レザーファッションショー(赤とんぼ文化ホール大ホール)

皮革を使って制作した衣装で、プリンセスたつのや高校生がモデルとなり、華やかなファッションショーを催します。
日時・出演
令和元年11月16日(土曜日)13時〜14時20分(開場12時30分)
(11月16日のファッションショーはトークショーと連続して行いますので、入場券が必要です。)
出演:龍野北高校、2019プリンセスたつの、フラワープリンセスひょうご2019、姫路お城の女王、越部小学校、えびす
令和年11月17日(日曜日)11時〜12時10分(開場10時30分)
出演:龍野北高校、2019プリンセスたつの、フラワープリンセスひょうご2019、姫路お城の女王、龍野小学校、揖保小学校、西脇高校
令和元年11月17日(日曜日)13時30分〜14時45分(開場13時)
出演:龍野北高校、2019プリンセスたつの、フラワープリンセスひょうご2019、姫路お城の女王、小宅小学校、西脇高校
皮革製品即売会(青少年館体育室、赤とんぼ文化ホール前屋外テント)
国産の天然皮革で作られた靴、カバン、ベルトなどの皮革製品を低価格で販売します。


皮革直売会、レザークラフト教室(青少年館ホール)
地元、たつの市、姫路市のタンナーが製造した皮革素材や、製品をタンナー自らが販売します。また、ペンケースや小物入れが製作できるレザークラフト教室も開催。





革細工体験コーナー(赤とんぼ文化ホール大ホールホワイエ)
たつの市産の天然皮革を使った動物革細工の制作体験コーナーを設けます。

学生による皮革作品の展示(赤とんぼ文化ホール中ホールホワイエ)
上田安子服飾専門学校、神戸医療福祉専門学校三田校、神戸芸術工科大学の学生作品の展示をします。






ニューレザーコンテスト&表彰式(赤とんぼ文化ホール大ホールホワイエ)
新素材開発、環境問題への対応など新時代にマッチした革のコンテストを部門ごとに行い、入賞した革の展示と表彰式を催します。





それ以外にも催しが盛りだくさん!!
県内地場産業のPRコーナー(赤とんぼ文化ホール中ホールホワイエ)
兵庫県の地場産業である播州織、豊岡鞄、三木金物等の紹介コーナーや、製品の販売コーナーも設置します。
フットプリント(足形採取)(赤とんぼ文化ホール中ホールホワイエ)
神戸医療福祉専門学校整形靴科の学生による足についての悩み相談や足の状態を診るためのフットプリント(足形採取)を実施します。
皮革製品修理(赤とんぼ文化ホール中ホールホワイエ)
カバンや靴といった皮革製品の修理を受付します。
兵庫県下の皮革関連歴史資料の展示(赤とんぼ文化ホール大ホールホワイエ)
古くからたつの市、姫路市を中心に生産されてきた皮革についての歴史資料を展示します。
青空販売市、たつのグルメストリート(赤とんぼ文化ホール北駐車場周辺)
野菜、海産物などの直売店舗、焼きそば、たこ焼きなどの様々な飲食ブースが並びます。
レザークラフト工房(赤とんぼ文化ホール北駐車場周辺)
国内レザークラフト製作者が、来場者への革小物製作体験、販売を行います。
ご来場特典
来場記念品プレゼント(赤とんぼ文化ホール入口)
赤とんぼ文化ホールにご来場いただいた方に革製品をプレゼント(各日先着順、無くなり次第終了)
お問い合わせ
所属課室:産業部商工振興課 
住所:兵庫県たつの市龍野町富永1005-1
電話番号:0791-64-3158
FAX番号:0791-63-2594
posted by たつの市の未来を考える会 at 19:14| Comment(0) | お知らせ

2019年11月12日

地域交通の役割

 地元で友人と夕食をしました。
お互いに、車で来ていましたので代行運転を依頼しましたが直ぐに来てもらうことができず、タクシーを手配してもらいましたが週末でもないのに一時間待ちでありました。ので友人が気を使ってくれ奥様に迎えに来ていただました。
「赤とんぼくん」「あかねちゃん」などの地域交通として税金を投入しているタクシー会社も現在は、市外のタクシー会社に買収されたりの方法をとって地域交通として存続されています。
営利企業として利益を追求するのは当然ですが、数か月前にはなかった状況をしっかりと認識していただきたいとつくづく感じました。

posted by たつの市の未来を考える会 at 19:52| Comment(0) | マロンの隠れ家

2019年11月10日

このまちの見どころのひとつです

龍野公園:聚遠亭
聚遠亭もみじライトアップのお知らせ
城下町龍野にある聚遠亭のもみじのライトアップを行います。真っ赤に染まったもみじが心字池に浮かぶ姿など、風情豊かな聚遠亭の幻想的な魅力を満喫することができます。さらに、園内や小路に竹灯籠を設置するなど、例年よりバージョンアップし、より神秘的な雰囲気を楽しんでいただけます。
期間:令和元年11月11日(月曜日)〜11月24日(日曜日)
時間:17時30分〜21時
※紅葉にあわせて前後する場合があります。変更については、市のホームページでお知らせします。
※期間中は、通常休館日の月曜(11月11日、11月18日)についても、開館しています。
イベント
令和元年11月23日(土曜日)16時〜18時には、お茶席(お抹茶とお菓子)を用意しております。
※先着100名に無料配布!

※写真は過去に撮影したものです。
地図

聚遠亭(しゅうえんてい)
聚遠亭は、前庭からの展望絶景をたたえて「聚遠亭」という名が付きました。
「茶室」は、安政年間(1854〜1859)龍野藩主脇坂安宅公が京都所司代の職にあって御所が炎上した際、その復興に功績があったので、孝明天皇から茶室を賜り、心字池上に浮堂として移築したものといい伝えられ、庭園、池、杉垣などと調和し、桃山時代の書院造を模した風雅な数寄屋風の建築物です。
「楽庵」は、昭和58年ヒガシマル醤油株式会社の寄贈により利休居士十五世裏千家鵬雲斎千宗室御家元の御指導と御命名を頂き完成しました。間取りは八畳、六畳の広間と四畳の鞘の間を持つ本格的な広間の茶室です。
「御涼所(おすずみしょ)」は、藩主脇坂家の御涼所で質素勤倹の風のなかにも雅味のある接客、居住部門などの間取りや、意匠と構造に特徴があり、また床下の抜け穴等にも当時の面影を残しています。
茶室前の池のほとりには、龍野が生んだ詩人、三木露風の「ふるさとの」詩碑や、井原西鶴の句碑等が建っています。
茶室(浮堂)
楽庵
御涼所(別館)




入場料:無料
休館日:毎月曜日(月曜祝日の場合は翌日)及び年末年始(12月29日から1月3日まで)
開館時間:午前9時から午後4時30分まで
使用:建物(茶室・楽庵・御涼所)内を利用される場合は、事前に聚遠亭使用許可申請が必要です。申し込みについては、たつの市都市計画課(0791-64-3164)まで。【建物内、飲食・飲酒禁止】
お茶席:一服300円(楽庵ボランティアによる)。毎週土曜・日曜(1月・8月を除く、臨時休あり)。
聚遠亭所在地:たつの市龍野町中霞城6
聚遠亭電話番号:0791-62-2058
聚遠亭内配置図
聚遠亭配置図(PDF:252KB)
使用許可申請書
聚遠亭使用許可申請書
使用料
区分
午前9時から
正午まで
午後1時から
午後4時30分まで
午前9時から
午後4時30分まで
御涼所1号室(30帖)
3,000円
3,300円
6,300円
御涼所2号室(12帖)
1,500円
1,700円
3,200円
茶室
3,000円
3,300円
6,300円
楽庵
2,300円
2,500円
4,800円
冷暖房料金
使用料の5割相当額(楽庵のみ)
聚遠亭使用料
禁止行為
建物、庭園等を損傷し、備品等を汚損すること。
許可なく物品の販売その他これに類する営利行為をすること。
許可なく印刷物、ポスター等を配布し、又は掲示すること。
他人に迷惑を及ぼす行為をすること。
許可なく、池の鯉にエサをあたえること。

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
お問い合わせ
所属課室:都市政策部都市計画課 
住所:たつの市龍野町富永1005-1
電話番号:0791-64-3163
FAX番号:0791-63-2594
posted by たつの市の未来を考える会 at 17:38| Comment(0) | お知らせ

2019年11月08日

住みよいまちへ

令和元年度環境関係資料「住みよいまちに」
本市の環境の現況をとりまとめた環境関係資料「住みよいまちに」(令和元年度版)を作成しました。
本編
表紙(PDF:597KB)
目次(PDF:384KB)
第1章たつの市の概要(PDF:428KB)
第2章公害の概要(PDF:402KB)
第3章大気汚染(PDF:461KB)
第4章水質汚濁の現況(PDF:606KB)
第5章騒音・振動(PDF:421KB)
第6章悪臭(PDF:380KB)
第7章住みよいまちに(PDF:466KB)
裏表紙(PDF:384KB)
資料編
表紙(PDF:659KB)
目次(PDF:454KB)
公害苦情・大気汚染関連資料(PDF:461KB)
水質汚濁関連資料(PDF:521KB)
騒音・振動関連資料(PDF:502KB)
環境保全・地球温暖化防止・環境衛生向上の取組(PDF:501KB)
たつの市住みよい環境を守る条例(PDF:471KB)
たつの市環境審議会設置条例(PDF:438KB)
環境用語の解説(PDF:553KB)
裏表紙(PDF:445KB)


PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
お問い合わせ
所属課室:市民生活部環境課 
住所:兵庫県たつの市龍野町富永1005-1
電話番号:0791-64-3150
FAX番号:0791-63-2594
posted by たつの市の未来を考える会 at 18:53| Comment(0) | お知らせ

2019年11月05日

交通のアクセスも良くなりました

移住支援(東京23区)事業
移住支援事業補助金
市内への移住及び定住の促進並びに中小企業等の担い手不足の解消を図るため、東京圏から本市に移住し、対象企業等へ就業した者又は起業支援金の交付決定を受けた者に対し、移住支援事業補助金を交付します。
概要
東京23区に5年以上在住又は東京圏から23区内の企業等に通勤していた方が、本市へ移住し、兵庫県が運営する「ひょうごで働こう!マッチングサイト」に掲載されている企業に就業した場合又は起業して「ふるさと起業・移転促進事業(東京23区枠)」の交付決定を受けた場合に補助金を交付する事業です。
補助対象者
以下の(1)の要件を満たす方のうち、(2)又は(3)の要件を満たす方
2人以上の世帯として申請する場合には、(2)又は(3)に加えて、(4)の要件を満たす必要があります。
(1)移住に関する要件
次の(ア)〜(ウ)のすべてに該当すること。
(ア)
移住元に関する要件
次のいずれかに該当すること。
1.本市に転入する直前に、連続して5年以上、東京23区に在住していたこと。
2.本市に転入する直前に、連続して5年以上、東京圏(※1)に在住し、かつ、本市に転入する3か月前の時点において、連続して5年以上、雇用保険被保険者として東京23区内の企業等に勤務していたこと。(※2)
(イ)
移住先に関する要件
次のいずれにも該当すること。
1.2019年4月1日以後に本市に転入したこと。
2.補助金交付申請日において、本市での居住期間が、転入日から3か月以上1年以内であること。
3.補助金交付申請日から5年以上、本市に継続して居住する意思を有していること。
(ウ)
その他の要件
次のいずれにも該当すること。
1.日本人又は外国人であって、永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者若しくは特別永住者のいずれかの在留資格を有すること。
2.暴力団等の反社会的勢力又は反社会的勢力と関係を有する者でないこと。
(※1)東京都、埼玉県、千葉県及び神奈川県のうち、条件不利地域を除く地域
(※2)連続して5年以上通勤していた東京23区内の企業等を辞めてから本市に転入するまでの間に、東京23区外であって移住先とは異なる都道府県で雇用保険の被保険者として雇用されていた場合は、原則として除きます。
(2)就業に関する要件
次のいずれにも該当すること。
@勤務地が、兵庫県内に所在すること。
A就業先が、兵庫県が補助金の対象とするマッチングサイト掲載企業等であること。
B補助金交付申請日において、マッチングサイト掲載企業等に週20時間以上の無期雇用契約に基づいて就業し、当該企業等に連続して3か月以上在職していること。
C就業者にとって、3親等以内の親族が代表者、取締役等の経営を担う職務を務めている法人への就業でないこと。
Dマッチングサイトに求人情報が掲載された日以後に、交付申請者が応募したものであること。
Eマッチングサイト掲載企業等に、補助金交付申請日から5年以上継続して勤務する意思を有していること。
F転勤、出向、出張、研修等による勤務地の変更ではなく、新規の雇用であること。
(3)起業に関する要件
兵庫県が実施する「ふるさと起業・移転促進事業(東京23区枠)」の交付決定を受けており、かつ、補助金の交付申請が当該交付決定の日から1年以内になされたものであること。
(4)2人以上の世帯に関する要件
次のいずれにも該当すること。
@交付申請者を含む2人以上の世帯員が、移住元において同一世帯に属していたこと。
A交付申請者を含む2人以上の世帯員が、補助金交付申請日において同一世帯に属していること。
B交付申請者を含む2人以上の世帯員のいずれもが、2019年4月1日以降に移住したこと。
C交付申請者を含む2人以上の世帯員のいずれもが、補助金交付申請日において本市での居住期間が、転入日から3か月以上1年以内であること。
D交付申請者を含む2人以上の世帯員のいずれもが、暴力団等でないこと。
補助額
(1)単身世帯 50万円
(2)2人以上の世帯 100万円
交付申請
申請に必要なもの
移住支援事業補助金交付申請書(様式第1号)(ワード:17KB)
誓約書(様式第2号)(ワード:14KB)
就業先の就業証明書(様式第3号)(ワード:14KB)(就業の場合に限る。)
兵庫県が実施する「ふるさと起業・移転促進事業(東京23区枠)交付決定通知書の写し(起業の場合に限る。)
東京23区で勤務していた企業等の就業証明書(勤務地、勤務期間及び雇用保険の被保険者であったことを確認できる書類)
移住元での勤務地を確認できる書類(法人経営者又は個人事業主の場合は、開業届出済証明書等)
住民票除票又は戸籍附票の写し(移住元での住所及び居住期間を確認できる書類。ただし、2人以上の世帯の場合にあっては、移住元において世帯全員が同一世帯であったことを確認できる書類)
世帯全員の住民票の写し
同居世帯員のうち納税義務のある者全員の納税証明書
※その他、必要に応じて書類の提出をお願いする場合があります。
申請先
まちづくり推進課
申請の時期
就業の場合:移住支援金の対象企業に就業して3か月以上経過し、かつ、本市への転入後3か月以上1年以内
起業の場合:「ふるさと起業・移転促進事業(東京23区枠)」の交付決定日から1年以内、かつ、本市への転入後3か月以上1年以内

関連リンク
ひょうごで働こう!マッチングサイト(外部サイトへリンク)
お問い合わせ
所属課室:都市政策部まちづくり推進課伝建・まちづくり推進係
住所:たつの市龍野町富永1005-1
電話番号:0791-64-3167
FAX番号:0791-63-2594
posted by たつの市の未来を考える会 at 13:09| Comment(0) | お知らせ

2019年11月01日

公募を期待しています

先日のブログ記事にさせたもらっていました「国民宿舎、赤とんぼ荘・志ンぐ荘」の指定管理者に関して結局、公募が無く要件を緩和したうえで再公募をした件について思いを綴らさせていただきます。
この件は、先日、開催されました行政改革委員会でも報告や意見聴収を傍聴したので真実を記事にさせていただきます。
行政改革委員会の委員の方からは、そもそも、国民宿舎が一部上場会社に指定管理者に選定された経緯には、していたのはやはり、私が以前から耳にしていたとおり一部上場会社が指定管理をしても黒字化できないということで、廃荘に持ち込もうとの思惑があったのではないかという疑義がありました。
しかし、先日、この企業はホテル業界では日本国内でナンバーワンの業績を誇ったとの新聞記事が掲載されていました。
現たつの山本市政が前栗原市政と比較し、良し悪しということを私は現在のところ判断できないところもありますが、私が生理的に受け付けなかった前栗原市政を顧みると既得権益ありきの市政ではなかったかと思います。
私も、前栗原市長を徹底して叩いたことが幸いか不幸かは分かりませんが、現在も無事にこのまちで暮らせています。
強いて言わせてもらえるのであれば、もう少し市議の先生方も市民の幸福のために働いていただきたいものです。
おそらく、市議の支援者や関係者、本人すらも何のために議員をしているのだろうかという日々を過ごしているのではないでしょうか。。。
当選最下位クラスの先生でも次期県議選で当選もあるかも・・・
posted by たつの市の未来を考える会 at 20:52| Comment(0) | 未来を考える会の想い
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。