2019年11月30日

つい先ほどの会話の中で

不思議というか偶然というか夕方の会話の話題が
人の膵臓をブタで作製へ、明治大 年度内にも研究開始
11/30(土) 18:48配信

 明治大の長嶋比呂志専任教授(発生工学)のチームは30日までに、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使ってブタの体内で膵臓をつくる研究計画を文部科学省に申請した。了承されれば年度内にも研究を開始する。

 動物の受精卵に人のiPS細胞を入れた「動物性集合胚」をつくる手法は、臓器を丸ごとつくり出せる可能性がある。これまで東京大の中内啓光特任教授のチームがマウスやラットを使った実験を始めている。臓器の大きさが人に近いブタで研究が進めば、将来移植医療に役立つと期待される。

 文科省は、動物性集合胚を子宮に戻して動物を誕生させるのを禁じてきたが、3月に研究が解禁された。
posted by たつの市の未来を考える会 at 20:33| Comment(0) | 未来を考える会の想い

市議会で十分審議を

 先日、お知らせをさせていただきました再公募となった「赤とんぼ荘」「志んぐ荘」の指定管理者の記事ですが、当会ブログで外資系ではなかったようですので、この場をお借りして訂正をさせていただきます。
新たな指定管理者の候補は宿泊施設経営会社は、「JPT・Tours・Japan」という愛媛県の会社でありました。
当初、2施設一体での指定管理料を4,500万円から施設ごとの募集に切り替え3年の指定管理期間を「志んぐ荘」のみ指定管理期間を5年に延長し、指定管理料を2荘で年間7,000万円にした結果、両施設にそれぞれ同じ業者であるJPT社に決定されました。
事前審査は、行財政改革委員会が検討したとのことですが、前回の国民宿舎指定管理者の選定には公募者がおらず、委員の中からは「現在の指定管理者の指定管理料増額の条件闘争があるのではないか」との意見がありましたが、この度は、現在の指定管理者は応募しなかったとのことです。
しかしながら、2荘一体とせず「志んぐ荘」の指定指定管理期間を2年間延長したとしても、結局、同じ事業者が2荘の指定管理者として選定されたということで、とりあえず3年間は2億1,000万円の指定管理料が発生します。
現在において、年間2荘で2,000万円の赤字が発生していることを考え、現在の指定管理料の4,500万円を念頭に置き試算すれば、現在の施設利用者数がこのまま推移すると過程したとした場合、この度選定された事業者自体は500万円が利益になりますが、国民宿舎の企業会計は赤字が累積するのは確実でしょう。
まずは、この度選定をされた事業者が本気でこのまちの国民宿舎の再建に取り組んでいただき、指定管理料を減額できるくらいにして頂けることを願うと同時に、このような要素や今後の国民宿舎の在り方を十分に検討・精査をし12月5日開会される市議会で十分にご審議していただけることを期待しています。
IMG_7419.JPG
posted by たつの市の未来を考える会 at 20:07| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2019年11月28日

取り敢えず一安心

おそらく、外資系事業者と思いますが、現在の指定管理者である一部上場会社もお手上げのこのまちの国民宿舎の存続を精一杯頑張っていただけることを願います。
令和元年度 指定管理者候補者の選定結果について


下記施設の次期指定管理者について、たつの市指定管理者審査委員会にて応募者の審査が され、市が指定管理者候補者を選定しましたので、その結果をお知らせします。



1 指定管理者候補者の選定結果 (1)公募による施設 ※審査基準項目及び加点項目を採点し、基準項目(加点項目を除く)の得点率6割以 上を有した者で、基準項目と加点項目を合計した総得点をもとに選定

・たつの市国民宿舎赤とんぼ荘 応募者1者
応募者
総得点(基準項目と 加点項目の合計)
基準項目 の得点
基準項目 の得点率 JPT・Tours・Japan 株式会社 1011 点 917 点 70.5%

・たつの市国民宿舎志んぐ荘 応募者1者
応募者
総得点(基準項目と 加点項目の合計)
基準項目 の得点
基準項目 の得点率 JPT・Tours・Japan 株式会社 1022 点 924 点 71.1%
posted by たつの市の未来を考える会 at 19:19| Comment(0) | お知らせ

2019年11月25日

安心して

令和2年度 たつの市放課後児童クラブ入会のご案内
保護者が仕事や病気などにより、授業終了後、家庭で保育を受けられない小学生を対象に、適切な保護及び育成を図ることを目的として、放課後児童クラブへの入会児童を募集します。

入会を希望される児童の保護者は、入会申請書に必要書類を添付の上、社会教育課または放課後児童クラブへ提出してください。

放課後児童クラブ
放課後児童クラブの概要
放課後児童クラブ
クラブ名 電話番号
龍野 0791-63-3341
小宅第1 0791-63-0660
小宅第2 0791-62-3636
揖西東 0791-66-3270
揖西西 0791-66-3220
揖保 0791-67-2155
誉田 0791-62-9909
神岡 0791-65-0028
西栗栖 0791-78-0347
クラブ名 電話番号
東栗栖 0791-75-0039
香島 0791-77-1870
新宮 0791-75-5507
越部 0791-75-5455
半田 0791-72-7206
神部 0791-72-7208
河内 0791-72-7738
御津 079-322-0912
室津 079-324-0250
入会資格
次のいずれにも該当する児童

市内小学校の児童
保護者等(家族の方)が仕事や病気・ケガなどの理由で保育を受けられない児童
入会のきまりを順守できる方
保育内容
子どもたちが自主的に学習活動を行える環境づくりを行い、基本的生活習慣を身につける援助等を図りながら放課後を過ごします。なお、児童の安全のため、保護者の送迎が必要です。

定員
入会希望者が4人に満たないクラブは休会します。
また、各クラブ規定の定員を超える申し込みがあった時は、選考により入会者を決定する場合があります。

開設期間
令和2年4月1日〜2020年3月31日

保育時間
授業のある日:授業終了後〜19時
授業のない日(夏休み、振替休日等):8時〜19時
※18時〜19時は利用者のある場合のみ開所します。(要事前申込み)

休会日
土曜日、日曜日、祝日、8月14日〜16日、12月29日〜翌年1月3日
※長期休業期間中等に土曜日を臨時に開所する場合があります。

保育料
月額8,000円(7月は10,000円、8月は16,000円)

他におやつ代等として月1,000円程度、保険料として年額800円が必要です。
生活保護世帯、就学援助適用児童の保護者は、保育料の減免措置を受けることができます。
保育料の滞納者には、入会及び登所禁止の措置をとる場合があります。
令和元年度以前の保育料に滞納がある場合は、新年度の入会を許可しません。また、許可決定後も、以降(2月分・3月分)の保育料を滞納した場合は、許可を取り消します。
特別に支援が必要な児童の受入について
集団生活が可能であり、現行の児童クラブの施設、設備で対応が可能な場合は、入会できます。
クラブ支援員は、医療行為を行うことができません。

入会申請
受付期間
令和元年11月18日(月曜日)〜12月14日(土曜日)
※12月14日(土曜日)は、社会教育課のみの受付です。

受付場所
場所 受付時間
社会教育課
(たつの市役所分庁舎2階) 平日 8時30分〜17時15分
12月14日(土曜日) 13時〜17時15分
各放課後児童クラブ 平日 13時〜18時
入会申請
令和元年度入会の児童についても、改めて申請が必要です。
入会申請書の家族構成欄は、本人以外の同居家族全員を書いてください。
入会申請書には、同居家族全員(学生を除く)分の保育できないことを証明する書類(勤め先の就労証明書(自営業等、本人又は家族が証明する場合は、民生委員の確認が必要)、診断書等)を添付してください。
※入会申請書、就労証明書の用紙は、社会教育課及び各放課後児童クラブで配布しています。また、下記よりダウンロードも可能です。
※就労以外の証明に必要な民生委員確認書は、民生委員または社会教育課にあります。(各クラブでは配布していません。)
兄弟等、2人以上で申し込む場合も、申請書類は個々の分が必要です。
※就労証明書等、添付書類も個々それぞれに添付が必要です。(コピー可)
申請書類ダウンロード

令和2年度 たつの市放課後児童クラブ 入会募集要項(PDF:283KB)
放課後児童クラブ入会申請書(PDF:135KB)
放課後児童クラブ入会申請書(記入例)(PDF:314KB)
就労証明書(PDF:108KB)
就労証明書(記入例)(PDF:246KB)


ページの先頭へ戻る

Adobe Readerのダウンロードページへ
PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ
所属課室:教育事業部社会教育課青少年係

住所:兵庫県たつの市龍野町富永1005-1

電話番号:0791-64-3180

FAX番号:0791-63-3883

お問い合わせフォーム
posted by たつの市の未来を考える会 at 18:16| Comment(0) | お知らせ

2019年11月23日

無事で良かった

 大阪市住吉区の小学6年生の女児が行方不明になっていましたが、今日、栃木県内で発見されたニュースを見て一安心しました。
ニュースによりますと、別の女の子も監禁されて可能性もあったそうです。
ひきつづき「安全・安心まちづくり」を実現できるように頑張っていこうとつくづく感じました。
posted by たつの市の未来を考える会 at 19:31| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2019年11月22日

応募があったのでしょうか?

 一回目の公募で参加者がいなかった「たつの市国民宿舎赤とんぼ荘」、「たつの市国民宿舎志んぐ荘」の指定管理者ですが、再度の募集が先日20日締め切りとなりました。
現在、「たつの市国民宿舎赤とんぼ荘」、「たつの市国民宿舎志んぐ荘」の指定管理者となっています、一部上場企業でありホテル業に精通しているドーミーインホテルを全国展開している親会社である共立メンテナンスも再度の指定管理に手を挙げなかったことを考えれば、どこの企業が応募したかがとても気になります。
先の行財政改革委員会では、現在の指定管理者である共立メンテナンスが再度の募集で手を挙げれば条件闘争であるとの委員の意見もありました。
今月末には、応募者のヒヤリングが行われますが、このまちの国民宿舎の存続を担っていただける業者の応募があったことを心より願うばかりです。。。
posted by たつの市の未来を考える会 at 18:13| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2019年11月20日

感染性胃腸炎に注意しましょう!

冬場に発生する感染性胃腸炎の主な原因は、ノロウイルスなどのウイルス感染が多いとされており、感染予防の徹底が必要です。ノロウイルスは感染力が非常に強く、少量のウイルス量で感染しますので、抵抗力の弱い幼児や高齢者は特に注意が必要です。
ノロウイルスとは?
人の小腸粘膜で増殖するウイルスです。
ノロウイルスによる感染症胃腸炎や食中毒は、1年を通じて発生しますが、特に秋から冬にかけて多い傾向があります。保育所、学校、福祉施設などで発生した場合は、集団発生につながることがあり、注意が必要です。
ヒトの腸管で増殖し、感染症胃腸炎や食中毒をひきおこす恐れがあります。
ノロウイルスにはワクチンがなく、治療は輸液などの対症療法に限られてしまいます。
ウイルスを取り込んだ二枚貝を生あるいは不十分な加熱で食べたり、ノロウイルスが含まれるふん便や吐ぶつ等から二次感染する場合などがあります。
感染経路
人からの感染
ノロウイルスが含まれている糞便や嘔吐物等から二次感染する場合
食品からの感染
ウイルスで汚染されていた食品を生又は十分に加熱しないで食べた場合
食品を取り扱う人(家庭では調理をする人も含む)が感染していた場合で、その人を介して汚染された食品を食べた場合
症状
ウイルスが体内に取り込まれてから、24時間から48時間で発症します。主な症状は、吐き気・嘔吐・下痢・腹痛などの症状を引き起こします。発熱は軽度です。通常、これらの症状が1日から2日続いた後に治療し、後遺症もありません。また、感染しても発症しない場合や軽い風邪のような症状の場合もあります。
流行時期
1年をとおして発生は見られますが、11月から増加しはじめ、12月から1月が発生のピークになる傾向があります。
予防方法
二枚貝は、十分加熱してから食べましょう。(食品の中心温度85度以上で1分間加熱を行えば、感染力はなくなるとされています。)(湯通し程度の加熱ではウィルスは死にません。)
食事前、調理をする時、用便後には必ず石けんで十分洗いましょう。手洗いの際には、清潔なタオルを使用しましょう。
特高齢者や子どもなど抵抗力の弱い方は、加熱が必要な食品は中心部までしっかり加熱しましょう。また、調理器具等は、使用後に洗浄、殺菌しましょう。
消毒方法
ノロウイルスに対してアルコールや逆性石けんは、あまり効果がないため、適切な濃度の次亜塩素酸ナトリウム溶液(キッチンハイターなど塩素系消毒剤)を使用しましょう。
熱湯消毒は熱湯(85度以上)で1分間以上加熱しましょう。
関連情報
県のリーフレット(PDF:266KB)
兵庫県ホームページ感染性胃腸炎(ノロウイルス等)について(外部サイトへリンク)
厚生労働省ホームページノロウイルスに関するQ&A(外部サイトへリンク)
国立感染症研究所感染症情報センター(外部サイトへリンク)


PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。
お問い合わせ
所属課室:健康福祉部健康課 
住所:兵庫県たつの市龍野町富永410-2
電話番号:0791-63-2112
FAX番号:0791-63-2122
posted by たつの市の未来を考える会 at 19:25| Comment(0) | お知らせ

2019年11月18日

何かあったのかな?

当会などをはじめ社会問題を常に取り上げられておられる方が、後先になっても必ず毎日ブログを更新されておられますのに今月15日からブログが更新をされていません。
何故か気になる今日この頃です。
posted by たつの市の未来を考える会 at 19:21| Comment(0) | 未来を考える会の想い

全国初の条例市として

「エセ行為」と思ったらご連絡をください。
たつの市、部落差別解消で全国初の条例施行のワケ
平野次郎|2018年12月14日11:51AM

部落差別解消へ向けて11月16日に開かれたたつの市の審議会。(撮影/平野次郎)
部落差別解消推進法が2016年12月に施行されて2年。部落解放同盟や一部自治体による法の周知や啓発にもかかわらず、メディアがほとんど報じないこともあって、同法の具体化や活用は進んでいない。そんななか兵庫県たつの市が同法を受けて全国初の条例を今年4月に施行。11月16日に同市部落差別解消推進審議会を発足させ、実態調査や基本計画策定の取り組みを始めた。
部落問題に関する法律としては、1969年に施行された同和対策事業特別措置法が名称を変えて2002年3月まで33年にわたって存続した。特別措置法の期限切れ後、法の空白状態が続くなかで国や自治体による施策の後退が目立った。同和教育は00年に人権教育・啓発推進法が制定されたものの人権全般の中に解消され、学校教育で部落問題を学ばない世代が増えている。
一方、12年11月の衆議院解散で民主党政権による人権委員会設置法案が廃案になったあと、自民党政権は個別法による対応を打ち出し、「障害者差別」「ヘイトスピーチ」に続き、「部落差別」についても三つ目の解消推進法として、いずれも16年度に施行された。
部落差別解消推進法は、現在もなお部落差別が存在し情報化の進展に伴って差別の状況に変化が生じているとしたうえで、「基本的人権の享有を保障する日本国憲法の理念にのっとり、部落差別は許されない」と規定。法律で初めて「部落差別」の表現が用いられた意義は大きい。罰則などを伴わない理念法だが、「部落差別の解消に関する施策」を国や自治体の責務とし、相談体制の充実、教育・啓発の実施、差別の実態調査を挙げている。
たつの市部落差別解消推進条例案は17年12月の市議会で全会一致で可決された。条例は法の目的と理念を踏まえて「部落差別のないたつの市を実現する」とし、市の責務として法が挙げている三点のほかに部落差別解消推進基本計画の策定、審議会の設置などを明記している。11月16日開会の審議会(会長 根本親良・たつの市民主化推進協議会会長)では、山本実市長から基本計画策定の諮問を受けて審議。今年度中に部落差別の実態・意識調査の素案を作成、来年度に調査を実施して基本計画の策定に着手することを決めた。
【交流による差別解消へ】
では、同市がなぜ全国の自治体に先駆けて条例を制定することになったのか。そこには審議会会長の選出母体である民主化推進協議会の存在が大きい。同協議会は部落解放同盟と協力しながら同和対策事業を推進するため1973年に発足。自治会を中心にPTA、婦人会、老人会、企業、行政などの各専門部会を設け、部会ごとに新任教職員、保護者、会社員らの人権研修を実施している。地域の隣保館や集会所では、学習や音楽、スポーツ、リクリエーションなどの講座や催しに地区内外の大人や子どもたちが参加し、交流することで偏見や差別の解消につながっている。こうした成果は小学校区ごとに設けた各支部が集まって毎年開く人権教育実践発表会で各地域の取り組みとして報告される。
こうした活動にもかかわらず、差別は一向に減らない。2015年に同市内の中学校で3年生の生徒が被差別部落出身教師に対し「エッタ」などの差別語を浴びせた事件は関係者に衝撃を与えた。結婚などに伴い被差別部落の所在地を市役所に問い合わせるケースは毎年のように発生している。インターネット上の部落差別やヘイトスピーチも跡を絶たない。なかでも市内の被差別部落を写真入りで解説し部落出身者の個人名を暴露するなどの悪質な書き込みについて昨年11月の市会議員や市職員の人権研修で紹介されると、条例制定への機運が一気に高まった。
だが、全国的には自治体による条例化はあまり進んでいない。部落解放同盟中央本部によると、新たな条例は、たつの市に次いで兵庫県加東市が制定し、既存の条例を法に合わせて改正した自治体は約20市町になるという。
(平野次郎・フリーライター、2018年11月30日号)
IMG_7410.JPG
IMG_7411.JPG
posted by たつの市の未来を考える会 at 19:09| Comment(0) | お知らせ

2019年11月17日

一致団結で

署長からのメッセージ
 去る10月31日、たつの市総合文化会館アクアホールにおいて
    揖龍地区安全・安心まちづくり住民大会
が盛大に行われました。
 第一部の式典では、治安維持に貢献した功労により、当署員3名が
    揖龍地区住民の警察官賞
    揖龍地区警察官友の会優秀警察官賞
をいただきました。各々、この栄誉に恥じぬよう、今後も安全で安心なまちづくりに向け、一層尽力する決意を新たにしたところです。署員を代表して厚く御礼申し上げます。本当にありがとうございました。
 また、第二部では、音のかけ橋として、各地で活動する「兵庫県警察音楽隊」の演奏も行われ、式典に花を添えました。
 犯罪被害や交通事故の防止は、警察による活動のみならず、地域の皆様の協力があってこそ実現できるものです。
 揖龍地区の安全・安心なまちづくりの実現に向け、一致団結して取り組んでいきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

たつの警察署長
 田中 聖児
警察署の所在地等
郵便番号:679-4167
所 在 地 たつの市龍野町富永1005番地75
電話番号:(0791)63-0110
FAX番号:(0791)63-9250
交通方法:JR姫新線「本竜野駅」から南西へ約1.8km
山陽自動車道「龍野IC」から北西へ約800m

庁舎情報はこちら
 警察署の管轄区域
たつの市 揖保郡
posted by たつの市の未来を考える会 at 16:24| Comment(0) | お知らせ
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。