2019年04月06日

さくらの満開と同時に

 昨日、異業種ではありましたが、大変お世話になっています会社の社長のお通夜式に参列させていただきました。
かれこれ十数年お付き合いをさせていただいていますが、2年ほど前に姫路国立医療センターに入院されていた時に、お見舞いに行かせていただいて、しばらくの間、私のことを気にかけてお話をしていただいたのが最後の生前中のお会いになりました。
当然のことながら事業にはとても厳しい社長でしたが、祭壇に飾られた故人の遺影を見てつくづく感じたことは、厳しい言葉の中にも温かい本質があったのかと帰りの車中でしみじみ思いました。
これまで多くの方のお通夜式に参列させていただきましたが、自分が「今を生きている。生かされている」と感じたのは恥ずかしながら初めてのことでした。
勿論、故人に対しての悲しみや想いはありますが、その人にかけてもらった何気ないお言葉が頭に残っています。
今現在も、私に生きる勇気や前進する自信を奮い立たして下さる方や、陰ながらご応援して下さるかたのために今後どのように恩返しをさせていただけるかなと思うと、月並みではありますが、このまちの未来を担う子供たちのために、せめてこたつの市を「安全・安心」なまちにするためにも、綺麗ごとかもしれませんが人生を捧げられればと真剣に思っています。
昨日のお通夜式に現職代議士もお姿もお見掛けしましたが、真剣に、この国、この地域のための代弁者となっていただきたいと思います。
明日は、県議会議員選挙の投票日ですが、私たちの生活を左右する大事な選挙ですので「清き一票」も大事ですが真剣に私たち住民のために働いてもらえる候補者に一票を投じたいと思います。
余談ではありますが、この度の県議選で立候補を予定していましたが、ある事情で、立候補を断念した元県議に関する過去の不祥事記事が、未だに私や私に関係する捏造記事をアップしている「ブログ」からある日突然、削除されたことを考えるともう皆さまお分かりのことと存じます。
また、前回県議選後のブログコメントのように「松明(たいまつ)を灯したのか」と書きこまれるかも・・・
そのうち全てが明らかになればお知らせをさせていただきたいと思っています。
では、明日の県議選の投票率は40%を割るかもと危惧しますが是非、投票に。

続きを読む
posted by たつの市の未来を考える会 at 19:46| Comment(0) | お知らせ

2019年04月04日

使命とは

 昨日、私を支えて下さったからいただいたお守りを、四国西国霊場八十八ケ所第21番札所の太龍寺にお参りをさせていただきまいた。
帰りの車の中でしみじみとミスチルの「タガタメ」を聞きました。
ディカプリオの出世作なら
さっき僕が録画しておいたから
もう少し話をしよう
眠ってしまうにはまだ早いだろう

この星を見てるのは
君と僕と あと何人いるかな
ある人は泣いてるだろう
ある人はキスでもしてるんだろう

子供らを被害者に 加害者にもせずに
この街で暮らすため まず何をすべきだろう?
でももしも被害者に 加害者になったとき
出来ることと言えば
涙を流し 瞼を腫らし
祈るほかにないのか?

タダタダダキアッテ (ただただ抱き合って)
カタタタキダキアッテ (肩叩き抱き合って)
テヲトッテダキアッテ (手を取って抱き合って)

左の人 右の人
ふとした場所できっと繋がってるから
片一方を裁けないよな
僕らは連鎖する生き物だよ

の世界に潜む 怒りや悲しみに
あと何度出会うだろう それを許せるかな?
明日 もし晴れたら広い公園へ行こう
そしてブラブラ歩こう
手をつないで 犬も連れて
何も考えないで行こう

タタカッテ タタカッテ (戦って 戦って)
タガタメ タタカッテ (誰がため 戦って)
タタカッテ ダレ カッタ (戦って 誰 勝った?)
タガタメダ タガタメダ (誰がためだ? 誰がためだ?)
タガタメ タタカッタ (誰がため戦った?)

子供らを被害者に 加害者にもせずに
この街で暮らすため まず何をすべきだろう?
でももしも被害者に 加害者になったとき
かろうじて出来ることは
相変わらず 性懲りもなく
愛すこと以外にない

タダタダダキアッテ (ただただ抱き合って)
カタタタキダキアッテ (肩叩き抱き合って)
テヲトッテダキアッテ (手を取って抱き合って)
タダタダタダ (ただただただ)
タダタダタダ (ただただただ)
タダタダキアッテイコウ (ただた抱き合っていこう)

タタカッテ タタカッテ (戦って 戦って)
タガタメ タタカッテ (誰がため 戦って)
タタカッテ ダレ カッタ (戦って 誰 勝った?)
タガタメダ タガタメダ (誰がためだ? 誰がためだ?)
タガタメ タタカッタ (誰がため戦った?)
52歳も過ぎたおっさんですが、これからどう生き方をしっかりと考える機会になりました。
続きを読む
posted by たつの市の未来を考える会 at 19:49| Comment(3) | 未来を考える会の想い

2019年04月01日

市も一体となって

母子健康支援センターはつらつ

平成31年4月より妊娠期から子育て期における相談やサービスを切れ目なく提供するための総合相談窓口として、母子健康支援センター「はつらつ」を開設しました。

妊娠・出産・子育てに関することについて、保健師・助産師・栄養士・看護師が相談に応じ、健康づくりをサポートします。

こんな悩みを抱えていませんか?

  • 妊娠中の生活が気になる、妊娠中の食事はどうすればいいの。
  • 病院で聞くほどでもないけど、こんな時は大丈夫?
  • おっぱいが足りているか、赤ちゃんの体重が気になる。
  • 日中はひとり、ママ友がいない、相談する人がいない。
  • こどもの発達が気になる。
  • 妊娠中のこと・子どものこと、どこに相談したらいいかわからない。

受付時間

  • 月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)
  • 午前8時30分〜午後5時15分まで

場所

  • たつの市健康課(はつらつセンター内)
  • 電話0791-63-5121

妊娠・出産・お子さんの健康づくりを支援していきます。



Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部母子健康支援センターはつらつ

住所:兵庫県たつの市龍野町富永410-2

電話番号:0791-63-5121

FAX番号:0791-63-2122

posted by たつの市の未来を考える会 at 17:52| Comment(0) | お知らせ
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。