2018年06月22日

200歳まで生きるかもしれませんが

 「嫌われ者世にはばかる」ということわざがあります。
人気者であった永遠の国民的スターの石原裕次郎も美空ひばりも52歳で亡くなりましたが、私も来年にはその歳になります。
とても有り難いことであります。し、私も孫できた中で欲を言わずそれ以上生きられれれば、生意気かもしれませんが儲けものではないかと思うのが今の私の心の境地です。
今日の、たつの市議会の傍聴でお会いしました、現在、渦中にあります紀州のドン・ファンと同い年の「明さん」も私と一緒にたつの市役所の見張り番として嫌われ者の〇〇〇〇のように市庁舎に寄生しながら200歳まで生きていきましょうね。
先日、明さんとお話の中で、「明」という名を「日」「月」と戒名を考えておられることでしたので、「連休」とされてはと助言させていただきましたが、明さんは、今のところ市役所には毎日登庁することが「我が人生に悔いはなし」とのことでしょうね。
私としては、もうひとり人生の大事な恩人にこの唄をもう一度心から歌ってもらいたいと願うばかりです。

posted by たつの市の未来を考える会 at 20:50| Comment(3) | 未来を考える会の想い

たつの市議会は「安全・安心」で


【瀬戸内海放送記事より引用】
速報】包丁4本持った男が議会に乱入 議員に突きつけ 岡山・美作市

6/22(金) 13:27配信   

KSB瀬戸内海放送

【速報】包丁4本持った男が議会に乱入 議員に突きつけ 岡山・美作市

美作市議会

 包丁4本を持って乱入しました。岡山県美作市議会の委員会室で、傍聴席にいた男が、突然包丁を振りかざし、駆け付けた警察官に現行犯逮捕されました。

 美作警察署によりますと、22日午前10時ごろ、美作市議会の産業建設常任委員会で、男が傍聴席を乗り越え、70歳の男性議員に対し、大声をあげながら包丁を突きつけました。

 市役所職員からの通報で駆けつけた警察官が、市内の無職、駿河広己容疑者(67)を暴力行為処罰法違反の疑いで現行犯逮捕しました。

 委員会室では当時、産業建設委員会の常任委員会が開かれていて、6人の議員をはじめ26人いましたが、けが人はいませんでした。

 駿河容疑者は、両手にそれぞれ1本包丁を持ち、腰にも2本の包丁をさしていたということです。警察が動機などを調べています。 最終更新:6/22(金) 15:18


posted by たつの市の未来を考える会 at 16:19| Comment(1) | お知らせ
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。