2018年06月13日

給食センター建設を急いだわけVo1

 昨日のブログにも書かせていただきましたが、一昨年前の7月に児童、生徒に安全・安心な給食を提供するために竣工しました「たつの市中央学校給食センター」の事業化をする時点で、全市内の幼、小、中学校の給食を提供できないとしながら見切り発車で給食センターの建設をしてしまったのには、ある事情と思惑が交差していたことで、竣工してまだ日が浅いにもかかわらず、このような「第2の給食センター」の建設をしなければならないことになっています。
ある事情や思惑というのは、現在、稼働しています中央給食センターの用地はたつの市が給食センターを建設をするにあたり、たつの市役所土地開発公社から購入したものです。
バブルがはじけてしまい企業誘致も進まないなかで、この土地だけが売れ残っているので、市が土地開発公社を解散しようにも解散できない事情がありました。
通常なら、「土地価格を下げて販売をすれば」と皆さん思われるでしょうが、それができない事情があったのです。
それは、お隣の自動車会社の建設工事をした業者と市との取り交わしがあったのです。
このことは、工事をされた業者の創業者が公然とお話をされていたことですので、今後、「第の2給食センター」で同じようなことが繰り返されないためにも、市民のみなさまの税金が公平で公正に使われるためにもお知らせをしてゆきたいと思います。
                                                       つづく
posted by たつの市の未来を考える会 at 13:40| Comment(2) | お知らせ

2018年06月12日

大切な人に想いを込めて

第68回龍野納涼花火大会メッセージ花火募集

平成30年8月4日(土曜日)開催予定の龍野納涼花火大会では、“メッセージ花火”と題し、花火とともに伝えたいメッセージを募集します。結婚、誕生、還暦、金婚、プロポーズや応援など自由に応募できます。

ご応募いただいた方には特別観覧場所をご用意しますので、ぜひご応募ください。

対象者

個人(グループも可)

協賛金

一口3,000円(花火打上費用等に充てられます)

特典(特別観覧場所への入場)について

ご協賛いただいた方には花火の打ち上げ個所に近い特別観覧場所への入場券を5枚(1人1枚使用可)お渡しします。

申込方法

申込用紙を市観光協会事務局(観光振興課内)にご提出ください(FAX可)。後日、振込先をお知らせしますので、指定日までに口座振込をお願いします。

申込書は、観光振興課窓口又は下記から取得できます。

メッセージ花火申込書(ワード2007:22KB)

申込期限

平成30年7月2日(月曜日)

その他

当日は打ち上げ前に放送し、チラシにお名前(ペンネーム可)とメッセージ(30文字以内)を掲載します。

営利目的、政治、宗教関係や誹謗中傷など、適当でないと判断する内容はお受けできません。

荒天などにより、大会が延期又は中止になっても協賛金は返金できません。

お問い合わせ

所属課室:産業部観光振興課 

住所:兵庫県たつの市龍野町富永1005-1

電話番号:0791-64-3156

FAX番号:0791-63-2594

続きを読む
posted by たつの市の未来を考える会 at 14:39| Comment(0) | お知らせ

だから、言ってたでしょ

【平成27年第4回たつの市議会定例会:9月17日】会議録
(山本元市議(現たつの市長)一般質問)

  もっと計画を持ってやっぱりつくってもらわんと、これ税金の無駄遣いですわ、正直言って。もう少し考えてください、これね、第二の給食センターも。今のやつも4,000食を6,000食でも7,000食でもしたらええんですよ。そしたら安くなりますよ。今からまた違うとこへ持って行って給食センター建てるなんてとんでもないですよ、これ。検討に入った言うて。もう少し真剣に考えてくださいよ、これは。
 次、いきます。給食センターの建設工事の入札ですけど、前の6月議会で設計書は業者がつくったって部長さん言われて、チェックは教育委員会の職員がチェックした。こんな設計書がですよ、発注しとんですよ。普通あり得ないですよ、こんなん。業者が設計したやつを、市の素人がチェックした。それで、この実態がこんなんですよ。14億円代が4社おって、15億円代が取ってるんですよ、これ。こんなばかみたいな話ないですよ、本当に。
 それと、朝来市へ行かれたと思うんです。行かれて、3,000食の給食されとんです。見に行かれたでしょう。その設計金額が9億2,000万ですわ。9億2,000万、建物。たつの市4,000食の給食センター、19億7,000万円ですよ。家を建てるときに、建坪何ぼで建てられますかてよう皆さん聞かれますわね。これ平米で割ったら、朝来市が39万円、たつの市が建てとんのは60万円ですよ。朝来市行かれて、たつのの給食センターとどっか違うんですか。言うてください。

posted by たつの市の未来を考える会 at 14:27| Comment(3) | たつの市議会

2018年06月10日

ソフトでもハードでも

 今朝の新聞折り込みに、山口晋平県議の県政報告第10号が入っていました。
兵庫県の野々村竜太郎元県議の号泣会見で、全国的にも現・元県議に飛び火をした政務活動費をしっかりと支出しての県政報告であると願っています。
また、少し前にも山口県議と同様の県政報告を松井重樹県議も発行していましたが、公共事業等の実施予定箇所などのハード面の報告もいいですが、ソフト面の具体的な取り組みも報告をお願いします。
松井県議においては、昨年の夏の補欠選挙で県議になったばかりですが、早くも自身が県議として取り組んだ結果といわんばかりの県政報告でしたので。。。
聞くところによりますと、元県議は県議にもなっていないときに事業化された社会資本整備事業をあたかも自分が一時的に県議になったときに事業化をさせたと訴えておられたそうですが、これでは有権者も騙されても仕方がありませんね。
話は山口晋平県議の県政報告にもどりますが、予算特別委員会での質問項目の中に【公安委員会】5.「暴力団からの離脱支援と加入阻止について」とありますが、公安委員会の存在自体が暴力団や反社会的集団の本質や実態をまったく知らず、知ろうともしない上品な事なかれ主義のお方ばかりのような気がいたしますので、その辺もしっかりと含めて質問をしていただきたいものですし、暴力団追放運動をしている団体などと警察が密に連携がとれるような方策のや施策の確立も提案していただきたいのもです。
元県議におかれましては、体を張って矢面に立っておられるとのことですから(≧▽≦)
IMG_6647.jpg
無題.pngvy.png
posted by たつの市の未来を考える会 at 16:40| Comment(0) | 未来を考える会の想い

2018年06月08日

市政に関することですので調査報告をいたします

 先月12日に、当会に一通の匿名の投書が宛てられましたことで、匿名の方からではありましたが、市民の税金が投入されている市政に関することでしたので、調査をさせていただきご報告をさせていただきます。
投書の内容というには、過去に皮革汚水にともなう3か所の前処理場を統合したことが、逆に経費増大になっているのではないかというようなものでしたが、担当部署等に確認したところ、前処理場統合事業に有した費用は13億4千2百万円であり、市の負担分は2億1千8百万円とのことでした。
現在では、毎年約1億5千万円ほどの経費削減になっており、前処理場統合事業は市にとって費用対効果を含め大事なな事業であったとのことでした。
まずは、ご報告まで。

posted by たつの市の未来を考える会 at 14:35| Comment(4) | お知らせ

2018年06月07日

ぜひご参加を

第5回たつの新舞子ビーチカップ

たつの市新舞子海岸を舞台に第5回ビーチバレーボール大会を開催します。

bi-tihp3

bi-tiHP

開催日

2018年7月15日  (日曜日) 9時〜※雨天決行

場所

名称たつの市新舞子海岸
住所たつの市御津町黒崎

募集人数

一般4人制(32チーム)、小学生6人制(16チーム)

費用

一般:4,000円/1チーム
中学生・高校生:2,000円/1チーム
小学生:無料

※参加費は当日受付にて徴収いたします。

申込方法

たつの市教育委員会体育振興課宛に下記申請書を、メールもしくはFAX・郵送にて提出
メール:taiikushinko@city.tatsuno.lg.jp
TEL:0791-63-2261
FAX:0791-63-4470

申込期限

2018年6月21日(木曜日)必着

その他

招待選手(予定)
パナソニックパンサーズの川村慎二監督、専田和也選手 

主催

たつの市、たつの市教育委員会、たつの市体育協会

後援

たつの市海まつり実行委員会、西播バレーボール協会、神戸新聞社

お問い合わせ

所属課室:教育事業部体育振興課(龍野体育館) 

住所:兵庫県たつの市龍野町富永1005-1

電話番号:0791-63-2261

FAX番号:0791-63-4470

posted by たつの市の未来を考える会 at 16:12| Comment(0) | お知らせ

このまちの財産です

第3回たつの新舞子ビーチクリーン大会

たつの市新舞子海岸中央浜にて第3回たつの新舞子ビーチクリーン大会を開催します

楽しんで競いながら海をきれいにすることを目的に清掃活動を競技性を持ったスポーツ大会として、たつの新舞子海岸中央浜にてビーチクリーン大会を開催します。
チームで清掃活動の成果を競い心も環境もクリーンにしよう!

開催日

2018年7月14日  (土曜日) 15時〜 ※雨天決行

場所

名称たつの市新舞子海岸中央浜
住所たつの市御津町黒崎

内容

募集部門
(1)一般の部(中学生以上)
(2)ファミリーの部(小学生以下の子供が1名以上参加)
(3)小学生の部(小学生)
※いずれも1チーム4名以内

費用

無料
※ごみ袋は主催側で用意しますが、軍手・火ばし等の道具はご持参ください。

申込方法

たつの市教育委員会体育振興課宛に下記申請書を、メールもしくはFAX・郵送にて提出
メール:taiikushinko@city.tatsuno.lg.jp
TEL:0791-63-2261
FAX:0791-63-4470

申込期限

2018年6月30日(土曜日)必着

主催

たつの市、たつの市教育委員会、たつの新舞子ビーチカップ実行委員会

後援

新舞子観光協同組合、たつの市海まつり実行委員会

お問い合わせ

所属課室:教育事業部体育振興課(龍野体育館) 

住所:兵庫県たつの市龍野町富永1005-1

電話番号:0791-63-2261

FAX番号:0791-63-4470

posted by たつの市の未来を考える会 at 16:10| Comment(0) | お知らせ

2018年06月06日

たつの市議会定例会が始まりました

平成30年6月定例会第1日

とき日程等

6月5日(火曜日)

開会あいさつ(議長・市長)、開会宣告、開議宣告

日程第1(会議碌署名議員の指名)、日程第2(会期の決定)、日程第3(同意第6号〜9号、提案説明から表決)、日程第4(同意第10号〜11号、提案説明から表決まで)、日程第5(議案第42〜44号、提案説明から表決まで)、日程第6(議案第45号〜46号、提案説明から総務生活常任委員会付託まで)、日程第7(議案第47号、提案説明から福祉文教常任委員会付託まで)、日程第8(議案第48号、提案説明から経済建設常任委員会付託まで)、日程第9(議案第49号、提案説明から予算決算特別委員会付託まで)、休会議決、散会宣告


お問い合わせ

所属課室:議会事務局総務係・議事係 

住所:兵庫県たつの市龍野町富永1005-1

電話番号:0791-64-3177

FAX番号:0791-62-4949

posted by たつの市の未来を考える会 at 17:52| Comment(0) | たつの市議会

2018年06月05日

ぜひJR姫新線利用を

 ここ数年JR姫新線を利用される方が増えています。
お隣に所在する姫路市には国宝・ユネスコ世界遺産に登録されています「姫路城」通称「しらさぎ城」があります。
現在、世界各国から大勢の外国人が観光に来姫されていますが、世界に播州の恥にならないようにしていただきたいものです。
播州弁は、日本で一番汚いといわれていますが、心だけは清く持ちたいものですね。
姫路城(しらさぎ城)には「播州皿屋敷」という怪伝説がありますが、今のこの時代にも怨念は残っているような気がしてなりません。が、姫路城(しらさぎ城)や播州の歴史を知っていただくためにも、ぜひ、JR姫新線をご利用していただければと思います。
【以下、ネット記事より】
 姫路城城主が木下家定であった頃、宮本武蔵は名前を隠し姫路で足軽奉公をしていました。その頃、城内では天守に妖怪がでるという噂が広まっており、城の見張り番の者たちもおそれをなしてまともに出番を勤めることができない状態が続いていました。しかしただ一人武蔵だけが平気で夜の番をしており、それを聞いた家老が、その足軽は高名な武芸者宮本武蔵であろうと名を隠していた武蔵を見破り、武蔵に妖怪退治を命じました。

ある夜のこと、武蔵は手に灯り一つを持って不気味な暗闇の天守閣に登っていきました。
武蔵が三階の階段にさしかかった時、突然あたりを激しい炎が包み、地響きと轟音が起こり、武蔵に襲いかかろうとします。すぐさま武蔵は妖怪に斬りかかろうと腰の太刀に手を掛けます。すると異変はピタリと止まり、あたりはまた何もない暗闇に戻りました。
何事もない3階から武蔵が4階にあがるとまた同じような炎と轟音の地響きが起こります。しかし、武蔵が腰の太刀に手を回すと、またあたりが静けさを取り戻したのでした。
そのまま天守閣まで登った武蔵は、妖怪が現れるのを待とうと明け方まで座り続けます。やがて、眠気に誘われうつらうつらし始めた頃どこからともなく武蔵を呼ぶ声が聞こえてきます。
目を開けると武蔵の前に美しい姫が現れ武蔵に語りかけました。
「わたしは姫路城の守り神、刑部明神です。今夜あなたがここに来てくれたおかげで、城に住む妖怪は恐れをなして逃げていきました。褒美としてこの剣を与えましょう」
武蔵の前には、白木の箱に入った郷義弘(ごうのよしひろ)の名刀が残されていました。

播州皿屋敷お菊井戸

姫路城の上山里(かみのやまさと)とよばれる広場に、お菊井戸と呼ばれる古い井戸があります。この井戸は、播州皿屋敷で知られるお菊さんゆかりの井戸でよく知られた怪談話が残されています。
 約450年前の室町時代中期、
姫路城執権の青山鉄山(てつざん)は、城を乗っ取ろうと、城主を増位山の花見の宴で毒殺しようと企てていました。
 それを察した城主の忠臣、衣笠元信(きぬがさもとのぶ)は、愛人であるお菊を鉄山の屋敷に奉公させて企みを探らせ、
鉄山の息子小五郎から父の陰謀を聞き出しました。
 この知らせを聞いて元信は、花見の宴で城主を毒殺しようとする鉄山の陰謀を阻止することができました。その後もお菊は、鉄山の屋敷で動向を探り続けていましたが、鉄山の同士町坪弾四朗(ちょうのつぼだんしろう)に気づかれてしまいます。
 ところが、以
前からお菊に好意を持っていた弾四朗は「黙っている代わりに自分のものになれ」とお菊に言い寄りました。しかし、お菊はその条件を聞き入れず、弾四朗に折檻されます。それでも強情に言うことをきかないお菊を憎らしく思うようになった弾四朗は、ある日、お菊が預かる家宝の十枚の皿うち一枚を隠してその罪をお菊に負わせ、ついにお菊を切り殺し庭の井戸に投げ込みました。
 それからというもの夜ごと井戸の底から悲しげな女のか細い声で
 「一枚、二枚、三枚、四枚、五枚、六枚、七枚、八枚、九枚・・・・・」
と皿を数える声が聞こえるようになりました。
その
お菊が投げ込まれた井戸がお菊井戸だと言われています。


近松門左衛門・井原西鶴と「お夏・清十郎」

井原西鶴の小説「好色五人女」の中の「姿姫路清十郎物語」や近松門左衛門の戯曲「五十年忌歌念仏」で使われた「お夏と清十郎」の物語が姫路には伝えられています。

 1625年、姫路の米問屋「但馬屋」に奉公していた室津の造り酒屋の息子清十郎が、米問屋の主人に刀を振り重傷を負わせる事件が起きました。身分の違う者同士が結ばれない時代に米問屋の娘お夏と恋仲になったことが原因でした。
 この騒動を知った当時の姫路城城主榊原忠次は、同じような事件が二度と起きないようにと清十郎を打ち首の刑に処しました。
しかし、その処分をきっかけに清十郎を忘れきれないお夏は「清十郎さま殺さば、お夏も殺せ」と半狂乱で叫び、髪を振り乱して裸足で城下を歩き回るようになりました。

という悲しい物語です。
現在、姫路城の北の「野里の慶雲寺」には、この世で結ばれなかった二人があの世で結ばれるようにと二つの小さなお墓が建てられています。
毎年、8月9、10日には二人を供養する「お夏清十郎供養まつり」が行われています。


城の傾きと棟梁の死

現在の姫路城は1601年から9年がかりで建てられました。その9年間の築城を指揮したのが棟梁の桜井源兵衛でした。

源兵衛は寝る間も惜しみ毎日仕事に打ち込み、築城を9年という短い期間でやり遂げる偉業をなしとげました。はれて完成した姫路城を眺めた源兵衛は達成感と満足感に包まれていたことでしょう。しかし、源兵衛にはひとつだけ気にかかることがありました。城が少し傾いて見えたのです。
後日、源兵衛は妻を連れて城を案内しました。美しい外観とは裏腹に戦にそなえ要塞としての役割も果たす城は、妻にとってはまるで迷路のようにいつまでたっても天守につかないように思いました。いくつもの門をくぐりやっと天守の下まで来たとき、大天守を見上げた妻は源兵衛に言いました。
「とてもすばらしいお城です。ですが、お城がすこし傾いて見えるのですが・・・」
その言葉を聞き、源兵衛は打ちひしがれた気になりました。
--素人の目にも傾きがわかるようでは、自分の設計に誤りがあったに違いない。--
そう思った源兵衛はノミを口にくわえ天守閣の最上階から飛び降りたと言われています。

実際、姫路城は巽(たつみ)(東南)の方向に傾いていました。しかし、これは姫路城を支える心柱の礎石の地盤が沈下していたためで、源兵衛の設計に誤りがあったわけではありませんでした。

 東に傾く姫路の城 花のお江戸が恋しいか

姫路城の傾きを伝える俗謡が残っています。

一説によると、要塞でもある城の弱点をも知り尽くした大工を城の完成を待って殺したという考え方もあるようです。

城を守った中村大佐

 江戸幕府が倒れ新政府が発足すると、それまでとは異なり城は無用の長物になっていきました。明治7年陸軍歩兵十連帯の設置に伴い、姫路城の櫓や門などが取り壊され、天守も取り壊されかけました。しかし、解体のための費用も莫大にかかることから、姫路城は競売にかけられることになります。落札者は姫路市米田町の神戸清一郎氏で落札価格は23円50銭でした。
神戸氏は城の瓦や釘を再使用するつもりでしたが、やがてうまく使えないことがわかり、結局その権利を放棄してしまうことになります。
そんなころ姫路城のすばらしさを後生に残すべきだと立ち上がったのが、当時陸軍省第四局長代理だった中村重遠大佐(なかむらしげとうたいさ)でした。
中村大佐は、陸軍卿(りくぐんきょう)(陸軍大臣)の山県有朋(やまがたありとも)に陸軍省の費用で姫路城を永久保存するための修理をすべきだと意見書を出しました。
この意見書のおかげで1879年(明治12)に姫路城の保存が決定しました。
 
 この中村大佐の働きをたたえ、「の門」の近くに中村大佐の碑が建てられています
posted by たつの市の未来を考える会 at 21:06| Comment(3) | 未来を考える会の想い

2018年06月04日

初夏の「たつの」をお楽しみください

初夏の「たつの」の見どころを動画で紹介

新舞子の潮干狩り、室津の海でのフライボード、揖保川の鮎釣り、浦部の紅花畑、御津自然観察公園のあじさい等、初夏の「たつの」の見どころを動画で紹介しています。

ぜひご視聴ください。

初夏の「たつの市」

お問い合わせ

所属課室:企画財政部広報秘書課広報広聴係

住所:兵庫県たつの市龍野町富永1005-1

電話番号:0791-64-3211

FAX番号:0791-63-2594

posted by たつの市の未来を考える会 at 15:29| Comment(1) | お知らせ
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。