2018年05月09日

赤木の山も今宵かぎりか・・・

 市議会議員選挙も終わり新しく選出されました市議の顔ぶれが出揃いましたが、後はほとんどの市民の皆さまが関心がない議長・副議長が誰になるかということでしょう。
前期市議会では、陰の議長とも異名をとった赤木和雄市議が牛耳るあずであった市議会も、自身が、前回の得票数を約700票も減らしてしまうという事態に陥ってしまうと同時に会派の所属議員が本人を含めて2人となってしまい会派の存続を維持するために新人議員に泣き落としで会派に入って貰いなんとか会派が存命することになったとのことです。
本人が描いていた市議会の構図が今月16日にはどういう結果になるかは分かりませんが、やはり、民意というものを一番に大事にしていただきたいものです。
あっちに付こっちに付というような信用がおけない人間では、住民も信頼も信用もしないことがこの度の投票結果に表れているのでしょうね。
赤木市議だけではなく今後は、南山地区、小犬丸地区から輩出されました先生にもしっかりと議員としてのお仕事をしていただこうと考えていますので、どうぞよろしくお願いいたします。
posted by たつの市の未来を考える会 at 21:20| Comment(2) | たつの市議会
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。