2018年03月13日

しみじみと

 このところの当会ブログ記事の内容に、市の広報記事が多くなっている傾向にある中でも毎日たくさんのアクセスをしていただきまして有難うございます。
実はその理由として、50歳も過ぎたということもありまして、このところ老に向かってこれからの生き方について考えることが多くなり、自分自身、とても考え深くなったこともありました。
ブログを始めてから丸三年が過ぎましたが、このブログで関係ない方までもを犠牲にしたりご迷惑をお掛けしていたことにとても心が痛んでいます。
昨年2月には私を生んでくれた母が他界しましたが、私の性格的な問題もありますが、いつまでも今までのような記事を書き続けることなど母は天国で決して望んではいない筈です。
ここ数年、信念にもとづいて活動を行ってきましたが、今後は、是々非々をしっかりと見極めながら多くの方々にご理解や賛同をいただけるように頑張ってゆこうと思っています。
これまでは、主に公僕である方や私たちの税金で甘い汁を吸う人間たちを問題として記事にし、時には徹底して攻撃もしてきました。
一方では、「誰しも叩けばホコリが出る」と仰られる方も多いいですし、仏さまのような方などまず居られないのも現実です。
できれば、仏さまの様に生きれればと思いますが、仏さまには手を合わすことしかできません。
孫もでき子供たちも成人し、まだ若いと言われますが老に向かって自分はこれからどのように生きていったら良いのか心の中で今日もまた葛藤が生まれています。
以前、ある方が「自分がこの世でしたことは、この世で返される」「この世で無ければ子孫に返される」と仰っていたことが心に残っていますが、これも善悪を含めてのことでのことであると思うので、どうせなら少しでも人の為になるような生き方ができればとしみじみと思っています。
かと言って、決して悲観的になっている訳ではありませが、特にここ数年の自分を振り返ってみた時に、反省すべきことや自粛すべきことが多々あったとつくづく感じているだけなのです。
10、20代で許されること30、40、50代と歳を追うごとに許されることがとても少なくなってくるのが痛感いたしまししが、それも歳を重ねるという重責というものなのでしょうかね。
また、於かれている立場によっても許容範囲がとても狭くなってしまいます。
特にここ数年、判ったうえで多くの敵人を作ってきましたが、今後は敵にした方にも少なからずご理解をしていただけるような活動や言動をしてゆきたいとも考えていますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます。
最後に、やっぱり市制は市民の声を聞く耳を持っていなかったようですね・・・




posted by たつの市の未来を考える会 at 18:10| Comment(2) | 未来を考える会の想い

是非申請を

一般不妊治療費助成事業のお知らせ

市では、平成28年4月から、不妊に悩む夫婦に対し、一般不妊治療に要する費用の一部を助成することにより経済的負担を軽減し、少子化対策の充実を図っています。

申請様式のダウンロード

支給方法

申請書等の提出書類審査を行い助成の可否を決定の上、申請者に「一般不妊治療費交付決定通知書」又は「一般不妊治療費交付却下通知書」により通知するとともに、交付決定者に対して指定の口座に支給します。

申請窓口・問い合わせ先

詳しくは健康課(はつらつセンター内)TEL(0791)63-2112までお問い合わせください。

申請は、はつらつセンターのほか、新宮保健センター、揖保川保健センター、御津保健センターでも可能です。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:健康福祉部健康課 

住所:兵庫県たつの市龍野町富永410-2

電話番号:0791-63-2112

FAX番号:0791-63-2122

posted by たつの市の未来を考える会 at 16:12| Comment(0) | お知らせ
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。