2017年10月31日

市議会実力者からも

来月3日のたつのふるさとフェスタに栗原市長の参加をたつの市議会の首領赤木市議が促したそうですが、参加の明言はされなかったみたいです。小西副市長は、落選した時点でカンマキ谷で残りの領収書を暖炉で燃やす準備に入ったそうです。
先ずはお知らせまで、



posted by たつの市の未来を考える会 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ

2017年10月30日

思い直していただいたようで

 来月の3日開催されます「たつのふるさとフェスタ」に不参加とされていました栗原市長ですが、当会ブログでの指摘を受けてなのかどうかは定かではありませんが、女房役である方に問い合わせた結果、参加されるとのことでした。
栗原氏自身が、西田前市長が命名した「たつの市民まつり」の名称を変更してまで思い入れのあるこの市民のお祭りに参加なくて市長としての職務の全う無しという判断をされたと思います。
最後の武者姿で市民の皆さまにパレードに参加して栗原市政を締めくくって下さい。

posted by たつの市の未来を考える会 at 19:58| Comment(1) | TrackBack(0) | お知らせ

2017年10月29日

喜ぶのは任期を全うしてから

 今日で、超保守的なこのまちにある意味革命とも言っても過言でないくらいの市長選の結果が出てから、早、一週間が経ちます。
落選した現職の栗原氏は、現在ほとんど登庁しておらず市長としての職務を放棄した状態にあると耳にします。
一方、初当選を果たした山本氏は現在幸せの絶頂だと思いますが、来月の13日にはこのまちの首長として登庁することになりますが、もうそろそろ気持ちを切り替えて8万人の市民のことを考える準備を始めておられると信じています。
また、山本氏は市議時代に一般質問で栗原氏や市政について厳しく追及や質疑をしてきましたが、今度市長になれば、市議から同じような質疑がなされることも視野に於き市政運営を行っていかなければならないことを覚悟しなければなりません。
ですが、市議とバーター的なことはせずに真っ向から議会に挑んでいくべきと考えます。
栗原氏や山本氏、また多くの市議の皆さまに於かれましては、当選した時の喜びというものは相当なものだと想像しますが、本当に喜ぶべき時というのは、任期を全うして市民の皆さまから、この人に託して本当に良かったと認められた時にこそが、一番喜ぶ時ではと考えます。
確かにこの度の市長選は、山本氏が栗原氏より多く有権者が支持した結果でありますが、栗原氏にも同数に近い有権者が支持をしたのも事実であります。
ですので、この度市長選で栗原氏を支持した有権者の方に対しても最後まで市長としての職責を全うし、市民の皆さまや市職員から「一期四年ではあったが、この人に託して良かった」と送り出される時にこそが、本当に喜ぶべき時ではないでしょうか。
市議の皆さまも、来年の4月の市議選に向けて支援者を獲得することに躍起になっていると思いますが、当会で多くの現職議員の問題行動などを記事でご紹介させていただきましたが、有権者の方から問われた暁には市議としてしっかりと説明責任を果たして下さい。

posted by たつの市の未来を考える会 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 未来を考える会の想い

2017年10月28日

先輩議員の皆さんも見習ってほしいものですね

たつの市議会きっての若手一年生議員の提案です。
何事もコツコツとされているようであります。
大先輩である龍田惇議長や赤木和雄市議も見習っていただきたいものですね。
赤ちゃんが寝ているの画像を貼り付けたいのですが、今後は過激なことは極力控えてゆこうと思います。。。。
無題h64f.png
posted by たつの市の未来を考える会 at 15:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 未来を考える会の想い

2017年10月27日

まず一番初めにお願いしたいこと

 来月13日には、このまちに新市長が就任しますが、まず一番にお願いしたいことといえば、栗原氏の市長就任後すぐに、多くの市民のみなさまや、特に高齢者の車を運転される方がとても不便とされていました市役所本庁舎の駐車場に設置されました駐車場のゲートや玄関前のバリケードの撤去をお願いいたします。
新市長もこのことは、公約の中でも早期に行うものとしており、早速にもお願いを申し上げます。
また、本日、市総務課長に年間このゲートの維持管理費や駐車券の一体どれだけの税金が使われているのかと尋ねたところ、年間約100万円にも上るとのことでした。
設置工事費だけでも1700万円もの税金が投入されてり、全くの無駄遣いではないかと設置前から私たちが問題視をしていました。
もし、この駐車場ゲートが撤去されたのであれば、当会が以前提案をしていたように、JR竜野駅周辺整備に伴う駐車場整備で、現在、老朽化しているゲートとの設備更新をすれば、これ以上税金を使わずに有効な使途ではないかと考えていますが、みなさまは、どう思われますでしょうか?
IMG_1232.JPG
posted by たつの市の未来を考える会 at 14:56| Comment(6) | お知らせ

2017年10月26日

何が福祉か議員か

 今夜、自宅に帰ったら「たつの市議会だより」が届いていました。
9月議会の傍聴には行っていなかったので内容を見ていましたら、楠市議の「福祉のあり方について」の一般質問の内容に目が留まりました。
問 福祉施設等の経営者は、高額な報酬を得て、高級車や不動産を手にしていると聞く。一方、厚生労働省の需給推計では、2025年度には介護職員が約38万人不足する見込みである。人手不足を解消するには、ディサービス等に従業員の給料を月収5万円程度アップし、買い越しの優遇改善と役員報酬の見直し等対応を行うよう指導する必要があると考えるがどうか」と載っていました。
答 介護職員の給料は、平成21年度の介護報酬以降、月額4万3千円相当の優遇改善効果があったとされるが、他業種より低い傾向にあるため、本年度、更に月額1万円程度の処遇改善を予定している。役員報酬は、本年4月に社会福祉法が改正され、役員法主基準の作成と公表や重要事項を決議する評議員会の設置などが義務付けられ事業運営の透明性の向上が図られることとなる」
との市の答弁がなされていました。
私も、少しはこの様な事情を知っている者として、高齢者福祉施設を経営をしている御津町の市議は、高級外車BMW7リーズに乗り、また不動産では無借金で龍野城の西側にあります、大阪で有名だった「予約が取れないレストラン」の外国人シェフが経営するレストランの不動産を所有しています。
この不動産を仲介したのが、同じく同僚である団扇屋の原田研一市議が以前代表を務めていました(株)緑葉社であり、現在は龍野町を中心に町おこしをされておられる方が代表を務めておられます。最近では、栗原氏の意向で龍野醤油組合から買い取った「大正マロン館」の関係者でもあり、市の補助金団体と周辺からの批判的な声も聞かれます。
元々市外の方ですが、本当にこのまちを銭金ではなく愛していただいていることを信じています。
今までは、補助金頼りで栗原氏を支援をしてきたと思いますが、財政が厳しいこのたつの市において、今後は補助金を食い物にするような事業は見直すべきと私は考えます。
おそらく、この高齢者施設を経営する市議の施設では、職員たちの不満は爆発寸前ではないかと思ってしまいますが、このような自分の懐ばかりを肥やすような市議が来年の4月に行われる市議選に立候補をして再選するのであれば、私たちの税金がまた贅沢や投資に消えてしまうのでしょうね。きっと・・・
hgbnu.png
posted by たつの市の未来を考える会 at 20:18| Comment(3) | たつの市の問題

お気持ちはわかりますが・・・

“「子育てつどいの広場うんどう会」を開催”

市内の子育てつどいの広場が合同で「子育てつどいの広場うんどう会」を開催しました。乳幼児の親子約100組が参加し、体操や玉入れ、障害物競走等、伸び伸びと体を動かし、親子でのふれ合いを楽しみました。参加していた子どもはもちろん、保護者の人たちもたくさんの笑顔が溢れていました☆

と、今日のたつの市役所のFacebookに投稿されていましたので、先日の市長選挙で市民の方から『子育て支援に熱く住民対話を大切にされて感銘を受けています」と応援メッセージを受けておられました栗原氏も顔を出されていると思っていましたが、市に問い合わせたところ、欠席をされていたそうです。

選挙までは、余程のことが無ければ栗原氏本人が参加されていたそうですが、落選をされてからは市民とふれ合うようなイベントや会合には一切参加されないようですが、市民のみなさまはどの様に思われますでしょうか?

『応援は力!私たちも応援しています!』『自信を持って推薦します』と兵庫県知事をはじめ代議士や市民のみなさま、地元優良企業・多くの市議会議員などから支援や応援を受けておきながら、落選すれば栗原市政を全うせずに、市民から逃げてばかりでは、栗原氏に支援や投票をして下さった多くの方に対しての侮辱ではないかと考えてしまいます。

私も、傷口に塩を塗るようなことは言いたくないですが、栗原氏の後援会長が「未来を託するにふさわしい人」と選挙選で市民に訴えておられたのは一体、何だったのでしょうか。

今月29日、栗原氏が肝いりで進めておられた重要施策でもあるJR竜野駅周辺整備事業の場で行われる「竜野駅ふれあいフェスタ」や11月3日(祝)に開催されます栗原氏自身が市民まつりから新たに名付けた「たつのふるさとフェスタ」にも参加しないということは、市長としての責務を放棄したとして捉えられても仕方がないでしょう。

これらのイベントには小西副市長が代行で参加をされるようですが、ふるさとフェスタではまるで小西副市長の退任を祝うかのようなオープンカーでのパレードになるのかと思うと本当に情けなくなります。
いっそのこと、オープンカーの後部座席に立って襟裳岬を歌いながら市民に手を振っていただきたいものですし、2期目の副市長は栗原氏に選任して貰っているのであれば、女房役として「市長!私も教育長も一緒にパレードに参加しますので逃げずに最後まで頑張りましょう!」と言うべきではないでしょうか。
余談ではありますが、私自身も、龍野実業高校土木科を留年しながらも卒業を何とかしましたが、当時は、恥ずかしいやら情けないやらの相当な思いをしてきましたが、逃げずに何とか卒業をしたことで今があると思っています。
また、今でも当時の留年した時の夢を見ることも度々であります。
 私は、この様な栗原氏の性格を知り尽くしていましたので、これまでのような言行動に至っていましたが、これで終わるかと思えば本当に市民のみなさまの為にもなったんだなと本心は一安心をしています。
このような栗原氏を、たつの市議会議員の中で、赤木和雄市議を先頭に、「柏原 要・野本利明・北川憲一・原田研一・永富 靖・柳生陽一・桑野元澄・今川 明・龍田 惇・横田 勉・木南裕樹」 以上の市議が「自信を持って推薦をします」としていました。
ならば、最後の最後になって市長としての責務を放棄をするかのように、市民との触れ合いを重視していた栗原氏に対して一言でも小西副市長同様に、助言をしてあげるべきではないでしょうか。
それでこそ、何があっても今まで栗原氏を庇って来たある意味同志ではなかったのではないでしょうか。。
確かに、人生挫折を味わったことの無かった栗原氏が、この度の市長選で落選をし屈辱的な思いをしておられることは察しますが、「8万にの命を預かる立場」と言ってきた以上、11月12日までの任期を全うして頂けなければ、これまでの4年間は栗原氏が常日頃から言い続けていた「市民が主役」が、絵に描いた餅と化してますので、お隣の前北川太子町長のように最後まで住民に寄り添って頂きたいものです。
最後に、この4年間、栗原氏と敵対してきましたが、今となれば失ったものの方が多いいですが、得たものもたくさんあります。
栗原氏のお蔭で嫌われることも慣れてしまってはいけないですが、慣れてしまったのも事実です。
また、高校を留年したとき程ではないですが、少々の恥ずかしいことも苦にならないようにもなりました。
ある意味人間的に強くなったのか馬鹿になったのか分かりませんが、ここまで来たら何とかこのまちの為に人生を注げたら本望かもと今現在は思っています。
コニタン11月3日は、3人でパレードに参加して頂けることを願っています。


posted by たつの市の未来を考える会 at 18:02| Comment(5) | 市民の皆様の声

地区・年代別投票結果です

先日、投開票されましたたつの市長選挙の地区・年代別投票結果です。
市議会議員に先生方も来年4月の市議選の参考にしていただければ幸いです。
IMG_6040.JPG
posted by たつの市の未来を考える会 at 17:30| Comment(2) | お知らせ

2017年10月24日

次は市議のChengeを

 このたつの市も、来月の13日には新しい市長が誕生します。
また、来年の4月にはたつの市議選挙が行われ新しく市議も選出されます。
その様な中で、現在、現市議の引退や新人候補の立候補が取り沙汰されていますが、現市議を引退が囁かれていますは、御津町在住で現議長の龍田惇市議、新宮町在中の今川市議の2名であります。
両市議とも赤木和雄市議が率いる創政会に所属しており、会派に残るのは赤木市議と三木市議の2名となる見込みでありますが、恐らく来年4月の市議の改選で会派編成がなされるものと思われます。
赤木市議は、前回の市長選では、この度の初当選をした山本氏を熱心に応援していましたが、山本氏が議員時代に東觜崎駅周辺整備の見直しを一般質問した山本氏に対抗する形で多くの市議の先頭に立ち応援したことが、会派編成に大きく影響を及ぼすことが懸念されます。
市民の大切な税金である予算の執行権限を持つ市長が、恣意的な思いだけで事業計画を見直すことは、許されないと思いますが、山本氏が市議時代に、赤木議員が推し進めていた東觜崎駅周辺整備についての見直しについて一般質問をしていたこともあり、市長選の公約どおり事業の見直しがなされるのではないかと考えます。
本日の、神戸新聞朝刊の山本氏のインタビュー記事にもあったように、JR竜野駅の周辺整備は計画通り実施するが、駅の橋上化は、長年懸案として残っている鉄橋の架け替え工事の結論を待って延期するとしています。
無駄な事業を見直すことは当然必要ですが、むやみやたらに事業を見直してしまうようなことだけは避けなければ市民の反発は必至でありその辺りは柔軟性をもって事業見直しや仕分けをして頂けることを願っています。
なんだか赤木和雄市議が不憫で仕方がなくなってきました。。。
20171007_064943000_iOS.png
20171007_064452000_iOS.png


posted by たつの市の未来を考える会 at 20:32| Comment(3) | 未来を考える会の想い

記録を更新しました

 たつの市長選挙が行わました翌日の23日、当会ブログのアクセス数が、今までの最高記録の2倍にあたる過去最高の9480アクセスを記録しました。
これも、当会ブログをご覧になっていただいています方のお蔭であります。
今までは、現職栗原市長のことや市政運営を厳しく追及してきましたが、来月11月13日からは、この度の市長選で初当選を果たした山本実市長が初登庁をすることになります。
本日、神戸新聞朝刊の山本氏のインタビューの記事で「不祥事でメディアを騒がせるようなことがあればすぐにやめる。それが政治家だろう」と明言をしている以上、覚悟して8万人の市民に恥を掻かせることなく、市民の先頭に立ち強いリーダーシップで市政運営に取り組んで頂きたいものです。
栗原市長・市政同様しっかりと監視してゆきますので市民の信頼を得られるように、一市議ではなく市長としての言・行動で山本市政を邁進してください。
20171023_220044420_iOS.jpg
posted by たつの市の未来を考える会 at 19:52| Comment(1) | お知らせ
br_c_9163_1.gif たつの市が抱える問題や、隠れた情報、たつの市のイベント情報などを発信していきます。